スポンサーリンク

話題のアーティスト“安斉かれん”。自身が手がけた、ニューシングル「僕らは強くなれる。」が歌詞サイトランキングで1位を獲得!

 

安斉かれん

令和元日にエイベックスよりデビューしたアーティスト “安斉かれん”。

先日OAされた日本テレビバラエティ番組「さんま御殿」や「今夜くらべてみました」では、両番組出演後、Google国内検索数1位になるなど、ネット上を騒がせ話題沸騰中の彼女。

7月22日リリースのニューシングル「僕らは強くなれる。」の歌詞が本日先行公開されるやいなや、「Uta-Net」リアルタイムランキング(7/20 12:15付け)で1位を獲得した。

先行公開された歌詞はこちら(https://www.uta-net.com/song/288198/

そんな彼女の新たなシングルは、自身が音楽の道を志すきっかけにもなった「吹奏楽部」での経験を思い起こし、何かに挑戦し続ける人々の日常を讃える応援歌となっている。

そのタイトル「僕らは強くなれる。」は、本人曰く、不十分なものとのこと。

本人コメント

実は「僕らは強くなれる。」というタイトルだけでは不十分で

「破いたページの分だけ、僕らは強くなれる」

という歌詞が、本当に伝えたいメッセージです。

私自身も、吹奏楽部だった時に、

楽しい事も悔しい事も経験しました。

もっと色んなことに挑戦して頑張らないと!ですが、

結果は成功でも失敗でも、まずは挑戦すること!って

すごく大切だと、私は、思えるから!

破いたページの分だけ(挑戦した数だけ)

「僕らは強くなれる。」ぜひ、聴いてください。


安斉かれん自身の音楽活動における原体験のひとつが、父親に連れられて観に行ったザ・ローリング・ストーンズのコンサートで心奪われたサックスの音色に憧れて入部した「吹奏楽部」での経験。

当初、シンプルなバンド・サウンドだった今作にも、本人からのアイデアで、ブラス(吹奏楽)アレンジが加えられた。そして、自身が懸命に打ち込んだ吹奏楽部での活動を思い返した時、降って湧いた一文が「破いたページの分だけ、僕らは強くなれる」だったと言う。

実際に、自身も地元の大会では金賞を獲得するも県大会では敗退。そんな挫折や失敗を含めた経験を経た彼女だからこそ、これまで積み上げて来た努力は、結果がどうであろうと決して無駄にならないことを、自分が主語で肯定する(讃える)応援歌が完成した。

「僕らは強くなれる。」は、明後日7月22日発売。

安斉かれんinformation

5th SINGLE「僕らは強くなれる。」

7月22日 サブスクリプション音楽配信ストリーミングサービス限定リリース

️安斉かれんInstagram:https://www.instagram.com/kalenanzai/

️安斉かれんTwitter:https://twitter.com/kalen_anzai

️安斉かれんOFFICIAL SITE:http://kalenanzai.com/

️安斉かれん Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCOFXUN-4bc36S1hEhdl3MIg

Uta-Net Information

歌詞検索サービスサイト

公式HP:https://www.uta-net.com/

 

タイトルとURLをコピーしました