GLAY app Presents PREMIUM ACOUSTIC LIVE Vol.04 LIVE at HOME』ライブレポートが到着!同ライブ企画第5弾の配信も決定!

GLAY

10月3日(土)、工学院大学新宿キャンバスにて『GLAY app Presents PREMIUM ACOUSTIC LIVE Vol.04 LIVE at HOME』が開催された。

GLAYのTERUがたった一人で自宅から最初の弾き語りライブ配信を行なったのが、まだ非常事態宣言中だった6月8日(月)。5月に予定されていたナゴヤドームと東京ドームの公演が中止となり先が見えない手探りの状態から、無観客の配信ライブを自宅からお届けするというコンセプトでスタートしたのがこの配信ライブだった。

規制の緩和とともに場所やメンバーを変えつつ、7月はTAKUROと故郷・函館のスタジオ、8月はHISASHI&DJ Massと湘南のヨットハーバーと、回を重ねるごとにアレンジや演出にもこだわり、ライブとしての完成度を高めていった『LIVE at HOME』。

Vol.04では、GLAYのベース・JIRO、サポートメンバーのドラム・TOSHI、ピアニスト・村山☆潤(FLOWER FLOWER)、さらにストリングスのカルテット(1stヴァイオリン・島田光理、2ndヴァイオリン・金子由衣、ヴィオラ・青柳萌、チェロ・大浦萌)というLIVE at HOME史上最多のゲストミュージシャンとともに、一夜限りの豪華な配信ライブを行なった。

オープニングアクトは、ストリングスのカルテットによるGLAYのヒット曲カバー。「HOWEVER」「BELOVED」「グロリアス」「口唇」「ずっと2人で…」など、GLAYの代表曲を弦楽アンサンブルでカバーするという豪華な内容で、途中からは村山☆潤もピアノで参加、約45分間にわたる演奏で盛り上げた。

SEとともにメンバー紹介映像が流れると、ステージにはすでにメンバーが登場しており本編がスタート。今回のライブのためにクラシカルにアレンジされたGLAYの名曲の数々を、フォーマルな衣装のメンバーたちがクラシカルに演奏した。冒頭からTERU作詞・作曲の「MAD BREAKER」「傷だらけの太陽」に続いて、JIRO作曲の「Scoop」とハードなナンバーが続く。

GLAYのライブでも見られない貴重なアレンジは、TERUと村山☆潤が今回の配信ライブの2ヶ月前からデモ音源を作成して準備を進めてきたもの。前日にもゲネプロを行ない演奏面も入念に作り込んだ。

演出面もTERUとスタッフがアイデアを出し合いながら、こだわり抜いて作り上げている。会場の可変式の壁が巨大なスクリーンとなり美しい映像を映し出す一方、秋の紅葉をイメージした飾り付けや手で動かしている照明は手作り感が満載でTERUのイメージする世界観が凝縮された空間となっていた。

「配信ライブを4回やってきて、本当に仲間に恵まれているなと思いました。今回も素敵な仲間たちが集まってくれました」とTERUがあらためてメンバー紹介すると、JIROは「リーダー(=TAKURO)!HISASHI!見てる~!?」とカメラに向けて手を振り、なごやかな雰囲気に包まれる。

続いて演奏されたのは、この日のゲストJIROが作詞・作曲した「TIME」。約20年前、伝説の20万人ライブの後にJIROやGLAYが抱えていたストレスや閉塞感を昇華させた作品で、ファンはもとよりメンバーにとっても思い入れの深い曲だ。ウィルスの感染拡大で行動を制限され、不安な時間を過ごす人々に寄り添う美しい曲調で、TERUも「辛い時こそこの歌を届けたい」と思いを込めて歌い上げた。

「Ruby's Blanket」「the other end of the globe」「リズム」と壮大な楽曲がストリングス&ピアノの旋律と共鳴しあい、美しい時間を紡ぎあげていく。通常のGLAYの楽曲はTAKUROとHISASHIのツインギターが推進力となっているのだが、そのギターのリフを大胆にストリングス・アレンジした「Lock on you」「DOPE」。この狙いが見事に奏功、楽曲の持つダイナミックさはそのままに、ストリングスの音色でフォーキーな手触りがわり、クラシックロックのような熟成された深みを増した大人の音楽として生まれ変わった。この2曲をやりきった直後、TERUは笑顔でシャウトしていた。

