伊藤健太郎と日向坂46が共演! 柴犬まるバージョンも!

スポンサーリンク
アイドル シアター ニュース ライブアイドル 俳優 坂道グループ 新着ニュース

クリアな視界で、自分らしく生きる人々を応援するコンタクトレンズブランド「アキュビュー®」は目に入る光の量を自動で調節する世界初のコンタクトレンズ「アキュビュー® オアシス® トランジションズ スマート調光™」の新TVCM「日向坂 46」篇(15 秒・30 秒)、「柴犬まる」篇(15 秒)を 2020 年 6 月 15 日(月)より全国で放送開始した。

ACUVUE® YouTube Channel にて、「日向坂 46」篇と「柴犬まる」篇の CMが公開されており、今回のキャンペーンアンバサダーには、伊藤健太郎さん、日向坂46、柴犬まるが起用されている。

今回の新TVCMでは日向坂46 のライブ、柴犬まるのファンイベントを舞台にした「日向坂 46」篇、「柴犬まる」篇の 2 タイプの TVCM を制作。各会場の客席から友人と一緒に熱い声援を送る”主人公の伊藤健太郎さんが、日向坂 46 の小坂菜緒さん、柴犬まるら、自分の“推し”たちの決定的瞬間に遭遇するストーリーが、コミカルな世界観とともに描かれます。そして、伊藤さんは“推し”を見逃してしまい、友人は見逃さない。その秘密がギュッと詰まった CM となっています。

一番の見どころは、ふいに目に入ってきた光の影響で、伊藤さんが“推し”の大事なシーンを惜しくも見逃してしまう場面。バッチリ目撃して興奮する友人の隣で、ショックを受ける伊藤さんに対して、“推し”の1人と 1 匹が呼びかけるメッセージと、その直後の伊藤さんのリアクションにご注目ください。

CMストーリー

「日向坂 46」篇(30 秒)

盛り上がる日向坂 46 のライブ会場にて。伊藤さんと友人が「小坂ちゃーん!」と推しの名前を叫んでいます。「かわいいー!」とテンションの上がる友人に対して、「お前よく見えるな…」と伊藤さん。どうやら、照明のせいでステージ上の小坂さんがあまりよく見えていないようです。

ここで画面は 2 分割の主観映像に。光が調節された状態(友人側)に比べて、通常の状態(伊藤さん側)は明らかに見えにくい様子。小坂さんが自分たちの方を見てくれた、とテンションの上がる友人に対し、「ライトきついな、これ」とそれを見逃してしまう伊藤さん。さらに、小坂さんのウィンクを目撃して大興奮する友人ですが、それもやはり見逃してしまう伊藤さん。焦って目を凝らす伊藤さんをよそに、進んでいく日向坂 46 のステージ。そこに「スマート調光で、推し見逃すな」というメインメッセージが。さらに「目に入る光の量を自動で調節。はっきりクリアな視界へ」「アキュビュー® スマート調光™」という商品説明が続きます。

ラストに、歌い踊っていた小坂さんがいきなり一人だけ踊りをやめて「まだスマート調光じゃないの?」と、カメラ目線でメッセージ。ライブ中に突然話しかけてきた小坂さんに、「えっ!?」と驚いてしまう伊藤さんです。

「柴犬まる」篇(15 秒)

とあるショッピングモールでの、柴犬まるのファンイベント。まるの可愛さに夢中の客席の中に、伊藤さんと友人の姿が。「あ、こっち向いた!」と興奮気味の友人に対して、伊藤さんの方は「うゎ、光が…」と光の影響でよく見えていないようです。

ここで画面は 2 分割の主観映像に。光が調節された状態(友人側)に比べて、通常の状態(伊藤さん側)は明らかに見えにくい様子。柴犬まるが笑顔を見せた、とテンションの上がる友人に対し、「え、笑ってんの!?」と見逃してしまう伊藤さん。目をパチパチしている伊藤さんのカットに、「スマート調光で、推し見逃すな。」というメインメッセージが乗ります。

ラストに、急にこっちを向いたかと思うと、「まだスマート調光じゃないの?」と人間の言葉で話しかけてくる柴犬まる。あまりのことに、「えええ!?」とびっくりする伊藤さんです。

撮影エピソード

【「日向坂 46」篇】

◇初めて体験するユニークなペンライトの使い方に興味津々
推しの小坂さんを応援するシーンの撮影に当たり、スタッフからペンライトを渡された伊藤さん。「すごい!初めて持った!」と、本番前から楽しそうに振り回す場面がありました。ここでは、ペンライトを使ったリアルなアイドルの応援にこだわった監督が、ポップカルチャーの専門家に演出を依頼。本番ではその専門家が、ペンライトの振り方から、具体的な応援の仕方、ライブ中の声掛けまで細かく指導を行い、初体験の伊藤さんも興味津々といった様子で、ユニークな動きや踊り、掛け声をマスターしていました。

