舞台『HERO〜2019夏〜』が6月5日(金)より配信決定! ヒロイン・北原里英は「映画版を見るときに違いなどを楽しんでいただけたら」

スポンサーリンク
シアター ニュース 俳優 女優 新着ニュース

© 「HERO」~2020~製作委員会

映画『HERO〜2020〜』が6月19日(金)よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次公開を予定している。本作は、昨年7月に上演された舞台『HERO 〜2019夏〜』を映画化し、『誰かが誰かに支えられ、誰かが誰かの“ヒーロー”になる』という気持ちを届けてくれるハートウォーミング・コメディ。

舞台版に引き続き、秘密を抱え、明日に踏み出せないでいる主人公・広樹役を廣瀬智紀が、穏やかな中に強さを秘めた広樹の恋人・浅美役を北原里英が演じ、2人の“2年間限定の恋”をめぐる笑いと感動の大騒動が描かれている。

本来であれば、公開前に舞台版のヒーローシート購入者を応募対象にした映画『HERO〜2020〜』の完成披露上映会が行われる予定だったが、新型コロナウイルスの影響で開催が中止となってしまい、北原は「舞台を観てくださった方が初めて映画版と比較できるタイミングが延びてしまって残念です」と肩を落としつつも、「ここで嬉しいお知らせがあります!」と報告。

これに廣瀬は「そうなんです。嬉しいお知らせがございます!Amazonプライムビデオ、そしてGoogle Playにて、舞台版『HERO 〜2019夏〜』が、なんと配信準備中でございます!」と発表しました。AmazonプライムビデオとGoogle Playでは6月5日(金)より配信が決定!

笑顔で喜んだ北原は「去年のステージがご自宅でご覧いただけるようになりますので、映画版を見るときに違いなどを楽しんでいただけたらなと思います」とオススメしました。

映画版は映像ならではの演出を西条監督が手がけており、舞台版と映画版とで出演者の芝居を見比べることができる魅力があるので、映画での演出にもご注目いただきお楽しみください。

映画『HERO〜2020〜』の公開に向けて、「我々も精一杯頑張っていきます」と言葉に力を込めた廣瀬は、「人と時代、人と世界、人と人を繋いでくれる映画の力って本当にすごいなと思っています。この状況が早く収束することを願って映画『HERO〜2020〜』を公開できる日を心待ちにしていますので、応援のほど、よろしくお願いいたします」と吐露しました。

北原も「新型コロナウイルスの感染拡大で映画という文化の灯が消えかけています」と危機感を抱きつつも、「私は映画にたくさんの感動をもらっています。映画は私たちを非日常へ連れて行ってくれる最強のエンターテイメントだと思っています。映画の力を信じて映画『HERO〜2020〜』も劇場で楽しんでいただけますよう、収束を願っています」と想いを語り、2人で声を合わせて「映画『HERO〜2020〜』の公開をお楽しみに!」と訴えました。

さらに、本作が長編映画監督デビュー作となった西条監督は「この作品は、僕の劇団の第1回公演作品の映画化となります。映画では、舞台で見せられなかった部分を存分にシーンとして作っているので、ぜひ楽しみにしていてください」とアピールし、「僕は映画にいつもワクワク感だったり勇気だったり、たくさんのパワーをもらっています。今回の作品にもいろんなメッセージだったり、お客さんのこれからの人生を動かしていくものをたくさん散りばめたので、ぜひ映画を見て勇気づけられたり、パワーをもらって帰ってもらえたらなと思います」とコメントし、「感染防止対策をして映画『HERO〜2020〜』を劇場でご覧いただければと思います」と呼びかけました。

© 「HERO」~2020~製作委員会

© 「HERO」~2020~製作委員会

映画『HERO〜2020〜』は、6月19日(金)よりシネ・リーブル池袋ほかで全国順次公開。

© 「HERO」~2020~製作委員会

映画「HERO 2020」公式サイト
http://www.mmj-pro.co.jp/hero2020/

タイトルとURLをコピーしました