崎山蒼志、自身の楽曲「国」MVの歌詞付きバージョンを公開

崎山蒼志

シンガーソングライター崎山蒼志による楽曲「国」の歌詞付きミュージックビデオが公開となった。

この楽曲は2018年12月5日(水)に発売となった自身の1stアルバム『いつかみた国』に収録されており、同アルバムのリード曲として、アルバム発売に合わせてMVも公開。MVは2016年に初長編監督作品映画『真夏の夢』が史上最年少の16歳でゆうばり国際ファンタスティック映画祭に正式出品され、翌年、同映画祭にて映画『脱脱脱脱17』で審査員特別賞・観客賞を受賞した松本花奈氏が監督した。

今回はちょうど1年半という歳月を経て、「国」MVの歌詞付きバージョンが公開。松本監督によって監修され、歌詞がついたことで、もとの映像美を損なわずより楽曲「国」の世界観が伝わりやすい作品となった。

ゆったりとした優しいメロディに乗って紡ぎ出される、崎山蒼志の世界観に改めて浸ってほしい。

YouTube動画詳細

崎山蒼志SNS情報

・オフィシャルサイト

崎山蒼志公式サイト
崎山蒼志公式サイト、ニュース、ライブ情報、メディア、ディスコグラフィー、プロフィール。

・オフィシャルTwitter

@soushiclub(https://twitter.com/soushiclub

・オフィシャルInstagram

@soush.i_sakiyama(https://www.instagram.com/soush.i_sakiyama/

崎山蒼志プロフィール

2002年生まれ静岡県浜松市在住。

母親が聞いていたバンドの影響もあり、4歳でギターを弾き、小6で作曲を始める。

2018年5月9日にAbemaTV「日村がゆく」の高校生フォークソングGPに出演。

独自の世界観が広がる歌詞と楽曲、また当時15歳とは思えないギタープレイでまたたく間にSNSで話題になる。

2018年7月18日に「夏至」と「五月雨」を急きょ配信リリース。

その2ヶ月後に新曲「神経」の追加配信、また前述3曲を収録したCDシングルをライブ会場、オンラインストアにて販売。

12月5日にはファースト・アルバム『いつかみた国』をリリース、合わせて地元浜松からスタートする全国5公演の単独ツアーも発表し、即日全公演完売となった。

2019年3月15日にはフジテレビ連続ドラマ『平成物語』の主題歌「泡みたく輝いて」と明治「R-1」CM楽曲「烈走」を配信リリース。

5月に自身初となるホール公演「とおとうみの国」を浜松市浜北文化センター大ホールで大成功させた。10月30日にセカンドアルバム『並む踊り』を発売し、全国10公演のリリースツアー「並む踊りたち」を開催。

ある朝、起きたらtwitterのフォロワー数が5,000人以上増えていて、スマホの故障を疑った普通の高校3年生。

タイトルとURLをコピーしました