4ドル・安倍乙、Twitter最後の投稿「何度も勇気づけられました」

スポンサーリンク
ニュース 女優 新着ニュース

安倍乙(あべ おと)

劇団4ドル50セントの安倍乙(あべ おと)が、本日6月30日をもって自身のTwitterを終了することをファンに報告した。

安倍は「突然の報告ですみませんが、本日をもってTwitterを終了し、これからInstagramをメインに発信していきたいと思います。今までフォローしてくださった方々、本当にありがとうございました!」という感謝のメッセージとともに、今後はInstagramを中心にSNSで情報を発信していくとコメント。

安倍といえばTVドラマや映画、舞台に出演する傍ら、テレビ朝日系「ロンドンハーツ」や日本テレビ系「それって!?実際どうなの課」など、最近のバラエティ番組で魅せた何事にも"純粋で健気に"取り組む姿が好感を呼び、"若手ブレイク予備軍"の筆頭として活躍が期待されるタレントの一人だ。

安倍自身も最後の投稿で「応援してくださるみなさんのコメントが励みになり、何度も勇気づけられました!」と語っており、辛い時でもファンからの温かい声援に支えられて今まで乗り越えられてきたと感謝を述べている。

最後の投稿を見たファンからは

「こちらこそ楽しい時間をありがとうございます」
「Twitterで会えなくなっても変わらず応援します」
「残念ではあるけど、引き続きInstagram楽しみにしてますね」

など、Twitter終了を惜しみつつも継続して安倍を応援していくというコメントが殺到。

今後も女優業を中心にモデル・グラビア・バラエティとマルチに活動の幅を広げ、Instagramでも引き続きプライベートの様子を魅せてくれることに期待だ。

◇安倍乙 Instagram
https://www.instagram.com/abeoto0118/

◇安倍乙 Profile
2000年1月18日生まれ。大阪府出身。
2017年より秋元康プロデュース「劇団4ドル50セント」の劇団員として活動。
乃木坂46・齋藤飛鳥主演の映画「映像研には手を出すな!」(2020年公開予定)への出演を控える。
テレビ朝日系「ロンドンハーツ」“ロンハーに時々呼ぶかもしれない女性タレントオーディション”が話題となったほか、
雑誌「with」のレギュラーモデルを務めるなど、女優業を中心にモデル・グラビア・バラエティとマルチに活躍。

こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
 
こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
日刊エンタメクリップ
タイトルとURLをコピーしました