大空ゆうひが民放ドラマに初登場!

大空ゆうひ

元宝塚トップスターの大空ゆうひが、テレビ朝日「家政夫のミタゾノ」第5話にゲスト出演することが発表された。

これまで、NHKスペシャルドラマ「紅白が生まれた日」や、WOWOWの連続ドラマ「誤断」などで重要な役回りを演じてきたが、民放のドラマに出演するのは今回が初めてとなる。

第5話では袴田吉彦が演じる雄太の妻・香苗という役柄で、なんと雄太は不倫をしている最中に殺人現場に出くわすという、波乱含みのストーリーだ。

宝塚退団後は女優として数多くの舞台に出演し、野村萬斎との「安倍晴明」、哀川翔との「HEADS UP!」、太宰治の遺作を元にした「グッド・バイ」では男女2役を好演するなど、ミュージカルから古典作品、シリアスからコメディと、これまで30作品以上の舞台に出演しており演劇界では名立たる存在でもある。今年初めには映画「カイジ ファイナルゲーム」で吉田鋼太郎の妻を演じ、スクリーンデビューも果たしている大空。

実力派女優として活躍する大空が、高視聴率をキープする人気ドラマ「家政夫のミタゾノ」でどんな演技を披露するのか。

主演の松岡昌宏演じる三田園や個性溢れるレギュラー陣とどう絡むのか。

大空が宝塚を退団したのが8年前の7月1日。

大空ファンのみならず宝塚ファン、演劇ファンにも注目の第5話は、7月3日(金)23:15より放送となる。

タイトルとURLをコピーしました