EXILE AKIRA 3.11哀悼コメントが話題に! 「エンタテインメントを通して沢山の愛の輪を繋げていきたい」

アーティスト ニュース 新着ニュース

EXILE AKIRA
EXILEのAKIRAが、東日本大震災から9年経った11日、被災された方々とその後、様々な自然災害で被災された方々、そして新型コロナウィルス感染症に直面している国民に向けて自身のInstagramにEXILEの楽曲「Rising Sun」のミュージックビデオとともにエールを送った投稿が話題となっている。

自身のInstagramで2011年3月11日に東日本大震災で亡くなられた方々へ心から哀悼の意を表すとともに「僕らEXILE TRIBEも微力ながらであっても未来への"光"と"愛の輪"を皆様へ繋いでいけますよう、こんな時代だからこそエンタテインメントを通して沢山の愛をシェアしていければ」とストレートに自身の気持ちを言葉で綴り「日本を元気に‼︎ 本日は僕らのエンタテインメントの真髄でもあるこの楽曲を皆様へお届けいたします。 "Rising Sun"」と投稿を締めくくった。

この投稿に、コメント欄には「Rising Sun に元気付けられた」、「今も頑張ろうと思える曲です」、「やっぱり歌の存在ってすごいです」などの声のほか「当時小学生だった私は復興の願いを込めて学年全員でRising Sunを踊ったのを覚えています。いつも未来に希望をくれてありがとう!」、「EXILEパワーで日本を元気にしてください」などAKIRAの温かさに触れたファンからの感謝の声が多数寄せられ話題となっている。

楽曲「Rising Sun」は、「アーティストの本分である歌やパフォーマンスを通して、EXILEが掲げる“日本を元気に”というメッセージを伝えられる楽曲を制作したい!」という強い想いから、メンバー全員の願いを込めて、2011年9月に東日本大震災復興支援チャリティーソングとしてリリース。以来9年の間、「日本を元気に」のテーマのもと全国で歌いそして踊り継がれてきた。

今年「Rising Sun」は、子供たちの声や新しいアレンジを加えた2020年バージョン「Rising Sun-2020-」として“日本を元気に!”そして“みんなと一緒に始まる”という、新しいテーマテーマのもと、さらなる復興を願い生まれ変わった。

■インスタグラム全文

東日本大震災の発生から本日で9年が経ちました。

津波と震災によって沢山の命が奪われた
2011年3月11日。

未だ癒えぬ"記憶"と"心"に深く刻まれた
忘れ得ぬ一日とその傷跡です。

それ以降も、様々な震災や自然災害などに苦しまれ悲しみと暗闇に包まれた皆様もいらっしゃるかと思います。

そして今、、、
新型コロナウイルス感染症などの影響により混乱する日々。

様々な困難と
"いつ何が起こりうるかわからない現状"に

命の大切さ、儚さを感じさせられる日々かと思います。

だからこそ、、、
今それぞれが"存在する意味"
どんな困難な中でも
"生かされている意味"を
自分自身に問いただし
後悔のないよう
強く未来を
切り開いていかなければならないと
心から思います。

僕らEXILE TRIBEも
微力ながらであっても

未来への"光"と
"愛の輪"を皆様へ繋いでいけますよう
こんな時代だからこそ
エンタテインメントを通して
沢山の愛をシェアしていければと思っております。

2011年3月11日

亡くなられた方々へ心から哀悼の意を表し、
被災された皆様へお見舞い申し上げます。

日本を元気に‼︎ 本日は
僕らのエンタテインメントの真髄でもあるこの楽曲を皆様へお届けいたします。 "Rising Sun"

EXILE AKIRA

EXILE AKIRA

■EXILE AKIRA 公式Instagram
https://www.instagram.com/exileakira_official/
■EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH ~願いの塔~ ※期間限定プレミア配信中
https://www.youtube.com/watch?v=X1pDJqXh5Us

タイトルとURLをコピーしました