MISIA ベストアルバムを引っ提げたアリーナツアーを映像商品化! ビックバンドとともにお届けする名曲目白押しの極上ライヴは必見!

スポンサーリンク
アーティスト ニュース 新着ニュース

MISIAが7年ぶりのベストアルバム「MISIA SOUL JAZZ BEST 2020」を引っ提げ開催した、アリーナツアー”MISIA SOUL JAZZ BIGBAND ORCHESTRA SWEET & TENDER”の映像商品化が発表された!

この公演は2020年1月大阪・大阪城ホール、2月神奈川・横浜アリーナにて開催された公演で、世界的トランペッターの黒田卓也を筆頭とするビックバンドとともに、MISIAの代表曲をSOUL JAZZをテーマにお届けする極上ライヴ。アリーナ席の完売に伴いステージ後方席までもが開放されるほどの人気ぶりをみせ、コロナウイルス感染拡大の影響によるステイホーム期間中にはNHK総合でも放送され反響を呼んだ。

MISIAが「今まで誰もやったことのないライヴ」と自信をもって語るこの公演は、言葉の通り前代未聞の大編成。

最新アルバム「MISIA SOUL JAZZ BEST 2020」はNYを拠点に制作されたというが、ライヴも世界規模のクオリティー!MISIAの歌声はもちろんのこと、JAZZビックバンドの生演奏が最大限に活かされるステージングで、これでもかというほどミュージシャンたちの本領が発揮されてくまさに至福の時間。さらには「WAKARIMASEN」で話題となったラッパーのMIYACHIが緊急来日し、ゲストとして登場するなど見どころ満載の内容だ!

その他、堂本 剛とのコラボ曲として発表されている「あなたとアナタ」など話題の新曲はもちろん、MISIAの代表曲が新たに”SOUL JAZZ”アレンジされた名曲目白押しの収録内容。

Blu-rayには特典として「MISIA×TAKUYA KURODA SPECIAL INTERVIEW」も収録。MISIAと黒田卓也のタッグにより実現したNYでのベストアルバムの制作やツアーへの想いを存分に知ることができる興味深い内容となっている。 予約は本日より各ECサイト及び店頭にてスタート!ぜひチェックしてほしい。

リリース情報

7/29(水)発売

「MISIA SOUL JAZZ BIG BAND ORCHESTRA SWEET & TENDER」

Blu-ray \7000(税抜)BVXL-90

DVD ¥6500円(税抜)BVBL-150

<収録内容>

M1.CASSA LATTE

M2.来るぞスリリング

M3.LADY FUNKY

M4.BELIEVE

M5.真夜中のHIDE-AND-SEEK

M6.キスして抱きしめて

M7.あなたとアナタ

M8.オルフェンズの涙

M9.愛はナイフ

M10.Mysterious Love(feat. MIYACHI)

M11.あなたにスマイル

M12.MAWARE MAWARE

M13.陽のあたる場所

M14.つつみ込むように・・・

M15.Everything

M16.アイノカタチ

※初回生産分はデジパック仕様

※Blu-rayには特典として「MISIA×TAKUYA KURODA SPECIAL INTERVIEW」が収録。

MISIAプロフィール

MISIA
長崎県出身。グローバルな知性を持つ、アジアを代表する歌手。1998年、デビュー曲「つつみ込むように…」が大ヒット。グルーヴ感抜群の歌唱で、音楽シーンに衝撃を与える。2000年にはバラード「Everything」がヒットして国民的人気歌手となり、2004年には女性アーティストとして初めて5大ドームツアーを敢行。アジアにも進出して大成功を収めた。以降、J-POPの枠にとらわれることなくチャレンジを続け、日本にクラブカルチャーを根付かせた。同時に、世界基準のサウンド・クオリティとポピュラリティの両立を果たしている。ライヴにおいても常にトップ・アーティストであり続け、コンピュータを駆使した大規模なツアーでは斬新な演出の中心となり、楽器の生演奏のみのコンサートではエンターテイナーに徹し、最新のグルーヴを探究するライヴでは超一流ミュージシャンとのセッションを楽しんでいる。20周年を迎えた2018年は新曲「アイノカタチfeat.HIDE(GReeeeN)」が大ヒットを記録。第60回輝く!日本レコード大賞最優秀歌唱賞の受賞や、第33回日本ゴールドディスク大賞・ベスト5ダウンロードの受賞など、その実力が改めて評価され話題をよんだ。また社会貢献活動にも積極的で、特に子供の教育支援に尽力。音楽に込めるメッセージと、貢献活動が一致していることも特筆される。そのアーティスティックなライフスタイルは、あらゆる世代の男女に強い共感を呼んでいる。

こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
 
こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
日刊エンタメクリップ
タイトルとURLをコピーしました