富山県地域発信型映画「#放生津カンタータ」にNGT48 中井りか 三村妃乃 古舘葵 安藤千伽奈 小越春花の出演が決定!

1月23日、富山県地域発信型映画「#放生津(ほうじょうづ)カンタータ」の制作発表会見が映画の舞台となる富山県射水市にて行われた。

スポンサーリンク

本作は完全描き下ろしのオリジナルストーリーで、射水市、射水市観光協会、射水商工会議所、射水青年会議所、富山ロケションオフィスなどから集まった映画製作実行委員会の協力のもと、金森正晃監督(富山県出身)がメガフォンをとる。

キャストにはNGT48 の中井りか(富山出身) 同じく NGT48 研究生の三村妃乃(主演)、古舘葵(主演)、安藤千伽奈、小越春花が決定。

お芝居以外にも主題歌、劇中のアカペラ、ピアノ伴奏、踊ってみたの振り付けなどにも挑戦する。

三村妃乃(主演)コメント

主役をさせてもらえると聞いておどろいております。演技には挑戦してみたかったので嬉しく思っております。私は主人公、那古と同じく高校時代、合唱部に所属していたので歌うことが大好きです。当時の気持ちと那古の気持ちをシンクロさせて素敵な作品に仕上がるように頑張ります。

古舘葵(主演)
私の役は、東京から富山に引っ越してくると言う役でNGT48に入った時も、東京から新潟に転校してきた経験があります。役でピアノを弾くシーンがあるので8年間、習ったピアノの経験をしっかり活かせるように頑張ります。

安藤千伽奈
姫(中井)のことが大好きでそんな姫の地元でお仕事ができるのが楽しみです。精一杯頑張ります。よろしくお願いいたします。

小越春花
春花村村長はすごいな!っていってもらえるように頑張りたいと思います。富山県の皆さんにも春花村の村民になってもらえるようにがんばるので応援よろしくお願いします

中井りか(富山県出身)
後輩とがっつり演技の仕事するのは初めてで嬉しい。富山のことをもっとたくさんの人に知ってもらいたいのでこの作品に貢献できるように頑張ります。

金森正晃
#放生津カンタータは、卒業間近の高校生が射水市の内川を元気に走る青春ドラマになっています。東京へ夢を追ってチャレンジしようとする人、疲れて田舎で生活したい人いろんな想いが交差する内容になっています。地域のいろんな人と地域のために作る映画#放生津カンタータ。今までの地域映画とは一味も二味も違う内容になっていますのでぜひ沖縄でご覧ください。