エビ中、TBSラジオ「アフター6ジャンクション」1月27日(月)放送に出演決定! 新作「playlist」を携え、ゲストミュージシャンにポセイドン・石川を迎えてのスタジオ生ライヴを披露! 更に昨年6月初出演時の圧巻のパフォーマンス、19分間ノンストップメドレーも同日配信リリースが決定!

私立恵比寿中学 (略称:エビ中) が、1月27日(月)TBSラジオ「アフター6ジャンクション」(略称アトロク)のスタジオ生ライヴコーナー「LIVE & DIRECT」に出演することが決定した。昨年6月に初出演以来、二度目となる。

エビ中は、昨年2019年、結成10周年アニヴァーサリーイヤーを迎え、12月18日には年間2枚目となるフルアルバム「playlist」をリリースしたばかり。

石崎ひゅーい、iri、川谷絵音、PABLO、ビッケブランカ 、ポセイドン・石川、ポルカドットスティングレイ、マカロニえんぴつ、など豪華アーティストが参加し、各Weeklyチャートで1位を獲得したこの注目作を携えての再登場となる。

今回は、同アルバム収録曲「シングルTONEでお願い」の作詞・作曲・編曲を手がけ、エビ中初の本格的な《シティポップ》をプロデュースしたポセイドン・石川をゲストミュージシャンに迎えての生ライヴが実現する。キーボーディストとしても定評のあるポセイドン・石川とエビ中の貴重なセッションは必聴の内容となっている。

更に昨年2019年6月に同番組に初出演し話題となった、19分にも及ぶノンストップメドレーの圧巻のパフォーマンスが「EBICHU After 6 Session mixed by CMJK ( live at AFTER 6 JANCTION )」として、同日1/27(月) より各配信ストアにてリリースされることが決定した。トラックは「アフター6ジャンクション」出演用にCMJKがメガミックスしたエビ中メドレーとなっている。こちらもファンには嬉しいアイテムとなりそうだ。

<ポセイドン・石川 プロフィール>

敬愛してやまない”あの方”風に歌う楽曲の完成度が高すぎることで世間をにわかに騒がせているポセイドン・石川。

ジャズにインスパイアされたピアノテクニックとCityPopsを融合させたスタイルは唯一無二の存在感を放つ。

ポセイドン・石川が不定期に発表するカバー動画の数々に寄せられるコメントは、「腹立たしいけど前向きになれる。元気が出た」、「なんか笑っちゃうけど完成度が高すぎて、最後には感動する」などの感想も多く寄せられる。

2019年2月、日本コロムビアよりメジャーデビュー。FUJI ROCK FESTIVAL’19への出演も果たす。性格はとにかく真面目。

タイトルとURLをコピーしました