AKB48 チーム B 大盛真歩 神田明神でのAKB48グループ成人式でセンター! “たくさんのファンのみなさんと交流していきたい”とファンに約束!

スポンサーリンク
48グループ アイドル ニュース パワープッシュ! ピックアップ ライブアイドル 新着ニュース

©AKS

AKB48 劇場からほど近い神⽥明神にて、令和初となる AKB48 グループ成⼈式が執り⾏われました。今年めでたく新成⼈になったメンバーは、6 グループ計 42 名です。

ステージ⾐装とはまた違った艶やかな振袖に⾝を包んだメンバーたちは、少し緊張気味に神殿⼊り。神主からの新成⼈として健やかに過ごせるようご祈祷を受け、その表情は成⼈としての⾃覚や誇りからか凛としたものでした。

ご祈祷後、早朝から集まってくださったファンに⾒守られながら、神殿を前に記念撮影。朝⽇がメンバーたちを照らし、新成⼈となった喜びの笑顔がより輝いていました。

48 グループ伝統の成⼈式を終えた 42 名は、新成⼈としての抱負や⽬標を取材陣にお伝えしました。

⼩学 6 年⽣で SKE48 に加⼊した江籠裕奈は、「まさかここまでアイドルを続けてこられるとは思っていませんでした」と感慨深げ。「たくさんの⽅に⽀えられてきたので、お返しにソロ公演をできるようになりたい」と、これからもアイドル道を極めていくことをファンの皆様に向けて約束しました。

⼩学⽣で加⼊して中・⾼・⼤とアイドルとして過ごしてきた HKT48 深川舞⼦は「勉学とアイドルの両⽴」を掲げる⼀⽅、ピン芸⼈としての顔も持つ SKE48 福⼠奈央は「お笑いとアイドルの両⽴」を掲げ、幅広いキャラクターのメンバーが揃っている世代であることが感じられました。

今⽇の記念の⽇にそれぞれが想いを込めて⽤意した振袖にも注⽬が集まりました。NGT48 本間⽇陽は、グループカラーの⾚と⽩を基調としたデザインの振袖。HKT48 村川緋杏は⼄姫様のようにキラキラしたいと“⻯宮城”をイメージした振袖。また、SKE48 北野瑠華や HKT48 豊永阿紀など、ご親族が成⼈した際に着たというそれぞれのご家庭での歴史ある振袖で晴れの⽇に臨んだメンバーも多く⾒られました。

「⼆⼗歳になって挑戦したいことは?」という質問には、HKT48 豊永阿紀の「ひとりで料理ができるようになる」、SKE48 ⽵内彩姫の「⾃動⾞運転免許を取りたい」など、⼤⼈の⼥性として⾃⽴したいという思いが現れたものが続きました。

そんな中、本⽇の成⼈式のセンターポジションを任された AKB48 ⼤盛真歩から出た⾔葉は、「2019 年はツアーなどで多くの⽅と出会えましたが、2020 年も全国の⽅と触れ合いたい」との意気込み。グループを牽引していくメンバーのひとりとしての⾃覚と成⻑を感じさせるものでした。

⼆⼗歳ということでお酒に関する話題も⾶び出しました。幼く⾒られてしまうという松岡はなは「七五三みたい」と HKT48 の仲間にイジられながらも、1 週間後に⼆⼗歳の誕⽣⽇を迎えるので卒業⽣の指原莉乃やメンバーとお酒を飲みにいく約束をしていることを告⽩。SKE48 松本慈⼦は、これまでの先輩メンバーへの恩返しとしてお酒の席で“出世払い”を実現したいと語りました。

独特なハスキーボイスの為、成⼈前から「酒焼けしているみたい」と⾔われてきた NGT48 ⼭⽥野絵の新成⼈としての⽬標は、これまでのイメージを⼀新して「おしとやかな⼥性に」なるというもの。これには、メンバーから⼀⻫に「絶対無理だよ︕」とのツッコミが⼊り、報道陣からも笑い声が漏れる場⾯もありました。

成⼈式恒例となった記者からの「今年の新成⼈を表現するなら何世代ですか?」という問いに対して、今年はメンバーを代表して NGT48 本間が「令和出発世代」と発表。「このメンバーたちで 48 グループの先頭を切って、令和という新しい時代を切り開いていきたい」という思いで42 名の意⾒が⼀致したと語り、⼤⼈としての責任感が感じられる⼒強い決意表明となりました。

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

©AKS

大盛真歩(AKB48 チーム B)

(⼆⼗歳としての⽬標は?)⼆⼗歳は⼈⽣の中で節⽬の年だと思いますので、今年はアイドルとしても今まで以上に活躍できる年にしたいなと思います。

(成⼈式のセンターに選ばれての感想は?)まだ加⼊して 2 年経つか経たないかくらいですが、⼆⼗歳の新成⼈のたくさんのメンバーが集まった中で、ひなたちゃん(NGT48 本間⽇陽)とセンターに選ばれて、本当にびっくりしました。こうしてたくさんの⽅に取材していただいて今もとても緊張していますが、⼈⽣の素敵な思い出になりました。

2019 年はたくさんライブや全国ツアーに参加させていただきましたので、2020 年も公演や握⼿会などでたくさんのファンのみなさんと交流していきたいと思います。ありがとうございました。

©AKS

こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
 
こちらの記事も読まれています
 
こちらの記事もありました
 
日刊エンタメクリップ
タイトルとURLをコピーしました