吉高由里 自身の演技に“思わず笑っちゃった”

女優の吉高由里さんが出演する江崎グリコの「アイスの実」の新TV-CM「ひやとろリフレッシュ!」篇が6月10日から全国でオンエア開始される。

また、長期間「アイスの実」を食べていない方々の座談会を直撃訪問した吉高由里さんが、参加者に試食を勧めながら「アイスの実」のおいしさを共有するサプライズ WEB 動画「アイスの実を食べてない人になんで食べないかリアルに聞いてみた。」篇も同日公開された。

■TV-CM「ひやとろリフレッシュ!」篇について

新 TV-CM「ひやとろリフレッシュ!」篇は、会社員役の吉高由里子さんが、思わずモヤっとしてしまうシーンに出合いながらも、素材の濃厚な味わいがギュっと詰まった「ひやとろ」フルーツ感満点の「アイスの実」で手軽にプチリセットし、いつもの笑顔とフレッシュな気持ちを取り戻していく姿を描いています。

会社のセキュリティーゲートでいつものようにタッチしたはずの社員証が、なぜか自宅から持ってきてしまった TV リモコンというアクシデントや、食堂で会った男性上司と服のデザインがかぶってしまうハプニングといった、クスッと笑える場面に次々と遭遇してしまう吉高さんですが、モヤっとした気分になりながらもひやとろ食感の「アイスの実」をパクリと食べ、気分を見事にプチリセット。涼やかな風を浴びるように「ひやとろ」な食感を楽しんだ吉高さんの顔に、いつもの爽やかな笑顔が戻ってきます。

TV-CM

■WEB 動画「アイスの実を食べてない人になんで食べないかリアルに聞いてみた。」篇について

新 TV-CM 撮影と同日に別の会場で行われていたのは、「アイスの実」をしばらく食べていないという一般の方が意見を交換し合う座談会でした。

その方々の「アイスの実」の印象は、氷を食べるのに近い、水っぽい、シャリシャリしているといったものが多く、現在の濃厚な味わいでひやとろ食感の「アイスの実」とは大きく異なるイメージであることが判明。「10 年以上食べてない」という方は、近年の「アイスの実」が季節によって果汁の量を調整していることや、果物の品種を変更していること、濃厚な味わいになっていること、バリエーションが増えていることを知らないなど、多くの誤解があったのです。

この座談会の様子を別室でモニタリングし、大きな衝撃を受けた吉高さんと「アイスの実」の商品開発担当・中田さんは、「現在の『アイスの実』を実際に食べて、本当のおいしさをわかってほしい」と、会場をサプライズ訪問することを決意します。

「アイスの実」を手に突撃してきた吉高さんの姿に、座談会会場は騒然。状況を把握する間もなく吉高さんに試食を促された参加者は、「アイスの実」をパクリと口に放り込みます。

約10年ぶりに食べたという参加者は、かつての記憶と異なる食感、味わいに驚きの表情を見せます。

「シャリシャリじゃない」「さっぱりしているけど濃い感じ」「デザートのイメージ」など、手を止めることなく笑顔で食べ続ける参加者の姿を見て、徐々に緩んでいく吉高さんと中田さんの表情。吉高さんは、すかさず「溶けそうなぐらいにするのが好き」と、ややソフトな食感になるまで待つ“吉高流”のオススメの食べ方を紹介すると、そのままの勢いで参加者に「アイスの実」のファンになってほしいと呼び掛け、場を締めくくります。

WEB 動画

■撮影エピソード

◇“思わぬ失敗に恥ずかしがるシーン”で役に入り込み、本気で恥ずかしくなってしまった吉高さん

まだ肌寒い 2 月のある日、オフィスビルで新 TV-CM の撮影を行いました。春らしいイエローのコートを羽織って現場入りした吉高さんは、撮影監督との打ち合わせを終えると、セキュリティーゲートでの撮影をスタート。自宅から持ち出してしまった TV リモコンを社員証と間違えてタッチセンサーにかざして恥ずかしい表情を見せるシーンで、吉高さんは完全に役に入り込んでいたため、カメラが止まった後もなかなか素に戻ることができず、モニターで自身の演技を確認しながら「思わず笑っちゃった~」と周囲のスタッフと談笑していました。

◇風を浴びるシーンは気心知れたスタッフとの共同作業。上機嫌で「アイスの実」を 7 個パクリ

吉高さんが「アイスの実」を食べるシーンは、2019 年放映の TV-CM「プチリセット」篇に続き、フワっと吹き寄せる風で髪をなびかせ、爽やかさを強調しています。吉高さんが「アイスの実」をパクリと食べた瞬間に、息の合ったスタッフが絶妙なタイミングで送風機を操作。「タイミングいいじゃない!よかったね~今の!」とスタッフに言われると、上機嫌な吉高さんはこのシーンだけで 7 個の「アイスの実」を食べ、「おいしいからつい食べちゃう~」と笑顔を見せていました。

◇前作に続き、同じ上司と服かぶり!2 度目の共演でスムーズに撮影完了

鮮やかなパステルカラーに水玉模様のシャツで“服かぶり”シーンの撮影に臨んだ吉高さんは、同じ柄の服を着た上司と食堂の列で遭遇。昨年の TV-CM に続く共演であることからリアクションのタイミングなど息もピッタリと合い、“モヤっと”することなくスムーズに撮影を完了。続いて、やや高めのテンションでこの日ラストとなる「アイスの実」を食べるシーンに臨むと、表情も風のタイミングも完璧で、なんと一発で監督の OK が。最高の流れで終えた吉高さんは、「スタッフと一緒に食べたいので、もらっていいですか?」と撮影用の「アイスの実」を手にして撮影現場を後にしました。

■吉高由里子さんインタビュー

――TV-CM にはオフィスでの“あるある”が登場しますが、共感できるシーンはありましたか?

「何とも言えない上司の方との服のかぶりとかは、ちょっと…(笑)。同世代の女の子とかぶっちゃったとかではなくて、オジサマと服がかぶってしまうのは…何とも言えないモヤっと感があります(笑)」

――TV-CM をご覧の皆さんへメッセージをお願いします。

「“モヤっとシーン”は共感してもらえるシチュエーションが多く、クスっと笑ってもらえる CM になっていると思います。皆さんもモヤっとした時は“ひやっとろ~”の『アイスの実』を食べてリフレッシュして、明日からも頑張ってください」

タイトルとURLをコピーしました