CHEMISTRY 2001年に初ライブの会場から、待望の配信ライブを開催 12月には今年初の有観客ライブも開催決定!

CHEMISTRY

来年2021年にデビュー20周年を迎えるCHEMISTRYが、9月27日(日)に待望の配信ライブを開催した。

コロナ禍の中、初めて行われた配信ワンマンライブは「TWO IS ONE」と銘打たれ、19年前2001年6月12日にCHEMISTRYが初めてライブを行った想い出の会場、恵比寿ガーデンルームにて行われた。

「PIECES OF A DREAM」、「Point of No Return」をはじめとする代表曲の数々や、2017年の再始動以降の楽曲が今回のライブのためだけにアレンジされ、アンコールも含めて全11曲を熱唱。

また、ライブ配信を鑑賞しながら川畑要、堂珍嘉邦それぞれがプロデュースしたパスタとスウィーツを自宅にお届けするデリバリーサービスも実施し、いまこの時期ならではの楽しみ方も提案した。

なお、ライブの終盤では、12月26日(土)に恵比寿ザ・ガーデンホールにて今年初となる有観客&有配信ライブ「Gift」を開催することがメンバーの口から発表され、川畑要は「まだまだ2020年は終わらないので、楽しみにしていてほしい」と意気込みを語った。

終演後、感想を求められた堂珍嘉邦は「(有観客の)ライブが今できない、こうやってリモートで届けられることが嬉しいし、有難い」とコメントした。

CHEMISTRY CHEMISTRY CHEMISTRY CHEMISTRY

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イベント概要

◆CHEMISTRY Streaming SPECIAL Live 「TWO IS ONE」
日時:2020年9月27日(日)
開場17:30/開演(配信スタート)18:00

【告知情報】
◆CHEMISTRY LIVE & STREAMING 「Gift」
2020年12月26日(土)
OPEN17:00/START18:00
会場:恵比寿ザ・ガーデンホール
チケット料金
・全席指定 \10,000(税込) ※お一人様1枚。ファンクラブ「CHEMISTRY CLUB+」会員限定の販売になります
・FC限定チケット \4,500(税込) ・一般視聴チケット \3500(税込)
詳しくはCHEMISTRY オフィシャルHPまで https://chemistry-official.net/

【CHEMISTRYプロフィール】
テレビ東京系「ASAYAN超男子。オーディション」で、約2万人の候補者の中から選ばれた堂珍 嘉邦、川畑 要がヴォーカルデュオ『CHEMISTRY』として、シングル「PIECES OF A DREAM」で2001年3月7日デビュー。
1stシングルが16週連続TOP10入りという驚異的なロングセラーを記録し、いきなりのミリオンヒット。1stアルバム「The Way We Are」は300万枚のモンスターヒットを記録。同年、NHK紅白歌合戦に初出場し、瞬間視聴率No.1(関東圏)を獲得。
『CHEMISTRY』はヴォーカルデュオの代名詞となり、CD総売上枚数は1,800万枚を誇る日本を代表するアーティストとなった。

2012年4月より、メンバーそれぞれがソロ活動に専念していたが、2017年にグループとしての活動を再開。東京国際フォーラムにて2日間に渡って開催したワンマン・ライヴのチケットは、発売開始15分で即完となった。以降、ライブを中心に精力的に活動中。

【リンク】
▼CHEMISTRYオフィシャルサイト
http://www.chemistry-official.net
CHEMISTRYオフィシャルファンクラブ「CHEMISTRY CLUB+」本日グランドオープン!
詳細はオフィシャルサイトにて

▼オフィシャルTwitter
https://twitter.com/CHEMISTRY_2011

▼オフィシャルFacebook
https://www.facebook.com/CHEMISTRY.jp/

▼オフィシャルLINE
アカウント名:CHEMISTRY

タイトルとURLをコピーしました