IVANが初のMCに挑戦!!“知的好奇心がもはや破裂寸前”

モデル・タレントとして活躍するIVAN(アイヴァン)が9月8日(火)放送のNHK Eテレ「思考のジャムセッション あなたならどう解く?」にて初めてのMCに挑戦。IVANが「とにかく新感覚の番組です!」と語るように、同番組は身近な出来事をかつてない角度からどこまでも深く探り真相に迫っていく挑戦的な特別番組である。

今回のテーマは「コロナ太りと分かっているのに食べてしまうワケ。」を4人の分野が異なる研究者がそれぞれの専門知識から「そう来たか!」と膝を打ちたくなる説が連発する。

初のMCに関してIVANは「MCとして自信をもって視聴者の皆様に素敵なトークで奏でるジャムセッションにしてお届けしたい」と意気込みを語っている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

IVANコメント

正に十人十色のジャムセッション!とにかく新感覚の番組です!

私も初MCなので新しい試みですが、視聴者の皆様と同じ目線から各分野の専門家さん達に質問を沢山し、私の視点から見える事や感じる事、思う事をMCとして自信をもって視聴者の皆様に素敵なトークで奏でるジャムセッションにしてお届けしたいと思います!

是非是非、ご覧ください!

思考のジャムセッション あなたならどう解く?

URL:https://nhk.jp/shiko-jamsession

放送日:2020年9月8日(火)夜10時50分~放送(NHK Eテレ)

<出演>

MC:
小林晋平(こばやし しんぺい)理論物理学者・東京学芸大学 准教授
IVAN(アイヴァン)モデル・タレント

ゲスト:
伊藤益(いとう すすむ)筑波大学教授
狩野文浩(かのう ふみひろ)京都大学野生動物研究センター 特定准教授
日永田智絵(ひえいだ ちえ)奈良最先端科学技術大学院大学助教

番組内容:

誰にとっても身近な出来事を、かつてない角度からどこまでも深く探り真相に迫っていく挑戦的な特別番組。

今回のテーマは「コロナ太りと分かっているのに食べてしまうワケ。」このワケに迫るのは、4人の研究者たち。それぞれの専門は理論物理、親鸞、霊長類心理学、知能ロボティクスと

まるでばらばらだ。「コロナ太り」とは何の関係も、接点もなさそうに見えるが、それぞれの専門知から「そう来たか!」と膝を打ちたくなる説が連発!

例えば、物理学で考えてみる。物理学の法則の1つに「慣性の法則」がある。

質量のあるものは全て、同じ状態をキープしたがるというもの。

私たちは「食べてしまう」状態を続けることは、よほど強力な力が働かない限り当然なのではないか?と解ける。

一方、親鸞を研究する立場から読み解くと「コロナ太りとわかっているのに食べてしまう」というのは、「わかっちゃいるのにやめられない」こと。

これは親鸞の教えと重なり、人間とははみなそうしたもの。

わかっているのにやめられない私たちは、親鸞のいう「悪人」に当てはまる。

今度は、チンパンジーの研究から考えてみる。チンパンジーは目の前に食べ物があるとその衝動を抑えきれず食べてしまう。霊長類である人間も、食べ物が目の前にたくさんある状態を作ると衝動を止められない。

「コロナ太りとわかっているのに食べてしまうこと」をやめるには、まず食べ物を身近に置かないことが必要ではないかと対策を提示。

知能ロボティクスの研究者は、人間の行動をロボットに置き換え、モデル化して読み解く。

もし「コロナ太りとわかっているの食べてしまう」なら、「食べない場合」の報酬値を非常に高くしてしまえば、難なく解決と鮮やかに断言する。まったく異なる分析角度からの読み解きは、互いの研究者たちに日常では決して得られない刺激と興奮をもたらし、白熱議論はどこまでも続く。そして「考えることはどうにもやめられない」「そもそもわかるってどういうことなのか」と深淵なる世界に突入していく。

MCを務めるIVANの知的好奇心はもはや破裂寸前、わからないことがワクワクするという未体験ゾーンに突入していく。予定調和なしの思考のジャムセッション、果たして番組は成立するの?って、NHKでこんなのやっていいの?いったいどういう結末になるのか、もうこれは見ていただくしかありません!

IVAN

IVAN

1984年2月9日生まれ。奈良県出身。父が日本人とスペイン人のハーフ、母がメキシコ人。日本語・英語・スペイン語の三か国語を話すトリリンガル。メンズモデルとして、パリコレを始め、様々なファッションシーンで活躍。2014年日本テレビ『有吉反省会』をきっかけに大ブレイク。モデル・タレントとしてテレビ・ラジオなど活躍の幅を広げている。

■更新HP:https://www.lespros.co.jp/artists/ivan/
■Instagram:https://www.instagram.com/fresanaca/
■Twitter」https://mobile.twitter.com/ivan_0209_ivan
■ブログ:https://ameblo.jp/ivan0209/

タイトルとURLをコピーしました