◇推しメンバーのウィンクを見逃した伊藤さんの悲痛な叫び
会場にいる伊藤さんが、推しメンバーの小坂さんからウィンクを送られるシーン。監督から「素敵なウィンクを見逃して、とても悔しがっている様子を表現してください」という指示を受けた伊藤さんは、今にも泣き出しそうな表情を浮かべながら「また、(ウィンク)見逃した!」「ウィンクしてー!」と、ステージに向かって絶叫。見ているだけで可哀想になるぐらいの悲痛な演技を連発すると、監督も「めっちゃウィンクをほしがっていて、もう一生見られないという感じが出ている」と大喜びしていました。

◇小坂さんの魅力的なウィンクに視線釘付け!
「日向坂 46」篇の見どころの一つである小坂さんのウィンク。元々の振付には、ウィンクのアクションがないため、ベストのタイミングを監督と話し合った上で撮影に臨みました。本番前、「ウィンクするのがとても恥ずかしい」と語っていた小坂さんですが、いざ撮影が始まると、まるで最初から振付にウィンクが組み込まれていたかのように、自然なタイミングでチャーミングなウィンクを連発。その度に会場から大きな歓声が上がりました。

◇キレキレのダンスの途中で急にお芝居モードへ!?
ステージで歌っていた小坂さんが、伊藤さんに対して「まだスマート調光じゃないの?」と呼びかけるシーン。ここでは監督から「腰に手を当てて、怒っているというポーズを取ってから、セリフを言ってほしい」という指示がありました。ところが、それまで踊っていたキレキレのダンスに急ブレーキをかけ、一瞬にしてお芝居モードに切り替えるのは想像以上に大変。監督から「ここは一番難しいところ。踊りも表情も満点で、本当にあと少しだから頑張りましょう」と励まされながら、懸命にベストショットを追求していました。

◇監督の期待に応える驚きのバリエーション 3 連発
ラストカットの撮影前、監督から「演技が上手なので、3 パターンぐらい、驚く演技のバリエーションを期待しています」と声を掛けられていた伊藤さん。その場では「え!?」と目を丸くして、苦笑いを浮かべたものの、本番ではさっそく、驚きのあまり絶句するパターンと、何が起こったか理解できないという感じで目をパチパチするパターンを披露。最後は、小坂さんの問いかけに、「はい!」と元気良く返事をしてしまうというパターンで締めくくり、監督の期待にきっちりと応えていました。

【「柴犬まる」篇】
◇うたた寝する柴犬まるに観客席から「かわいいー」の大合唱
撮影は絶好のロケ日和の中、都内の商業施設の一角で行われました。柴犬まるは終始大人しく、堂々と撮影に臨んでいましたが、よほど陽気が気持ち良かったのか、本番中にうとうと居眠りしてしまう場面も。そんな愛くるしいまるの姿を見た観客役の皆さんもすっかり興奮し、自然と「きゃー!!」「かわいいー!」という歓声が起こるなど、会場は本当のファンイベントのような盛り上がりとなりました。ちなみに、まるの年齢は、人間でいうと約 60 歳で、普段は 1 日 15 時間ほど寝ているとのことです。

◇監督のさまざまなリクエストに即応する抜群の演技力
監督から「光が乱反射したり、逆行したりして、見えにくくなった時の驚きに変化をつけてほしい」という指示を受けた際、すかさず「驚きって、最初は小さくて、そこから後半になるにつれて、どんどん大きくなっていく感じですか?」と具体的に応じていた伊藤さん。その場で求められるお芝居を即座に理解し、実践する表現力はピカイチで、「次は短めで」「今度はこういう表情がいい」などと、監督の矢継ぎ早のリクエストに対して、的確なアクションを連発する姿に、周りのスタッフもどんどん引き込まれていました。

◇細部にまでこだわった驚きの表現は必見!
当初、「光に驚く演技のバリエーションが少なくて…」と不安を口にしていた伊藤さんですが、実際の撮影では、細かいところまで神経を行き届かせた、バリエーション豊かな演技を披露していました。金屏風に乱反射する太陽光が、実際に眩しいという状況だった場合、どのように反応するのがベストなのか、伊藤さんは監督とコミュニケーションを図りながら、何度もテイクを重ね、ワンテイク毎にモニターで自らの演技を細かくチェック。こだわりまくった驚きの表現にぜひご注目ください。

◇会場中を笑いに包んだ伊藤さんの愉快なアドリブ
舞台上の柴犬まるが、伊藤さんに向かって「まだ、スマート調光じゃないの?」と話しかけるシーンは、伊藤さんのアドリブの演技を狙い、長回しで収録しました。「今、ちょっ…喋った!」と動揺し、「今、まるが…まるが!!」と隣の友人に説明したかと思うと、今度は誰も相手をしてくれないので、「皆さーん、まるが…!」と後ろを振り向いて、まるが喋ったことを必死でアピール。最後は「まるが…嘘だー!!!」と絶叫するなど、伊藤さんのユニークな一人芝居には、監督だけでなく、周りにいたエキストラの皆さんも堪えきれず、ロケ地全体が爆笑の渦に包まれました。

こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
 
こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
日刊エンタメクリップ
タイトルとURLをコピーしました