Official髭男dism、Billboard JAPAN2020年上半期総合ソング・チャート1位「Pretender」、2位「I LOVE...」など史上初となるTOP10に4曲ランクイン!さらにトップ・アーティストも獲得!

スポンサーリンク
アーティスト ニュース 新着ニュース

Official髭男dism

2020年上半期の総合ソング・チャート【Billboard JAPAN HOT 100】にて、Official髭男dismの「Pretender」、「I LOVE...」がそれぞれ1位、2位を獲得した。その他にも5位には「宿命」、7位に「イエスタデイ」とTOP5に3曲、TOP10に4曲Official髭男dismの楽曲がランクインしている。上半期ソング・チャートにおいてTOP10に4曲同一アーティストの楽曲がランクインするのは史上初の快挙となる。

また、昨年11月にリリースされたメジャーファースト・アルバム『Traveler』が総合アルバム・チャート【Billboard JAPAN HOT Albums】で2位にランクイン。Official髭男dismは総合 ソング100位内に計9曲がチャートインし、最新アルバムが総合2位と、昨年から引き続き2020年上半期も大いにチャートを賑わせ、総合ソング・チャートと総合アルバム・チャートのポイントを合算したアーティスト・ランキング【Billboard JAPAN TOP Artists】にも輝いている。

今回の受賞を受けてOfficial髭男dismは

『「Pretender」だけが特別な曲という訳ではもちろんないんですが、こんなにもたくさん愛してもらえる曲が自分たちのバンド人生の中で生まれたという事を幸せに思っています。 また、こんなにもたくさんの方が自分たちの音楽を聴いて下さっているという事に感謝の気持ちが溢れています。本当にありがとうございます。』

と、コメントを寄せている。

Official髭男dismは現在自身のYouTubeチャンネルにて2019年に開催されたNHKホールのライブ映像や、2019年に出演したフェスでのパフォーマンスから各1曲ずつ期間限定で公開されている。さらに2020年「カルピスウォーター」CMソングに起用されている新曲「パラボラ」が各種ダウンロードサービス・ストリーミングサービスで配信中だ。

また自身初・最大規模のアリーナツアー「Official髭男dism Tour 2020 – Arena Travelers –」が開催予定となっている他、新曲「HELLO」がフジテレビ系『めざましテレビ』の新テーマソングに起用されている。

■■Billboard JAPAN HOT 100 2020年上半期チャート結果

<総合ソング・チャート> 全国推定売上枚数、ダウンロード回数、ラジオ放送回数、ルックアップ数、ツイート数、ス トリーミング数、YouTubeおよびGYAO!の動画再生回数、カラオケ歌唱回数を元にした独自 ポイントを合算した、米国でもBillboard音楽チャートの中心となるチャート

1.Pretender/Official髭男dism
2.I LOVE.../Official髭男dism
3.白日/King Gnu
4.紅蓮華/LiSA
5.宿命/Official髭男dism
6.D.D./Snow Man
7.イエスタデイ/Official髭男dism
8.まちがいさがし/菅田将暉
9.Imitation Rain/SixTONES
10.マリーゴールド/あいみょん

■■Billboard JAPAN HOT Albums 2020年上半期チャート結果

<総合アルバム・チャート> 全国推定売上枚数、ダウンロード数、ルックアップ数の3つのデータを合算した国内唯一の 総合アルバム・チャート

1.CEREMONY/King Gnu
2Traveler/Official髭男dism
3MAP OF THE SOUL : 7/BTS
4.W trouble/ジャニーズWEST
.5To-y2/Kis-My-Ft2
6.Bad Ass Temple Funky Sounds/Bad Ass Temple
7.Go with the Flow/木村拓哉
8RAISE THE FLAG/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE
9.天気の子 complete version/RADWIMPS
10.すとろべりーねくすとっ!/すとぷり

Billboard JAPAN TOP Artists 2020年上半期チャート結果
<トップ・アーティスト・チャート><総合ソング・チャート>と<総合アルバム・チャート>のポイントを合算したアーティ スト・ランキング

1.Official髭男dism
2.King Gnu
3.あいみょん
4.米津玄師
5.BTS
6.嵐
7.Mrs. GREEN APPLE
8.Snow Man
9.LiSA
10.back number

こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
 
こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
日刊エンタメクリップ
タイトルとURLをコピーしました