AKB48 57thシングルのセンターは山内瑞葵&AKB48グループ リクエストアワーセットリストベスト50 2020 1位はHKT48のユニット曲「ロマンティック病」

1月19日、20日、AKB48グループ 2020TDCライブ祭り「AKB48リクエストアワーセットリストベスト50 2020」が2日間にかけて行われ、1位に「ロマンティック病」が選ばれた。

横山由依が「これが来ると年が明けたなという感じですね」と語った通り、1月の風物詩にもなっている国内のAKB48グループメンバーが一堂に会するリクエストアワー。

ファンの皆様からの投票で決定した楽曲をランキング形式で披露するコンサートです。今年は対象曲が1246曲にもなり、その上位約0.4%にあたる、まさにベストなセットリストとなる50曲が発表されました。

3位は昨年1位のチーム8「47の素敵な街ヘ」。東京代表の小栗有以が「素敵な景色を見るこができて嬉しかったです。新しいメンバーも入ったので、2020年のチーム8もよろしくお願いします。」と笑顔で2020年のさらなる躍進を誓いました。

2位は「今日は負けでもいい」。NGT48研究生(2期生とドラフト3期生)の楽曲が昨年の13位から一気に飛躍し2位に。

メンバーを代表して挨拶をする予定だった安藤千伽奈が涙で言葉を詰まらすと、しっかりものの高橋七実が「これを機会にNGT48の研究生を知ってほしいってさっき話し合ったんだよね」と優しくサポートし、研究生の結束ぶりをうかがわせました。

そして、今年の映えある1位は、HKT48の田中美久、松岡はな、田島芽瑠によるユニット曲「ロマンテイック病」。

パフォーマンス中には、田中が「美久にとって大切な曲がみなさんにとっても大切な曲になったら嬉しいです。みんな大好きだよー!」と叫び、投票してくださった皆様ヘの感謝の気持ちを全身で表現。

ひな壇にいたHKT48メンバーも全員がステージに降りて3人を囲み、HKT48の楽曲が初めてリクエストアワーで1位の栄冠に輝いた快挙を喜び合いました。

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

またアンコールではAKB48 57thシングルのリリースもサプライズ発表され、センターに16期生の山内瑞葵が抜擢!

センターヘの意気込みを総監督の向井地美音に訊かれると「本当に今の状況を理解できていないl状況で…。私は入っていないのかなって思ったら、まさかの(センターが)私だったので、本当に震えが止まらないんですけど、選んでいただいたからには本当に全力で、必死に私らしく、前向きにAKB48をあの、楽しく、元気に・・・。みなさんに見てもらえるように頑張りたいと思います。」とみんなに愛される“ずっきー”らしくたどたどしくも初々しく謙虚にセンターへの意気込みを語った。

AKB48 57thシングルは2020年3月18日発売。

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

タイトルとURLをコピーしました