MCでJIROは「生演奏はすごく緊張感があっていいよね。めちゃくちゃ練習しました。それでも間違えましたけど、ライブはいいよね。間違えといてこんなこと言うのもなんだけど」と充実した表情。さらに「なんで間違えたかというとTERUさんにちょっと早めの誕生日プレゼントにこの椅子をもらったんですけど、めっちゃケツが痛いんだよね。そのせいじゃないかな」とニヤリ。さながら観客ありのライブ時のMCのような掛け合いに、TERUの表情からも自然と笑みがこぼれた。

JIROが作詞や作曲で携わったGLAYの楽曲は、明るい曲調の中にも弱さや切なさをはらんだものが多い。そんな中でもこの日の最後に演奏したJIRO作詞・作曲の「lifetime」は、ライブで会える日を楽しみに日常を過ごそうというポジティブなメッセージを込めた、ファンに愛される隠れた名曲だ。
「12月(19日)の札幌ドームも無事にできる。必ずまたみんなと同じ時間、同じ空間で過ごせる時間は来るよ!という願いを込めて最後にこの曲を届けたい」と語ったTERU。
アコースティックギターをかき鳴らしながらTERUのシャウトが響き渡り、約1時間のライブは終了した。

終演後、「このキャンパスでステージを一緒に作ってくれ工学院大学新宿キャンパスの皆さん!」と紹介され、学生の制作スタッフがステージへ登壇。会場となったホールを貸し出してくれた工学院大学は、コロナウィルスの感染拡大により、登校できずにオンラインで授業を受けている学生も多いという。

そんな状況にTERUも「少しでも早くみんながこのキャンバスで勉強できる日が来るように願いを込めて演奏させていただきました」と挨拶。ライブ制作をサポートしてくれた学園祭実行員の学生たちは、「昨年度は台風で中止になり、今年度はコロナの影響で中止になり、2年連続で苦渋の決断をしました。このような状況で実行委員全員が関わることはできなかったんですが、今日来れなかったみんなの思いも背負って準備してまいりました。一つのかたちとして、ライブに携われたことを光栄だと思っています」と感謝の言葉を口にした。

「音楽は変わらず届けていきたい。今回のライブのサブタイトルになっていますが『FROM THE NEW WORLD』。新しい世界を作っていければと思います」と真摯に語るTERUの目はずっと未来を見据えている。

また、10月31日(土)にGLAY appにて『GLAY app Presents PREMIUM ACOUSTIC LIVE Vol.05 LIVE at HOME』が配信されることが決定した。同ライブの配信チケットは10月13日(火)正午12:00より発売となる。

出演するメンバーは企画者となるTERU、Vol.03にも出演したHISASHIとDJ Mass MAD Izm*、ベーシストのCHIYU、そしてゲストにC4のボーカルTOKI。
ハロウィンにふさわしいメンバーによるスペシャルなセッションに加え、仮装が披露されるかにも期待が高まる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

GLAY app Presents PREMIUM ACOUSTIC LIVE Vol.05 LIVE at HOME

【配信日時】
2020年10月31日(土) OPEN 19:00予定
※ライブ終了数時間後から11月7日(土) 23: 59まで見逃し配信を実施

【配信サービス】
GLAY app
https://app-glay.jp/

【対象】
『GLAY app Presents PREMIUM ACOUSTIC LIVE Vol.05』チケット購入者

【チケット購入方法】
チケット購入はGLAY appから
https://app-glay.jp/
※必ずアプリを最新版にアップデートしてください。

・GLAY app有料会員
STEP1 : 「LIVE」をタップ
STEP2 : 『GLAY app Presents PREMIUM ACOUSTIC LIVE Vol.05』のチケットをタップ
STEP3 : 有料会員のアカウントでログイン
STEP4 : チケット(¥2,080税込)を購入

