松村北斗(SixTONES)×森七菜 W主演 『ライアー×ライアー』が2021年映画化決定!

スポンサーリンク
シアター ニュース ピックアップ 俳優 女優 新着ニュース

松村北斗(SixTONES)×森七菜 © 2021『ライアー×ライアー』製作委員会  © 金田一蓮十郎/講談社

累計発行部数170万部を突破し、2012年度「このマンガがすごい!オンナ編」にランクイン、2015年には第39回講談社漫画賞・少女部門にもノミネートされた金田一蓮十郎の大人気コミック『ライアー×ライアー』(講談社「KCデザート」刊)が松村北斗(SixTONES)×森七菜のW主演で映画化されることが決定した。

本作は「私×義弟(おとうと)×JK姿の私」という不思議な三角関係にヒヤヒヤしながらも、爆笑&胸キュンしてしまう新感覚のラブコメ作品。

松村北斗は女子高生姿の義姉・湊を別人のみなだと信じて、ベタ惚れしてしまう透役で、湊の前で見せる【女癖の悪いクール系モテ男】の顔と、みなの前だけで見せる【とことん一途な甘々男子】の顔を演じ分け、そのツンとデレのギャップで全女子を沼に突き落とします。ヒロインの湊&みなを演じるのは森七菜(もりなな)。【潔癖症の地味系女子大生・湊】と、【JK姿&ギャルメイク】で正体を隠し、女子高生・みなとして透に一目惚れされてしまうキャラクターをコミカルに演じ、実写映画初のヒロインとなる本作で新境地を開拓します。

松村北斗コメント

このなんとも愛くるしい物語に携われることを心から嬉しく思うと同時に、演じさせていただく高槻透に対して責任感を強く感じています。

透に1日でも早く追いつく事が、僕の先ずすべき課題です。

この作品は、人間関係こそ馴染みあるものではないかも知れませんが、不器用さやもどかしさは誰しも知っているそのものを描いています。

なにより、登場人物一人一人がなんとも可愛らしく、愛される作品になる力をとても感じています。

人を支えるとは、人を守るとは、人を愛するとはなんなのか。

そのようなことを考えるきっかけにもなると思います。

そしてこの度、森七菜さんと共に主演を務めさせていただけること、心から嬉しく思います。

愛すべき作品になるよう、キャストの方々、スタッフの方々と共に皆さんの元に届く日を楽しみに、尽力して参ります。

森七菜コメント

「ライアー×ライアー」は中学生の頃からとびきりのお気に入りで、友達と一緒に読んでいました。

私が高槻湊となって皆様の前に現れる日が訪れるとは、本当に1mmも想像していませんでした。

あの頃の自分と友達に教えたら、きっと2人とも飛んで喜びます。もちろん今の私も!

松村北斗さんとは一度音楽番組でご一緒させていただいて以来で、今回お芝居を通してこの作品の魅力を共に伝えていけること楽しみにしています。

「ライアー×ライアー」は誰もが持っている毎日の中に起きたいくつもの奇跡をふたりの未来に繋げていく物語。

これは自分にも起きた幸せなんだと思ってもらえることを目指したいです。

そうやって大好きな作品に綿密に向き合っている撮影期間がとても楽しそうで今から待ち遠しいです。ぜひ楽しみに待っていていただければと思います!

耶雲 哉治 監督コメント

ちょっとした嘘からはじまる男女二人の物語。それを松村北斗と森七菜という魅力的な俳優が演じます。笑える嘘、やさしい嘘、切ない嘘、美しい嘘。

映画の中の様々な嘘を二人はどう演じてくれるのか、監督として二人の主演映画の撮影現場が楽しみでなりません。

原作者:金田一 蓮十郎 コメント

『ライアー×ライアー』、まさかの映画化です!素晴らしいキャスト、素晴らしい監督、素晴らしい脚本等々…色んな方のお力でとてもステキな映画に生まれ変わります!今から映画館で観るのが楽しみです。読者のみなさまも公開まで一緒にワクワク楽しみにしていただけたら嬉しいです!

映画『ライアー×ライアー』は2021年  ロードショー!!

出演:松村北斗(SixTONES) 森七菜
原作:金田一蓮十郎『ライアー×ライアー』(講談社「KCデザート」刊)
監督:耶雲哉治
脚本:徳永友一

製作:『ライアー×ライアー』製作委員会
制作プロダクション:アスミック・エース、ROBOT
配給:アスミック・エース
© 2021『ライアー×ライアー』製作委員会  © 金田一蓮十郎/講談社

■公式サイト: https://liarliar-movie.asmik-ace.co.jp/
■公式twitter : https://twitter.com/liarliar_movie
■公式Instagram : https://www.instagram.com/liarliar_movie

こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
 
こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
日刊エンタメクリップ
タイトルとURLをコピーしました