長谷川京子が初のANNGで身体づくりについて解説“昔は0.1kgでも太ったらどうしようかと”

スポンサーリンク
ニュース 女優 新着ニュース

長谷川京子

昨日5月15日(金)、女優の長谷川京子が自身初となるオールナイトニッポンでのパーソナリティを務め、かねてより注目を集めている自身の身体づくりの秘訣などについて明かした。

長谷川が出演したのは、5月15日(金)22:00~24:00で生放送されたニッポン放送「長谷川京子のオールナイトニッポンGOLD」。昨年には16年振りの写真集を発売、現在も自身のインスタグラムなどに、自宅でできるヨガやトレーニング動画を投稿して話題になっており、女性ならではの身体づくりについて、リスナーの質問に答えながら独自の方法を語った。

初のオールナイトニッポン出演に「自分が喋ることになるとは全く思ってなかったです。すごく高揚しています。初めて「笑っていいとも!」でテレフォンショッキングに出させていただいた時と同じくらい、あと“食わず嫌い”に出させていただいた時も、『昔から見てた番組に自分が出てる!』みたいな高揚感、今まさにそれです。」と緊張気味のスタート。匿名でのメールを読み上げる際、ラジオネームに(なし)と記載されていたところ「ラジオネーム"なし"さんです。・・・あ、書いてないってことか!」と読み上げるなど天然が炸裂する場面も。

トークが進むと、40代とは思えぬボディラインに定評のある長谷川は自身のトレーニング法について、ヒップと上半身を中心に筋トレをした後に、キックボクシングを行う無酸素運動と有酸素運動のセットでボディメイクをしていると話す。「私はヒップ「毎回(ジムに)行く前に、なんで私予約しちゃったんだろうって思う(笑)。」とストイックなイメージからは、意外な一面も垣間見える場面も。

「私のヒップはいい感じになってきてるんでしょうか(笑)でも、筋肉は裏切らないと思う、私は。」と、筋トレに精力的に励んでいることに触れつつ「(若い時の)モデル時代は体重に囚われていて、20代前半の時は毎日体重測って、今より10kgくらい細かった。それでも、0.1kg太ろうものならどうしようって思っていた。」と、当時は何よりも体重に気を遣っていたという。しかし、「体重測りたくない(笑)怖いんですよ。筋肉量も増えているので。」と、若い時から考え方が変わり、体重の増減よりも健康的な身体作りに勤しんでいるようだ。

またラジオ内では、グータンヌーボ2での田中みな実、西野七瀬との会話について、時折田中みな実にズバズバと発言することについて「あれは役回りですよ(笑)」とフォローするなど様々なトークが展開された。

リスナーからは、「素敵な写真集とても楽しく拝見しました。特に鎖骨がキレイで見惚れてしまいます!鎖骨をキレイにするトレーニングはありますか?/京子さんの真似をして毎晩ストレッチを心掛けています/とてもためになる話ばかり/コンプレックスはありましたか?」など、長谷川への質問や感想が数多く寄せられた。

自身のパーソナルトレーナーなどと一緒に、女性の憧れのボディを持つ長谷川のトレーニング法やパーソナルな部分まで、事細かく語られた長谷川のオールナイトニッポンは、年齢問わずトレーニングやボディメイクをしようと考えている女性には必聴である。

長谷川京子

HP:https://www.lespros.co.jp/artists/kyoko-hasegawa/
Instagram:https://www.instagram.com/kyoko.hasegawa.722/?hl=ja

こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
 
こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
日刊エンタメクリップ
タイトルとURLをコピーしました