上野優華 “たった一人に選ばれない…”誰にも言えない切ない気持ちを綴ったラブソング コレサワ作詞・作曲「こっちをむいて」MV公開 サブスク・ダウンロード先行配信スタート!!

スポンサーリンク
アイドル アーティスト ニュース ライブアイドル 新着ニュース

ずば抜けた表現力と、切なさを含んだ心に沁みる歌声から“いま、泣ける声”と称される、シンガー・上野優華(うえの・ゆうか)が、3月18日(水)にリリースするミニアルバム『今夜あたしが泣いても』から、コレサワが作詞・作曲を手掛けた「こっちをむいて」のミュージックビデオが解禁となった。

イラストで構成された「こっちをむいて」ミュージックビデオでは、「たった1人、私だけをみてほしい」と彼の寝顔を見ながら誰にも言えない気持ちをぼんやりと思う女性の姿をイメージして描いている。

今回の楽曲は、「初めてチケットを買って見に行ったライブがコレサワさん」と大ファンを公言する上野優華からオファーを出して、念願叶ってのコラボレーションとなる。楽曲のテーマや方向性も二人でLINEのやり取りをして決めたという力の入れようだ。

日常の風景、まるで身近にあるような、誰もがひょっとしたらこんな経験をしたと感じるような、そんな感覚にさせる世界観となっている。なお、編曲、サウンドプロデュースはOvallのメンバーである関口シンゴが担当している。

2018年にリリースした「好きな人」でYouTubeから火が付き、再生回数は270万回超え、コメント欄には1200件以上の共感の声が届いており、さらに最近では2月5日にアルバム先行で配信リリースしているwacci橋口洋平 作詞・作曲による「あなたの彼女じゃないんだね」が、MV公開1か月で50万回と最速ペースで再生されており、早くも共感のコメントが溢れ、女性からの人気も高まっている。

コレサワの描く切ない情景と、切なさを帯びた上野優華の“泣ける”歌声がマッチした最新曲「こっちをむいて」に早くも期待が高まる。

本楽曲は、各サブスク・ダウンロードにて本日先行配信がスタートしているので是非注目してほしい。

■上野優華Comment
コレサワさんは、私が初めてチケットを買ってライブを見に行ったアーティストさんです。
そんな憧れの方に提供していただいた1曲です。

テーマもLINEでやりとりをして決めました。
叶わなかった訳じゃない、片想いな訳じゃない。でも幸せじゃない。選ばれた訳じゃない。
そんな曖昧な恋。

誰にも言えない気持ちを歌った独り言のような歌です。

■コレサワComment
たった一人に選んでもらえない女の子の心情を上野ちゃんがとても素敵に歌ってくれました。
『この歌詞、あの歌声で歌ってもらったらぜったいいいだろうな〜うふふ』と、制作している時間はとても楽しいひとときでした。
上野優華ファンの皆様にも気に入っていただけると嬉しいです。

■「こっちをむいて」Music Video

■「こっちをむいて」サブスク・ダウンロードURL
https://king-records.lnk.to/konyaPR

■New Release
Mini Album「今夜あたしが泣いても」
2020年3月18日(水)発売

上野優華 ミニアルバム『今夜あたしが泣いても』初回限定盤ジャケット写真

【初回限定盤】
KICS-93902 (CD+DVD)/3,200円+税

[DVD収録内容]
「迷子」Music Video
「あなたの彼女じゃないんだね」Music Video
アーティスト写真撮影メイキング映像

上野優華 ミニアルバム『今夜あたしが泣いても』通常盤ジャケット写真

【通常盤】
KICS-3902 (CD Only) / 2,200円+税

[CD収録内容]※初回限定盤・通常盤共通
1. こっちをむいて (作詞:コレサワ / 作曲:コレサワ)
2. 迷子 (作詞:奥華子 / 作曲:奥華子)
3. あなたの彼女じゃないんだね (作詞:橋口洋平(wacci) / 作曲:橋口洋平(wacci))
4. 冬色シルエット (作詞:岩里祐穂 / 作曲:aokado)
5. メロンパンのうた (作詞:わたなべだいすけ(D.W.ニコルズ)・上野優華 / 作曲:わたなべだいすけ(D.W.ニコルズ)/ 編曲:鈴木健太(D.W.ニコルズ))
6. 私の歌 (作詞:中尾孝年&ファンの皆さん / 作曲:木村美保)
7. おぼろ月の夜に (作詞:古内東子 / 作曲:松本俊明)

CD購入特典:オリジナルステッカー
▼対象店舗はこちら▼※特典は数に限りがございます。無くなり次第終了となります。
https://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t12007/

■ジャケットイラスト:青春bot
Instagramをホームに、青春の甘酸っぱいあるあるをイラストと言葉にして毎日投稿を続け、若い女性を中心にフォロワー10万人を超える大人気イラストレーター。

イラストは、どこか懐かしい色づかいとタッチで描かれ、淡い青春を彷彿させるような雰囲気をもつ。
人物に表情がないのも特徴であり、イラストを見た人に様々な感情を与えている。
イラストに添えられる言葉も、人々の心を共感させる魅力が溢れている。

Instagram @seisyunbot
Twitter @seisyunbotdesu

■LIVE INFORMATION
『上野優華 LIVE TOUR 2020 ~今夜あたしが泣いても~』
5月24日(日)神戸 クラブ月世界
6月12日(金)名古屋 BL café
6月14日(日)横浜 Yokohama O-SITE
6月27日(土)千葉 ANGA
7月11日(土)徳島 シビックセンター さくらホール
7月19日(日)東京 KANDA SQUARE HALL 【Debut 7th Anniv. SP!!】

<OPEN/START>
神戸・東京    16:30/17:00
名古屋      18:30/19:00
横浜・千葉・徳島 16:00/16:30

<TICKET>
東京公演以外 自由席¥4,500(税込、ドリンク代別)
東京公演   指定席¥5,500(税込、ドリンク代別)

<MEMBER>
Vocal:上野優華 / Guitar: 曽根巧 / Keyboard:成瀬篤志(ghoma)

<<オフィシャル2次先行>>
LINE TICKET:3月7日(土)18:00〜3月15日(日)23:59

<<チケット一般発売日>>
4/18(土)12:00〜

■PROFILE

上野優華

上野優華

上野優華(うえの・ゆうか)
徳島県出身、1998年2月5日生まれ。

2012年、キングレコード×講談社主催のボーカルオーディションにおいて、1万人を超える応募者の中からグランプリを獲得。翌2013年、映画の主演・主題歌でデビュー。以降、コンスタントにリリース、LIVE活動を展開する一方、ドラマ・映画「トモダチゲーム」や「人狼ゲーム」などの人気作でメインキャストを務めるなど、歌手・女優の活動を中心に多方面で活動を続ける。また、2017年からはベトナムを中心としたアジア圏での活動も精力的に行っている。2018年にリリースした「好きな人」のMVがYouTubeで260万回再生を越え、1000件を超える若い世代からの書き込みが殺到。以後、心に沁みる歌声から「いま、泣ける声」と称されている、今一番注目されているシンガー。

■HP : http://yuuka-ueno.com/
■TikTok:@yuuka_official  https://vt.tiktok.com/jfB3aE/
■Twitter : @yuuka_official https://twitter.com/yuuka_official
■Instagram : yuukaueno0205 https://www.instagram.com/yuukaueno0205/
■YouTube Channel: https://www.youtube.com/yuukaueno
■LINE : @yuuka_ueno

こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
 
こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
日刊エンタメクリップ
タイトルとURLをコピーしました