NGT48 厳しい合宿を乗り越えて挑んだ単独コンサート。16 名がステージで今持てる全てを披露。

1月18日、AKB48グループ 2020TDCライブ祭り「NGT48 選抜メンバーコンサート 〜TDC 選抜、合宿にて決定。初めての経験〜 」が行われた。

NGT48 にとって 3 度⽬の TDC ホールコンサートは、新潟のグループらしく雪が舞う中での開催。今回は選抜 16 名の出演となり、そのメンバーを決定するため、昨年 12 ⽉に地元・新潟で 3 ⽇間にわたる合宿が⾏われました。

コンサート冒頭で、合宿の様⼦を上映。合宿は 1 期⽣と 2 期⽣(ドラフト 3 期⽣含む)が加⼊した際にもそれぞれ⾏われましたが、それらを凌ぐかつてない厳しいものとなりました。講師の⽅やスタッフから激しい檄が⾶び⼾惑うメンバー、涙しながらも励まし合うメンバー、これまでの弱かった⾃分からの脱却を誓うメンバー…次々に映し出される過酷な内容に、コンサートのオープニングとしては異例の静寂の中、会場中が固唾を飲んで⾒守っていました。

映像終了後に本編が始まると、16 名のメンバーが⾃らの⼿で勝ち取ったステージに堂々と⽴ちました。本間⽇陽の「単独コンサート、⾏くぞー︕」と気合の⼊った掛け声でコンサートがスタートし、「春はどこから来るのか?」などを披露。合宿映像上映の際とは打って変わって⼤きな歓声が響き渡ったオープニング 6 曲を終えると皆⼀様に笑顔でしたが、早くも喜びと感激からか瞳を潤ませるメンバーも。

同会場で実施された第 3 回ドフラフト会議で指名され NGT48 に加⼊した藤崎未夢は「(TDC ステージに⽴つ夢が)2 年越しで叶いました。嬉しいです」と満⾯の笑み。荻野由佳は「(今⽇ステージに⽴てなかった)16 ⼈の分も全て背負って、皆さんが喜んでいただけるように精⼀杯頑張ります︕」と仲間たちを思いながら挨拶をしました。

ユニットコーナーでは、⻑⾝を⽣かしたダンスで藤崎がセンターを務めた「奇跡は間に合わない」、中井りかと⻄潟茉莉奈が妖艶に絡み合う「Iʼm sure」など様々なタイプの楽曲が披露されました。AKB48のヒットシングル「ギンガムチェック」では、⾐装に“NGT48 らしさ”も。オリジナルでは⻘と⽩のギンガムチェックの⾐装が印象的でしたが、今回ステージで躍動するメンバーを彩ったのは「⾚と⽩」のギンガムチェック。NGT48 カラーを⾝にまとってのパフォーマンスで、1 期⽣の本間と清司麗菜とともに、2 期⽣の安藤千伽奈、川越紗彩、⼩⾒⼭沙空もキュートな存在感を放っていました。

中盤でも、NGT48 カラーを意識した演出が。「暗闇求む」は純⽩のドレス姿のメンバー8 名が、「君はどこにいる?」は真紅のドレス姿のメンバー8 名が、それぞれ披露。その後の「僕の涙は流れない」「友達でいましょう」では、16 名が⼊り混じってのパフォーマンスとなり、純⽩と真紅の⾐装が華やかにステージを彩りました。

本編ラストは、合宿の成果をダイレクトにお伝えする 2 曲で締めくくりました。AKB48 グループの中でも最も⾼いダンススキルが要求され、また合宿で課題曲にもなった「UZA」。ダンスは⼀切なく歌声だけをストレートに伝えることに徹した「MaX とき 315 号」。それぞれ、まだまだメンバーは完全に納得はしていないものの、合宿やその後のレッスンで磨いてきた全てを出し切ったパフォーマンスを⾒せました。

アンコールでは、⼩熊倫実が「たくさんの⽅の⽀えがあって、こうしてステージにたたせていただけているんだなと実感しました」と感謝の挨拶。中井りかは「本当にたくさんの⽅がいてくださったから、ついてきてくださったから、ここにまた⽴つことができたと思います。ここに⽴てなかったメンバーにも⽀えられてここにいるなと思います」とコメント。珍しく真⾯⽬なことを⾔ってしまった…と照れながらも、ファンや仲間に感謝の気持ちを優しく伝えました。

厳しい合宿を乗り越えて挑んだ単独コンサートは、選抜に⼊れなかったメンバーの思いも胸に 16 名がステージ上で今持てる全てを披露して、充実の表情で終えることができました。

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

タイトルとURLをコピーしました