NGT48 本間日陽がソロコンサートで二十歳の決意として一挙20曲連続披露!

1月25日、AKB48グループ 2020TDCライブ祭り『NGT48 本間⽇陽ソロコンサート 〜来いっしゃ︕ひなたまつり〜』が行われた。

スポンサーリンク

NGT48 劇場にてソロ公演の開催経験もある本間⽇陽が、TDC ホールを舞台についにソロコンサートを開催。前座コーナーには、この⽇のバックダンサーを務める新潟県出⾝の研究⽣・⼤塚七海(新潟市)、佐藤海⾥(新潟市)、寺⽥陽菜(新潟市)、諸橋姫向(弥彦村)の 4 名が登場。⾃⼰紹介とパフォーマンスを 2 曲披露し、ハツラツと先輩の晴れのステージを開演前から盛り上げるとともに華を添えました。

いよいよ本編スタート。お祭らしく、はっぴを⽻織った本間がトロッコに乗って、「ひなたまつり、いくぞー︕」と威勢良く登場。“眩しい太陽の下ノリノリで⾏こうよ”と、⾃⾝の名前の由来となっている太陽が歌詞に⼊った「ひなたフェスティバル(「AKB48 フェスティバル」のアレンジ)」を披露し、幕開けから会場をお祭りの雰囲気に包みました。

その後も、⾃⾝が初選抜⼊りした AKB48 シングル曲「#好きなんだ」、新潟の⽥園⾵景や雪景⾊の映像を背負っての「Max とき 315 号」、AKB48 でも珍しい盆踊り楽曲「⼀歩⽬⾳頭」などを、艶やかな浴⾐姿などの多彩な⾐装早替えを交えながら、またお⾯や太⿎や輪投げなどお祭りらしい⼩道具も取り⼊れながらパフォーマンスを続けました。

本間のパフォーマンスは途切れることなく、オープニング「ひなたフェスティバル」から「チーム321 推し」まで、“⼆⼗歳メドレー”として 20 曲連続におよぶ怒涛のセットリストとなりました。20 曲を完⾛すると「⻑かったですよね…」と息切れしながも、本間は「村上市はお祭りが有名。お祭りの街に⽣まれたからソロコンサートができると聞いた時は、“お祭りしかないっしょ︕”と決めました(⼀部抜粋)」と語り、新成⼈になってさらに強くなった故郷への思いをコンサートのコンセプトに込めたことを明かしました。

中盤では、ステージに⽴ち続けていた本間の姿が消えてしまう場⾯が。このピンチに村上市の観光キャラクター・サケリンがモニターに登場し本間を捜索。サケリンは本間を探しつつも「イヨボヨ会館」「おしゃぎり会館」「村上市スケートパーク」など村上市の施設をちゃっかり PR(村上市は〈3 つのさけである、鮭、酒、情け〉を⼤切にしています)。すると、2 階席に颯爽と登場した本間が「ニカイニイルヨ︕」と「ナニカガイル」を各階を⾛って移動しながら披露し、ファンの近くまで笑顔を届けました。

「唇 触れず…」では、特別ゲストとして AKB48 福岡聖菜と HKT48 豊永阿紀が参加。本間を含めた 3⼈は、2018 年の AKB48 グループユニットじゃんけん⼤会に“ポメとミケとキツネ(通称:PMK)”というユニットを結成して出場したほどの仲。グループの垣根を超えた⼤の仲良しトリオが揃い、「会場に来て2 ⼈の顔を⾒て嬉しかった」と安⼼した表情の本間に対し、2 ⼈は「私たちの前だと⽢えたがりだけど、NGT48 単独コンサートの時は本当にメンバーを引っ張っていた」と、親友⽬線での本間の⼀⾯を紹介するとともに、その舞台裏の努⼒と頑張りを讃えました。

終盤には、ソロコンサートに臨むにあたり、「めちゃめちゃ緊張していました。(AKB48 として活動のため新潟を離れる機会も多く)⾃分はこのグループ(NGT48)の中でどうやっていくか葛藤していた時期も多くて。でも、その先に楽しい何かがあるって、それに気づけた 1 年だったなと思います」と悩んだ⽇々があったことを告⽩。しかし同時に、⼆⼗歳の⽬標として「村上市でもっともっとお仕事がしたい。⽣まれ育った街ですし。村上市に貢献したいな、新潟をアピールしたいなと。みなさんにも、私の原点に是⾮是⾮遊びに来て欲しいなと思います(⼀部抜粋)」と溢れる地元愛を前向きに語りました。

本編最後は、「これまでの出会いへの感謝とこれからの出会いに期待を込めて」とファンの皆様や仲間への感謝の気持ちを乗せて、「草原の奇跡」を歌い上げました。

アンコールでも本編に続き途切れることなく会場に響きわたる“ひなた︕”コールに応えるように、本間は最後の最後まで笑顔を絶やすことなくパフォーマンス。「NGT48 メンバーみんなでコンサートができるように頑張っていきたい」とこれからの意気込みを⼒強く語るとともに、ステージを降りるギリギリまで「ありがとうございましたー︕」「これからも頑張っていきます︕」と“新潟の太陽”と称される弾ける笑顔で挨拶し、⾃らの⼤きな⽬標であった夢のステージをやり遂げました。

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS