市川染五郎×杉咲花がお互いをリスペクトした初共演! 役柄との共通点は?

5 ⽉ 15 ⽇公開のアニメーション映画『サイダーのように⾔葉が湧き上がる』の公開アフレコイベントが 16 ⽇、松⽵映像センターで⾏われ、歌舞伎俳優の市川染五郎と⼥優の杉咲花が参加した。

⼈とのコミュニケーションが苦⼿な俳句少年チェリーと、コンプレックスを隠すマスク少⼥スマイル。何の変哲もない郊外のショッピングモールを舞台に出逢ったふたりが、⾔葉と⾳楽で距離を縮めていくボーイ・ミーツ・ガール Story。

チェリー役の染五郎は映画初出演で初主演、しかも初声優挑戦。それだけに「歌舞伎以外の芝居経験もそこまでなかったので、不安でいっぱいでした」と⼼境を吐露しながら「⽗(⼗代⽬松本幸四郎)は『勉強になるから』と⾔ってくれたり、友達も『公開したら観に⾏くよ』と⾔ってくれたり、本当に嬉しかった」と周囲の反響を報告した。

スマイル役の杉咲は「声のお仕事は過去にやらせていただいたことがあり、お芝居とは違う難しさを痛感していたので、嬉しさの反⾯緊張もありました」と背筋が伸びる思いだが「周りのみんなは喜んでくれて、特に⺟が『公開が楽しみ』と⾔ってくれたので嬉しかったです」と満⾯の笑みを浮かべた。

役柄との共通点を聞かれた染五郎は「⾃分も⼈⾒知りなので、そういった役と共通する部分を⾃然と演技で活かすことができればと思いました」と共感を寄せて、杉咲は「スマイルの存在がチェリーにとっての憧れであり、スマイルは眩しい⼈でもあるので、そのポジションを表現できたらと演じました」と役作りを紹介した。

また染五郎は「この映画を⾒終わった後に、サイダーのような爽やかな気持ちになれるような作品にしたい」とイシグロキョウヘイ監督からメッセージを受け取ったそうで「その⾔葉がとても印象的でした」とアフレコ時の⾦⾔になったよう。杉咲は「セリフの分量も多く、スケジュールもタイトだったこともあり、監督がブースではなくスタジオに⼊って近い距離で演出してくれたのが印象的でした」と収録を振り返った。

染五郎と杉咲はこれが初共演。杉咲の印象を聞かれた染五郎は「⾃分よりもはるかに経験のある⽅なので…勉強をさせてもらいました!」とリスペクト。それに杉咲は照れつつ「染五郎君は私なんかよりも OK をもらうのが早かったし、チェリーの中にある優しさが伝わって来て、とても素敵でした」と返礼していた。

最後に染五郎は「10 代の⽅にはもちろんのこと、⼤⼈の⽅々にも当時を思い出しながら懐かしんで観てほしい」とアピール。杉咲も「⽼若男⼥問わず楽しんでもらえる作品ですが、SNS など現代的なテーマも⼊っているので、特に 10代、20 代の⽅に共感してもらえると思います。真っ直ぐな⼆⼈の思いを⾒届けていただくと、すがすがしい気持ちになれるので、より多くの⽅々に観ていただきたい」と 5 ⽉ 15 ⽇の公開に期待を込めていた。

アニメーション映画『サイダーのように⾔葉が湧き上がる』は5 ⽉ 15 ⽇(⾦)全国ロードショー!

©2020 フライングドッグ/サイダーのように⾔葉が湧き上がる製作委員会

タイトルとURLをコピーしました