鶯籠 駄好乙「お前らもさらけ出せるよな!」ゲスト・競泳○○が飛び出した!初のLIQUIDROOMワンマン開催!

アイドル ニュース ライブアイドル

5人組アイドルユニット『鶯籠』(とりかご)が2月7日(金)東京・恵比寿LIQUIDROOMにて、鶯籠 2nd ワンマンライブ「修羅場」を開催。2月19日(水)にリリースとなるメジャーデビューシングル『FLY HIGHER AGAIN』をはじめ、全13曲をパフォーマンスした。

今回は『FLY HIGHER AGAIN』の作曲を担当したRENO (ex.ViViD)がアンコール2曲にギタリストとしてのゲスト参戦や、一部メンバーが競泳水着でのパフォーマンスをするなど、これまでにない仕掛けに会場が大きな盛り上がりを見せた。

シリアスな『overture』のBGMと共に『鶯籠』のメンバーがステージに登場。メジャーデビューシングル『FLY HIGHER AGAIN』からライブはスタート。オープニングから『FLY HIGHER AGAIN』の選曲にフロアの熱気が序盤から最高潮に。MCではメンバーの自己紹介へと移り、ʚ✞ばんぱいあ✞ɞが「1曲目から飛ばしていきましたよね」と熱気漂うフロアの感想を話した。

続いて、PINOCOの「早速突っ走っていけますか?」という煽りと共に、シリアスな雰囲気を纏う『泪』『JAM』『嘴』の3曲へと進む。怒涛の3曲連続披露の後、駄好乙が「ここまで飛ばして来ましたが、汗だくだくですか?」とメンバーに問いかける。それに、ʚ✞ばんぱいあ✞ɞがすかさず「暑かったらどうするの?」と口数の少ない点点へ投げかけると「脱ぐしかないじゃないですか!」とコメント。その意外なコメントに会場からは歓声が上がり、事前に告知されていた今日限定の特別衣装の“競泳○○”(駄好乙はランニングウェア、他の4人は競泳水着)をファンに披露した。駄好乙の「ここまでさらけ出したんだから、お前らもさらけ出せるよな!」の煽りと共に怒涛のクライマックスへ。

『1945 A.D.』『自分で蒔いたの。種を。』『鶯演義』『summer snow』を披露した後、からあげの「鶯籠はLIQUIDROOMは初めてなんですよね」と話し、初めて鶯籠を見に来た観客の話題に。

本編ラストとなる2曲『GOMIBAKO』『鶯肌』を披露し、「すごいあっという間」とメンバーが感慨に浸っているところ、ファンからサプライズの花束のプレゼントが手渡される。その後、メンバーとバンドメンバーがファンと共に記念撮影を行った。

アンコールでは、事前にアナウンスされていたメジャーデビューシングル『FLY HIGHER AGAIN』の作曲を担当するRENO (ex.ViViD)がゲストギタリストとしてステージに呼び込まれる。メンバーとのクロストークの後、RENOを招いた”今回だけのスペシャルなバンド編成”にて『黒い雨』『FLY HIGHER AGAIN』の2曲を披露。駄好乙が「RENOさんに作曲して頂いた『FLY HIGHER AGAIN』、鶯籠の既存曲『黒い雨』めっちゃかっこよかったです!」と興奮気味に話し、「今日来て頂いたみなさま本当にありがとうございました!」とファンに向けて感謝の言葉を述べた。メンバーがステージ上から退場し、鶯籠にとって特別な意味を持つ鶯籠 2nd ワンマンライブ「修羅場」が終了した。

撮影:斉藤明

◆ライブ概要
ライブ名:鶯籠 2nd ワンマンライブ「修羅場」
日程:2月7日(金) / 開場 18:30 開演 19:30
会場:恵比寿LIQUIDROOM

◆セットリスト
M1.overture
M2.FLY HIGHER AGAIN
MC
M3.泪
M4.JAM
M5.嘴
MC
M6.1945 A.D.
M7.自分で蒔いたの。種を。
M8.鶯演義
M9.summer snow
MC
M10.GOMIBAKO
M11.鶯肌

<アンコール>
EN1.黒い雨
EN2. FLY HIGHER AGAIN

<ライブ告知> ※全曲50曲ライブ※
ライブ名:修羅場 - 禁 –
日程:2月8日(土)
開場 15:10 開演 15:45 終演予定 19:15
会場:代官山UNIT

チケット料金(ドリンク代 ¥600は別途必要となります)
★2/7(金)開催・鶯籠 2nd ワンマンライブ「修羅場」
チケットの半券をお持ちの方は入場無料!
★当日チケット:¥4,990

◆鶯籠(とりかご)とは


2018年2月18日結成。
東京・鶯谷を拠点に活動する、 PINOCO、ʚ✞ばんぱいあ✞ɞ、からあげ、点点、駄好乙からなる5人組アイドル。
アグレッシブなライブパフォーマンスに定評があり、多くのアイドルファンから“次に来るアイドル”の候補に必ず挙がるグループとなっている。 3枚のフルアルバムを既にリリースし、持ち曲は既に50曲となる。
今年の2月には「週刊ヤングジャンプ」にてメンバー全員が巻末グラビアを飾る。
6月22日から東京・渋谷クラブクアトロを皮切りに、『鶯籠 東名阪ツアー2019,夏「若者のすべて」』を開催。
9月23日開催の目黒鹿鳴館公演よりバンドセットライブもスタートし、ライブ精度が向上中。2月7日には恵比寿LIQUIDROOMにてワンマンライブを実施。

◆鶯籠 オフィシャルHP/Twitter
オフィシャルHP: https://toricago.info/
オフィシャルTwitter: https://twitter.com/toricago_o

◆リリースインフォメーション
2020年2月19日(水) 発売
メジャーデビューシングル「FLY HIGHER AGAIN」

作詞:ふなっしー/作曲:RENO(ex.ViViD)が担当

KIZM649〜50
CD+Blu-ray/¥2,000+tax
[CD]
M1.FLY HIGHER AGAIN
M2.壊す力は、生む力
M3-4. M1-2 off vocal ver.
[Blu-ray]
M1.FLY HIGHER AGAIN live clip

KICM-2034
CD Only/¥1,182+tax
[CD]
M1.FLY HIGHER AGAIN
M2.壊す力は、生む力
M3-4. M1-2 off vocal ver.

ジャケット写真はDIR EN GREY や BABYMETALなど
数々のアーティストを手掛けた 依田耕治 が担当。

タイトルとURLをコピーしました