B.O.L.TにもGONGON“めちゃくちゃ語”が侵食!メジャーデビューアルバム【POP】より「BON-NO BORN」配信スタート!

B.O.L.T

本日、7月15日にリリースとなるB.O.L.Tの初となるメジャーデビューアルバム【POP】より新録曲である先行配信シングル第二弾「BON-NO-BORN」が、Apple Music、Spotify、iTunes Store、レコチョク、mora他にて先行配信がスタートした。

先行配信第二弾となる「BON-NO BORN」は、特撮・アニメ、J-POPなど幅広いジャンルを手掛ける桑原永江が作詞、元B-DASHのヴォーカリスト兼ギタリストであるGONGONが作詞・作曲・編曲を担当。配信中である「宙に浮くぐらい」を手掛けた桑原永江&GONGON(元B-DASH)コンビによる作品である。

今作は「煩悩」が湧いて「混沌」とした状態をイメージしている楽曲であり、前作「宙に浮くぐらい」では封印していたGONGONの真骨頂“めちゃくちゃ語”が姿を現し、桑原の茶目っ気のある歌詞とGONGONの“めちゃくちゃ語”が混成された、構造的にも「煩悩」と「混沌」を表現した楽曲となっている。

ライブで聴くことが楽しみになるような、アップテンポで身体を揺さぶる中毒性のあるメロディと共に、ぜひ歌詞にも注目して聴いてほしい。

ジャケットはバンド関連作品も多く手掛けるフクザワによるイラストで、カオスでキュートな雰囲気が落とし込まれたものになっている。

アルバムタイトル「POP」(ポップ)には、 [ポピュラー]、[ポップミュージック]というスタンスと目標を掲げる、メジャーデビュー・初作品として[飛び出す]、そして喜怒哀楽のある[弾ける]日常を表現するという意味合いが込められている。

楽曲提供には、すでにリリース済みの安野勇太(Haiian6)、磯部正文(HUSKING BEE)、GONGON(元B-DASH)、金城昌秀(愛はズボーン)らに加え、さとうもか、PANの川さん・ダイスケ、松崎兵太(SHANK)なども名を連ねバランティに富んだ楽曲が期待できる。

B.O.L.Tは、昨年7月15日の所属レーベル主催ライブイベント『EVIL LINE RECORDS 5th Anniversary FES.“EVIL A LIVE” 2019』にて、誕生したアイドル。グループ結成1周年記念日となる7月15日(水)にメジャーデビューアルバム『POP』のリリースが決定しており、先行して「足音」、本日「BON-NO BORN」が配信となっている。リリースまでにアルバム収録曲をもう1曲配信することが発表されているので楽しみにしよう。

また、【POP】の「B.O.L.T BASIC LOGO WATCHバンドル盤」と、「ナタリー×B.O.L.TコラボTシャツ付きCD」が発売されることも発表されている。腕時計はブラックとホワイトの2種類となり、B.O.L.Tのロゴが盤面に大きく配置され、男女問わず使用できるシンプルかつクールなデザインとなり、「B.O.L.T BASIC LOGO WATCHバンドル盤」はELR Storeから、「ナタリー×B.O.L.T コラボTシャツ付きCD」はナタリーストアにて発売となる。Tシャツのデザインやこれらの予約開始日などは追ってアナウンスされるので、楽しみに待とう。

なお、下北沢GARDENにて開催を予定していたワンマンライブの振替日程やチケットの払い戻しの詳細は追ってアナウンスされる。

明日6月6日(土)13時からは、B.O.L.Tの生配信番組『B.O.L.T.V ボルティービー #家にイマス Special!』

今後のスケジュールやリリース情報は、オフィシャルHPやオフィシャルTwitterで随時更新されていくので合わせてチェックしよう。

▼B.O.L.T_配信シングル「BON-NO BORN」

特設サイト: http://www.evilline.com/bolt/release/disc05.html

作詞:桑原永江、GONGON
作曲・編曲:GONGON

<配信サイトまとめ>
https://elr.lnk.to/BNB

タイトルとURLをコピーしました