桑田佳祐 “金目鯛の煮つけ”の楽曲が聞ける新テレビCM第2弾がオンエア! 短く切ったバラを胸ポケットに挿して奥さんにプレゼントする優しいサラリーマンを好演!

桑田佳祐

歌手の桑田佳祐さんが出演する損保ジャパンの新テレビCM「花」篇が9月27日より放送開始されている。

今回の新テレビCM「花」篇は“何が起きてもめげずに楽しむ心”がテーマ。

「もしも~だとしたら」や「まさか~だったら」ということを恐れることなく、今日という日を思い切り楽しんで生きたいという想いを短いストーリーに込めている。

CMソングには桑田佳祐さんが書き下ろした「金目鯛の煮つけ」の楽曲を引き続き使用。

CMの内容は会社帰りに駅前で移動販売の花屋を見つけ、たまには奥さんに…と一輪のバラを購入した桑田さん扮するサラリーマン役の主人公が、奥さんが嬉しそうに受け取る姿を思い浮かべ、笑顔で家を目指しますが、飛び出してきたネコに驚き転びそうになったおばあちゃんを支えた拍子に、プレゼントのバラが折れてしまいます。

ガッカリした表情を浮かべながらも、「しょうがないな」とすぐに気を取り直し、短く切ったバラを胸ポケットに挿して、再び笑顔で歩き出します。

軽い足取りで、先ほどの猫の真似をしながら「にゃ〜」という声とともに踏切をジャンプしながら渡り、奥さんが待つわが家へ到着。

玄関で片ヒザをつき、ややおどけた表情で「ただいま!」と胸のバラを差し出す桑田さんを、奥さんは「なに~!?」と優しく笑いながら出迎えます。

撮影時のエピソードとして、CM撮影の事前打ち合わせを繰り返し行う中で、自身が演じる役の設定についても説明を受けていた桑田さん。

撮影当日、スタジオに入ると、まず移動花屋の店員とやりとりするシーンの撮影に臨み、自然で親しみの持てるキャラクターを表現。

帰宅して奥さんにバラを差し出すシーンでは、監督から「OK」が出たにもかかわらず、演技にこだわり自ら再撮影を希望するひと幕もあり、再撮影ではさらに素晴らしい演技を披露し、スタジオの雰囲気を盛り上げたそう。

踏切を渡りながらピョンと飛び跳ねるシーンにも、桑田さんからアイデアが出されるなど、さまざまな場面でキャラクターづくりへの熱意が感じられる現場だったとのこと。

CM特設ページ
https://www2.sompo-hd.com/company/kk/

タイトルとURLをコピーしました