ポスギャル安斉かれん、パラレル・リリース第二弾「誰かの来世の夢でもいい(Prod.by Carpainter)」を本日サブスクリプション音楽ストリーミング配信限定でリリース!

スポンサーリンク
アーティスト ニュース 新着ニュース

ポス(ポストミレニアル)ギャル』と呼ばれる次世代アイコンとして注目を集めている安斉かれんが、本日、国内外に多くのファンを持つ気鋭のレーベルTREKKIE TRAXの主宰者の一人 “Carpainter” プロデュースによる「誰かの来世の夢でもいい (Prod.by Carpainter)」をリリースした。

安斉かれん / 誰かの来世の夢でもいい (Prod.by Carpainter)

パラレル・リリースとは、「メロディ」と「歌詞」をより多種多彩に楽しんでもらうために、

新たなサウンド・デザインとビジュアライゼーションを施した、これまでにない新たな聴き方を提案するリリース形態。

既にVer.1としてリリースされている「誰かの来世の夢でもいい (Prod.by ats-)」は、壮大な展開が特徴的なミドル・バラードだったが、今回は緻密に刻まれるビートとギターが織りなすメロディアスな2 Stepスタイルポップスに仕上がった。

ジャケット写真はAmber RoseやRihannaなどを次々とシュートし、世界から注視されているフォトグラファー「CHARLOTTE RUTHERFORD (シャーロット・ラザフォード) 」によるもの。日本からは「RGB_Light」などのアート作品を手掛けるアートディレクター「河野未彩」、唯一無二のフィロソフィでストリートを牽引するスタイリスト「RISA“RIBBON”KATO」、コラージュアーティストとしても活躍するヘアメイク・アーティスト「TORI.」らが集結し、L.A.で撮影された。

「誰かの来世の夢でもいい(Prod.by Carpainter」は、本日1月22日(水)より、音楽サブスクリプションサービス限定で配信スタート。

■Carpainter(カーペインター)プロフィール

エレクトロ・ミュージシャン/DJ

Bass music/Techno musicといったクラブ サウンドを軸に制作した個性的な楽曲は、国内外問わず高い評価を得ており、これまで自身 の主宰するレーベル「TREKKIE TRAX」や「Maltine Records」よりEPをデジタルリリース、 また、Porter Robinson、tofubeats、初音ミクといったアーティストにRemix提供など行っているほか、2016年には三浦大知の「EXCITE」の作曲・編曲を共同で手掛け、同楽曲はオリコンシングルチャート1位を記録した。 国内だけにとどまらず、フィンランドの「Top Billin」やイギリスの「L2S Recordings」「Heka Trax」「Activia Benz」などからもリリースを行ない、イギリスの国営ラジオ局「BBC Radio1」や「Rinse.fm」「Sub FM」でも楽曲が日夜プレイされている。また中国や韓国、アメリカでのDJツアーも敢行した。

<安斉かれんInformation​>

■パラレル・リリース

第二弾

1月22日(水)リリース

『誰かの来世の夢でもいい (Prod.by Carpainter) 』楽曲配信はこちらから

https://avex.lnk.to/anzaikaren_dareyume_carpainter

サブスクリプション音楽ストリーミングサービス限定で配信中。

第一弾
『人生は戦場だ (Prod.by TAKU INOUE) 』楽曲配信はこちらから
https://avex.lnk.to/anzaikaren_jinsei_TAKUINOUE
サブスクリプション音楽ストリーミングサービス限定で配信中。

■デビュー3部作

DEBUT SINGLE 「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」
https://avex.lnk.to/kalenanzai_sekai

2nd SINGLE 「誰かの来世の夢でもいい (Prod.by ats-)」
https://avex.lnk.to/anzaikaren_darekano

3rd SINGLE「人生は戦場だ (Prod.by ats-)」
https://avex.lnk.to/anzaikaren_jinsei

■安斉かれんInstagram:https://www.instagram.com/kalenanzai/
■安斉かれんOFFICIAL SITE:http://kalenanzai.com/
■安斉かれんYouTube:https://www.youtube.com/channel/UCOFXUN-4bc36S1hEhdl3MIg

こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
 
こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
日刊エンタメクリップ
タイトルとURLをコピーしました