映画『三大怪獣グルメ』の舞台挨拶に植田圭輔、吉田綾乃クリスティーが登壇! ZOOMで参加するファンも!

スポンサーリンク
シアター ニュース 俳優 女優 新着ニュース

©2020 「三大怪獣グルメ」製作委員会

コロナウィルス感染予防のため延期になっていた映画『三大怪獣グルメ』の公開が6/6から3日間連続満席スタートした。6/8には河崎実監督、主演の植田圭輔、ヒロインの吉田綾乃クリスティー(乃木坂46)による舞台挨拶が行われ、登壇者も感染予防のため、フェイスシールド着用のままの挨拶となった。

今は場内動員制限のため通常の半分の観客に制限。遠方からのご来場が難しいなか、ニコニコ生放送ライブ配信と、舞台挨拶では史上初となるZOOMを使用した全国のお茶の間からファンが舞台挨拶に参加する試みも実施された。

新型コロナウイルス感染拡大の防止のため映画館では様々な対策がとられる中、舞台挨拶は、「公開延期になったけど無事に公開できて、見に来てくださって本当にうれしい。」と、河崎実監督の観客への感謝から始まった。舞台上を最少人数にするため、監督がMCを兼任し軽妙にトークを始める。舞台挨拶は互いに距離を取っての登壇となり、「フェイスシールドしたままのソーシャルディスタンス舞台挨拶は世界初めてじゃない?」と、つぶやく河崎監督。劇場内からは拍手、ZOOMを使って舞台挨拶に参加できるという初の試みによる全国からのファンの声援に、登壇者はうれしそうに手を振って答えた。まずは自粛期間中の過ごし方について。植田は「ギターを練習したり、作曲したり。ゲームばっかりしてる自分もいました!」、吉田は「ゲームして猫に遊んでもらったりしていました!」とマイペースに過ごしたことを報告。

この映画の企画を初めて聞いたときの感想について、主演の田沼雄太役を演じた植田圭輔は「なんだこれは!僕でいいのかなと思った」と驚いたとのこと。ヒロイン、星山奈々を演じた乃木坂46吉田綾乃クリスティーは「なんでこの発想になったんだろうって意外に思いました!でも戦う系をやってみたかったので楽しかったです!」と二人とも笑顔だ。

映画「三大怪獣グルメ」では巨大怪獣であるイカラ、タッコラ、カニーラを食べて食料危機を救える?!なんて真面目なテーマも含まれており、3つの中では一番何が好きかという話題に。植田も吉田も二人とも3体の中で一番高価なカニを選んだ。カニは本作品でも重要なキャラクターだ。

昨年夏の撮影当時を振り返ったトークでは、シーフード怪獣攻撃部隊を演じた二人のアクションに話が及んだ。吉田が「見えないものと戦う大変さを思い知りました!」、植田が「監督が見えない怪獣の大きさをディレクションしてくれて撮影は楽しかったね。」と後から合成される特撮怪獣映画ならではの感想を述べた。植田の印象に残っているシーンは、競技場での戦闘シーン。「動き回って楽しかった。男として熱くなりましたね。」吉田「普段インドアで走ることもないので、久々に動けた!」と楽しんだようだ。監督のことをどう思っているかと聞くと、植田「天才と変人は紙一重!ていう風に思っております!」、吉田「あの、すごい発想が豊かですよね!」と二人とも笑顔だ。「こっちは43年もバカ映画をやってるからね!」と自信たっぷりに監督。

最後に植田が来場の感謝を述べ、「何見にきたんだと逆に思ってもらえるくらい、バカが突き抜けてる映画です。やってる側は一生懸命演じました。楽しんでいってください。」吉田が観客と画面越し観客に感謝を述べ「無事に公開をむかえることができて、わたしもすごくうれしいです。たくさん笑って、たくさん食べて、また気が向いたら見に来てください」とアピール。「わたしはバカ映画を43年映画も作り続けている。映画は映画館で観てもらって初めて映画になるので、頑張っていきましょう!」と信念と愛をもって映画への応援を求めた。ZOOM観客は歓声、劇場内は拍手の中、挨拶は終了した。

映画『三大怪獣グルメ』は6月6日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開!

©2020 「三大怪獣グルメ」製作委員会

©2020 「三大怪獣グルメ」製作委員会

©2020 「三大怪獣グルメ」製作委員会

©2020 「三大怪獣グルメ」製作委員会

©2020 「三大怪獣グルメ」製作委員会

©2020 「三大怪獣グルメ」製作委員会

©2020 「三大怪獣グルメ」製作委員会

©2020 「三大怪獣グルメ」製作委員会

©2020 「三大怪獣グルメ」製作委員会

©2020 「三大怪獣グルメ」製作委員会

<あらすじ>
巨大イカと巨大タコが東京に突如現れた!!イカラ、タッコラと命名された巨大怪獣に、カニのカニーラが加わり東京は壊滅状態に。テロか、核実験による突然変異か、それとも南海トラフ地震の前兆か?死闘の中、切り落とした怪獣の切り身は誰もが唸るほどの美味だったが、数々の作戦は失敗に終わり、SMATは最後の望みを賭けて「海鮮丼作戦」を決行することに。
果たして東京の運命やイカに!?

出演:植田圭輔、吉田綾乃クリスティー(乃木坂46)、安里勇哉(TOKYO流星群)、横井翔二郎、木之元亮
監督・特撮監督:河崎実 監修:久住昌之(「孤独のグルメ」) 脚本:右田昌万、河崎実
主題歌:キュウソネコカミ「おいしい怪獣」(Getting Better Records / Victor Entertainment)

公式サイト:https://sandaikaijyu.pal-ep.com

©2020 「三大怪獣グルメ」製作委員会

こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
 
こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
日刊エンタメクリップ
タイトルとURLをコピーしました