米津玄師 5thアルバム『STRAY SHEEP』発売決定! 書き下ろしジャケット公開!

スポンサーリンク
アーティスト ニュース 新着ニュース

米津玄師・待望のニューアルバム『STRAY SHEEP』が8月5日(水)に発売されることが決定した。

Illustarion by 米津玄師

前作「BOOTLEG」はCD累計出荷数60万枚を突破し、『第10回CDショップ大賞』にて大賞、「日本レコード大賞」にて最優秀アルバム賞を受賞するなど数々の快挙を達成。

約2年半の時を経てリリースされる今作には、「Lemon」「馬と鹿」「パプリカ」をはじめ、全15曲が収録される。

収録曲は、TBS系金曜ドラマ『アンナチュラル』の主題歌として書き下ろした「Lemon」。この曲は、紅白歌合戦への初出場など幅広い層の支持を得て、Billboard JAPAN年間総合ランキングにおいて日米史上初となる2年連続1位など数々の記録を音楽史に残し、合算セールス380万枚(ダウンロード数320万DL、CDセールス60万)、MV再生数は日本人アーティスト史上歴代一位となる5.7億再生を超える。

また、TBS系日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』主題歌として書き下ろした「馬と鹿」は、ドラマ放送後もラグビーワールドカップの会場で使用され、試合終了後の大きな感動と共に、両チームを讃えるかのように鳴り響いた事は記憶に新しい。

そして、2020年とその先の未来にむけての応援歌として制作、こども達を中心に社会現象を巻き起こし、「「日本レコード大賞」大賞を受賞したFoorin「パプリカ」のセルフカバー。そして放送を予定しているTBS系金曜ドラマ「MIU404」主題歌「感電」の収録が決定。

既発曲6曲のMV総再生回数は10億再生超え、さらに新曲が9曲も収録されるという、期待のアルバムになりそうだ。

合わせて、今作も、米津玄師の描き下ろしによるジャケットが、初公開となった。

商品形態は、4形態となり、初回限定「おまもり盤」は、キーホルダーが封入となる、スペシャルボックス仕様。同じく初回限定「アートブック盤」は、96Pのブックレットに、映像としてDVDかBlu-rayが同封。そして、CDのみの「通常盤」でのリリースとなる。

その他の詳細はぞくぞく発表となるので、続報を楽しみにしてもらいたい。

米津玄師 5th ALBUM 「STRAY SHEEP」

発売日:2020年8月5日(水)

<商品形態>
おまもり盤(初回限定):CD+ボックス+キーホルダー ¥4,500+税 / SECL-2590~91
アートブック盤(初回限定):CD+Blu-ray+アートブック ¥6,800+税 / SECL-2592~94
アートブック盤(初回限定):CD+DVD+アートブック ¥6,800+税 / SECL-2595~97
通常盤:CD only ¥3,000+税 / SECL-2598

<収録内容>
-CD-(全形態共通)
「Lemon」       (TBSドラマ「アンナチュラル」主題歌)
「Flamingo」     (ソニーワイヤレスヘッドホンCM)
「TEENAGE RIOT」(ギャツビーCM)
「海の幽霊」  (映画「海獣の子供」主題歌)
「馬と鹿」  (TBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」主題歌)
「パプリカ」  (Foorin「パプリカ」のセルフカバー)
「感電」   (TBSドラマ「MIU404」主題歌)
他、全15曲

-Blu-ray・DVD-(「アートブック盤(初回限定)」のみに収録)
内容未定

<購入者店舗特典>
特典あり・内容未定
対象店舗:TOWER RECORDS / TSUTAYA RECORDS / HMV / Amazon.co.jp / 楽天ブックス / 応援店(応援店舗詳細は後日発表)

TBS 金曜ドラマ「MIU404」

【放送日】 初回放送日未定 / 毎週金曜よる 10:00~10:54
【脚本】  野木亜紀子(『アンナチュラル』ほか)
【音楽】  得田真裕(『アンナチュラル』ほか)
【主題歌】 米津玄師 「感電」
【プロデュース】新井順子(『アンナチュラル』ほか)
【演出】  塚原あゆ子(『アンナチュラル』ほか)
【キャスト】 綾野剛 星野源 岡田健史 橋本じゅん / 麻生久美子 他
【HP】https://www.tbs.co.jp/MIU404_TBS/