・GLAY app無料会員
STEP1 : 「LIVE」をタップ
STEP2 : 『GLAY app Presents PREMIUM ACOUSTIC LIVE vol.05』のチケットをタップ
STEP3 : 新規アカウント登録もしくは未契約ユーザーでログイン
STEP4 : チケット(¥3,060税込)を購入

【チケット販売期間】
2020年10月13日(火)正午12:00 ~ 2020年11月7日(土)21: 00 (予定)
※チケットは先着販売ではございません。販売開始直後、終了間際は多くのアクセス集中により購入しにくくなる可能性がございます。繋がらない場合はお時間をおいてお試しください。

【決済種別】
アプリ内課金

※GLAY app 有料会員 : ¥2,080税込
※GLAY app 無料会員 : ¥3,060税込
是非この機会にGLAY app会員にご入会ください。

【ライブ配信の視聴方法】
チケットをご購入の上、「LIVE」より『GLAY app Presents PREMIUM ACOUSTIC LIVE Vol.05』をタップすることでご視聴いただけます。
※配信開始時間は10月31日(土)19:00からとなりますが、多くのアクセスが見込まれるためあらかじめログインをした上で待機をお願いいたします。

【見逃し配信の視聴方法】
ライブ配信終了の数時間後に「MOVIE」よりご覧いただけます。視聴できるのはチケット購入者に限ります。

【動画視聴の際の注意事項】
■iOS端末はAirPlay、Android端末はChromecast/Android TVを使用して外部モニターでご覧いただけます。
■お手持ちのスマートフォンをHDMIケーブルや変換アダプターを利用してテレビに接続することは可能ですが、お使いの機器によってはご利用できない場合がございます。HDMIケーブルや変換アダプターを利用したTV接続は動作保証外となりますので、あらかじめご了承ください。
■ライブ配信の視聴は有料となりますのであらかじめご了承ください。
■生配信はアプリ下部の「LIVE」から事前にログインをした上でお待ちください。
■1アカウントにつき閲覧いただける端末は1台となります。(1アカウント1ビュー)
■本配信の見逃し配信は、チケット購入者を対象に11月7日(土)23:59まで閲覧可能です。
■本配信はチケット購入者向けの配信となっており、一切の権利は主催者が有します。動画サイトなどへの無断転載・共有を行った場合、法的責任に問われる場合がございます。
■本配信はスマートフォンやデジタルカメラなどによる動画撮影、及び録音は一切禁止いたします。このような行為が発覚し主催者が必要と判断した場合には、警察への通報等、捜査機関の協力を仰ぐことがあります。
■チケットご購入後は、公演延期・中止以外の理由に伴う払い戻しはできません。出演者が都合により出演キャンセル・変更になる場合がございます。出演者のキャンセル・変更、また公演の途中終了の場合も、払い戻し負担は一切いたしません。
■インターネット回線の突発的なトラブルによる公演の一時中断の可能性があることをご了承ください。視聴前に必ず動画視聴に適した通信環境をご準備ください。
■お客様のインターネット環境に伴う閲覧の不具合に関して、当方は責任を負いかねます。
■フォームでのお問合せは返答までに時間を要する場合がございます。お問合せはなるべく事前にお願いします。
■アクセスが集中するとログインできない状況が想定されます。配信ページは10月31日(土)19:00に開場しますので、必ず事前にログインを行っていただくようご協力お願いいたします。
■大勢の方が集まっての視聴は、新型コロナウイルス感染防止の観点からご遠慮くださいますようご協力をよろしくお願いいたします。
■皆様に楽しんでいただくために十分な回線を準備致しますが、ログインが集中するとつながりにくくなることがございます。その際、リロードや再読み込みを連打すると、さらにサイトにつながりにくくなってしまう恐れがあります。リロードや再読み込みは連打せず、時間をおいて再度アクセスくださいますようお願い申し上げます。
■SNSで感想等の書き込みを行なう際はハッシュタグ「#teru_liveathome」「#glayapp」でお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました