米津玄師 「米津玄師 2020 TOUR / HYPE」台北・上海公演が開催決定

スポンサーリンク
アーティスト ニュース 新着ニュース

2019年年間ランキングにおいては、アーティストランキングおよび楽曲ランキングを合わせて33冠を達成した米津玄師が、来月からスタートする自身最大規模のアリーナツアー「米津玄師 2020 TOUR / HYPE」の追加公演として、台北・上海での海外公演を行うことを発表した。

photo by 山田智和

同ツアーは、日本国内にて2020年2月1日の和歌山公演を皮切りに、4月5日の北海道公演まで全国10会場20公演を実施。

今回、その追加公演として新たに決定した海外公演は、4月18日の台北アリーナと、4月29日の上海メルセデス・ベンツアリーナの2都市。米津にとっては2度目の海外公演となる。

米津玄師としてだけでなく、「パプリカ」英語バージョンが全世界に向け配信スタートするなど、日本だけでなくアジアを中心に全世界から多くの支持を集める米津玄師。2020年も圧倒的な楽曲パワーで突き進む米津の動向から目が離せない。

photo by 山田智和

台北公演
公演名:『米津玄師 2020 TOUR / HYPE IN TAIPEI』
英語名:Yonezu Kenshi 2020 TOUR / HYPE IN TAIPEI
日程:2020年4月18日(土)
時間:16:00 OPEN / 17:00 START
会場:台北小巨蛋(台北アリーナ)
チケット料金:NT$4,500 / 3,900 / 3,600 / 2,400 / 1,800 / 800
主催:超級圓頂娯樂 / 大鴻藝術BIG ART
問い合わせ窓口:https://www.facebook.com/bigart.tw/

photo by 山田智和

上海公演
公演名:『米津玄師 2020 TOUR / HYPE IN SHANGHAI』
中国語名:米津玄师 2020 巡演 上海站
英語名 :Yonezu Kenshi 2020 TOUR / HYPE IN SHANGHAI
日程:2020年4月29日(水)
時間:18:30 OPEN / 20:00 START
会場:上海メルセデス・ベンツアリーナ
チケット料金:1680元 / 1280元 / 780元
主催:STAR GROUP上海星族文化艺术发展有限公司
問い合わせ窓口:http://www.newstargroup.com.cn/

■米津玄師 2020 TOUR / HYPE 公演概要
2月1日(土), 2日(日) 和歌山県:和歌山ビッグホエール
2月8日(土), 9日(日) 福井県:サンドーム福井
2月15日(土), 16日(日) 神奈川県:横浜アリーナ
2月22日(土), 23日(日) 広島県:広島グリーンアリーナ
2月27日(木), 28日(金) 宮城県:宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
3月7日(土), 8日(日) 三重県:三重県営サンアリーナ
3月11日(水), 12日(木) 大阪府:大阪城ホール
3月17日(火), 18日(水) 埼玉県:さいたまスーパーアリーナ
3月25日(水), 26日(木) 福岡県:マリンメッセ福岡
4月4日(土), 5日(日) 北海道:北海きたえーる

■「馬と鹿」Music Video
https://youtu.be/ptnYBctoexk

■「米津玄師 2019 TOUR / 脊椎がオパールになる頃」 LIVE
https://www.youtube.com/watch?v=HUKDl1MxxDQ

■米津玄師 プロフィール

KENSHI YONEZU 本名(別名 ハチ)
シンガーソングライター、イラストレーター

2018年、TBS金曜ドラマ「アンナチュラル」の主題歌として「Lemon」を書き下ろし、日本の音楽史に残る大きな記録を更新し続けている。Billboard JAPAN年間チャート首位を、同一楽曲で2年連続記録したことは日米初の快挙として、Billboard本国でも大きく取り上げられた。ミュージックビデオは、5億再生を超え、日本レコード協会にて「史上最速」の300万DL認定、カラオケ85週連続1位、「第96回ドラマアカデミー賞」にて【最優秀ドラマソング賞】など数々の記録を打ち立てた。2018年、紅白歌合戦へ初出場し、翌年2019の年間ランキングにおいても、33冠を獲得。

昨年は、TBSドラマ「ノーサイド・ゲーム」の主題歌として、「馬と鹿」をリリース。リリース後間もなく、フィジカル・デジタル合計100万セールスを突破するという記録を樹立(CDセールスは491,836枚、デジタルでは689,497ダウンロード、2019年10月27日までの累計、ビルボードジャパン調べ)。また、ラグビーワールドカップの日本開催に伴い、当曲が試合会場や、試合の放送時に多く流れ、2019年を代表する1曲として支持を集めることとなった。

また近年、プロデュースワークも幅広く手がけており、2020年とその先に向けて、頑張っているすべての人たちを応援するプロジェクトとして、こどもユニット「Foorin」を結成し、楽曲「パプリカ」を作詞・作曲・プロデュース。子供たちの間で最も人気のあるキッズソングとして、社会現象に。のちに、米津によるセルフカバーを発表し、昨年はFoorin「パプリカ」が「日本レコード大賞」大賞を受賞、「紅白歌合戦」への初出場をおさめ、新たに英語バージョンの、Foorin team E 「Paprika」が発表された。
合わせて、友人である菅田将暉のために、「まちがいさがし」を作詞・作曲・プロデュース。
そして12月には、「NHK2020ソング」として、楽曲「カイト」を制作し、嵐により、紅白歌合戦にて初披露が行われた。

また、MVに関しては、「Lemon」が5億再生突破と日本人アーティスト初の記録を更新し続けているだけでなく、1億再生が9作品という圧倒的な記録を達成し(『Lemon』『アイネクライネ』『LOSER』『ピースサイン』『灰色と青(+菅田将暉)』『orion』『Flamingo』『打上花火』『パプリカ』)、公式YouTubeチャンネル登録者数は469万人を突破している。

■オフィシャルHP
http://reissuerecords.net/
■米津玄師 公式twitter URL
https://twitter.com/hachi_08

こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
 
こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
日刊エンタメクリップ
タイトルとURLをコピーしました