STU48 1/29発売 4thシングル「無謀な夢は覚めることがない」を初披露!新体制も発表!!

スポンサーリンク
48グループ アイドル ニュース ライブアイドル 新着ニュース

1月18日、AKB48グループ 2020TDCライブ祭り『STU48選抜メンバーコンサート~東京には染まらず帰ります。~』が行われた。

1月29日リリースの4thシングル『無謀な夢は覚めることがない』からライブはスタート。リズミカルなBGMと共に24名のダンサーとミュージックビデオさながらの大迫力なパフォーマンスを披露しました。『風を待つ』『思い出せてよかった』といったSTU48らしさが詰まった曲を披露し、『ペダルと車輪と来た道と』で元気よく怒涛の4曲を締めくくりました。

MCでは4thシングル「無謀な夢は覚めることがない」の話題に。大谷満理奈と矢野帆夏が今回16人選抜に初めて選ばれたということに触れ、矢野が「ミュージックビデオの撮影は過酷と聞いていましたが、嘘じゃなかったんだなと思いました。本当に寒かった…!」と話し、岡田奈々が「今まで経験してきたミュージックビデオ撮影の中で一番過酷でした!」と真冬の海で裸足で踊り続けた撮影のエピソードを話しました。

続いては全国ツアーなどで披露してきているユニット楽曲のコーナーへ。それぞれのメンバーの個性が光る内容を披露し、沖侑果が「『記憶のジレンマ』はダンスが苦手なメンバーが集まっていたので、やっと一息つけました。」とステージの裏側でのエピソードを話しました。

薮下楓の「次はソロ曲に挑戦します!」と共にメンバーの特技が生かされるソロ曲コーナーへと移り、門脇実優菜は『剛と柔を表現したナンバー』として『UZA』を、中村舞は特技のバレエを活かした『孤独なバレリーナ』を披露するなど、メンバーの個性が更に輝くコーナーとなりました。瀧野由美子のサックス演奏と岡田奈々の歌い出しから始まった『瀬戸内の声』を終え、瀧野が「奈々さんと2人で『瀬戸内の声』を一緒にやるのは初めてなのでとっても嬉しいです」と話し、ソロコーナーに挑戦した各々のメンバーもステージでの緊張感を話しました。後半戦は『制服の重さ』『原点』『レモンジュース』を披露し、更に会場の熱気を上げていきました。

続いては『答えを揃えて・瀬戸内プレゼン』のゲームコーナーへ。“瀬戸内の〇〇といえば?”のお題に合わせて全員同じ答えを合わせ、少数派の答えを書いたメンバーがクエン酸が入ったすっぱいレモンジュースを飲むというもの。あまりのすっぱさに上手くリアクションがとれないメンバーが多発する結果となりました。

ラストスパートはSTU48のデビュー曲『暗闇』などの4曲に続き、3rdシングルの表題曲『大好きな人』を披露し本編を締めくくりました。

アンコールに再びステージに登場したメンバーは「STUフェスティバル」「君のことが好きだから 広島弁ver.」などの賑やかな楽曲で再び会場の熱気を上げていきます。

その後、今日のライブの感想として、岡田が「2年前のTDCホールでの単独コンサートの時は、スタッフさんにも怒られてばかりで、よく分からないままこのステージに立っていたと思います。でもこの2年間で、メンバー一人ひとりが成長していて、そばで見ていて頼もしいなと思うことが増えました。」と話し、「間もなく結成3周年ということで、STU48も、もう一歩前に進まなければいけないなと思い、新キャプテンを発表させていただきます」という切り出しから発表が。新キャプテンとして今村美月が、副キャプテンとして福田朱里が指名されました。今村は「キャプテンのかたちはたくさんあると思うので、自分らしく大好きなSTU48をもっともっと素敵なグループにしていけるように頑張ります!」と、福田は「初め聞いた時は驚いて不安でいっぱいだったのですが、キャプテンのみちゅを支えられるように、そしてファンの皆さんにもSTU48を応援しててよかったなと思っていただけるように力を尽くしたいと思います。」と感想を話し、STU48の新体制の発足に応援ムードに包まれました。

ラストはSTU48の一番の盛り上がり楽曲『夢力』を披露し、ファンの大歓声と共に約2年振りのTOKYO DOME CITY HALLでの単独コンサートは幕を閉じました。

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
 
こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
日刊エンタメクリップ
タイトルとURLをコピーしました