プロフィール

【米津玄師 ヨネヅケンシ】
ハチ名義でボカロシーンを席巻し、2012年本名の米津玄師としての活動を開始。
その独特なサウンドメイクをした楽曲の強さと、リアルな言葉の数々は圧倒的で、今の音楽シーンにはない新鮮さを鮮烈に刻み話題に。2015年リリースの3rdアルバム「Bremen」ではオリコン週間アルバムランキング1位、iTunes週間チャート1位、Billboard Japan週間チャート1位という三冠を達成、2015年度レコード大賞優秀アルバム賞を受賞した。
2016年はユニバーサル・スタジオ・ジャパン15周年企画 “やり過ぎ” コラボ、ルーヴル美術館特別展「ルーヴルNo.9 ~漫画、9番目の芸術~」公式イメージソング、佐藤健・有村架純らが主演の映画「何者」の主題歌を中田ヤスタカ×米津玄師として初のコラボレーション作品として発表したりと、多岐にわたる才能を披露した。同年9月に発売したシングル「LOSER / ナンバーナイン」はオリコン週間シングルランキング自身最高の2位を記録。

2017年2月には羽海野チカ原作のTVアニメ「3月のライオン」エンディングテーマを務め、自身初のアニメタイアップとなったシングル「orion」は、iTunesチャートを始め、各配信ダウンロードサイトで軒並み1位を獲得し、配信11冠という快挙を達成した。6月に発売したTV アニメ「僕のヒーローアカデミア」のオープニングテーマとして書き下ろした「ピースサイン」がオリコン週間シングルランキング2位を獲得。iTunesチャートでもシングル・バンドルと1位を獲得。8月には、初音ミク10周年「マジカルミライ2017」テーマソングとして、ハチ名義の「砂の惑星」を発表し、ニコニコ動画でボカロ最速ミリオンの記録を樹立。また、映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」主題歌をプロデュースし、「打上花火」DAOKO×米津玄師として発表した。11月には4枚目のアルバム「BOOTLEG」を発表し、オリコン週間アルバムランキング1位、iTunes週間チャート1位、Billboard Japan週間チャート1位を始めウィークリー1位の23冠という快挙を達成。

2018年1月からはTBS金曜ドラマ「アンナチュラル」の主題歌として「Lemon」を書き下ろし“ミリオン”セールスを記録。「第96回ドラマアカデミー賞」にて【最優秀ドラマソング賞】を受賞。日本レコード協会にて「史上最速」の300万DL認定など音楽史に残る記録を残している。8月には2020年とその先に向けて、頑張っているすべての人たちを応援するプロジェクトの楽曲として小学生ユニットFoorinがうたう「パプリカ」を発表。10/31には両A面シングル「Flamingo / TEENAGE RIOT」をリリース。表題曲の1つ「Flamingo」Music VideoはYouTube公開から3時間で100万再生突破と自己最速を記録、オリコン週間シングルランキングで1位を獲得。

「Lemon」は発表後、1年を通してその支持が拡大し続け、2018年・年間ランキング各主要チャートを総なめにし、昨年末には紅白歌合戦に初出場、初のテレビ歌唱が話題を呼び、MV4億再生を突破、デジタル・フィジカル合算300万セールス突破と、年度を象徴する楽曲となり、2019年上半期チャートにおいても尚、軒並み首位を獲得している。

2019年5月、菅田将暉「まちがいさがし」をプロデュース。
6月にはアニメ映画「海獣の子供」主題歌として「海の幽霊」をリリース。首位18冠を獲得し、2019年最大のヒットとなった。
8月には、子供たちの間で最も人気のあるキッズソングとして定着したFoorinがうたう「パプリカ」のセルフカバーバージョンを発表、
米津玄師 MV 「パプリカ」は、公開より4日と9時間で1,000万再生突破という、今年発表した「海の幽霊」MVの公開から4日と12時間という「自身最速」記録を塗り替えることとなった。
9月にはシングル「馬と鹿」をリリース。11/4付Billboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”で10度の1位を獲得、CDセールスとデジタルダウンロード数の合計は120万セールスを突破するという記録を樹立。また、MVは9,000万再生を超えてなお伸び続けており、2019年を代表する1曲として全世代からの支持を集めている。
そして12月には、「NHK2020ソング」として、「カイト」を制作し、紅白歌合戦にて嵐により初披露が行われた。

また、MVに関しては、「Lemon」が5億再生突破、と日本人アーティスト初の記録を更新し続けているだけでなく、1億再生が9作品という圧倒的な記録を達成し(『Lemon』『アイネクライネ』『LOSER』『ピースサイン』『灰色と青(+菅田将暉)』『orion』『Flamingo』『打上花火』『パプリカ』)、公式YouTubeチャンネル登録者数は493万人を突破している。

■オフィシャルHP
http://reissuerecords.net/

■米津玄師 公式twitter URL
https://twitter.com/hachi_08

こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
 
こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
日刊エンタメクリップ
タイトルとURLをコピーしました