岡本玲 愛猫との仲睦まじい姿を見せる!

ねこの人気ムック『ねこ自身』シリーズから、『FÑASH(フニャッシュ) ねこ自身4匹め』が2019年12月17日に発売された。

FÑASH(フニャッシュ) ねこ自身4匹め(光文社刊)

2015年12月に第一弾の『ねこ自身』、 2016年10月に『ねこ自身 2匹め』、 2018年4月に『ねこ自身Groomin’』が発売され大ヒット。

今回は、週刊誌『FLASH』をパロディに作られたシリーズ第四弾となる『FÑASH(フニャッシュ) ねこ自身4匹め』として2019年12月17日に発売。

有名人52人による「ねこへの熱愛!ラブレター」大特集や、シリーズ恒例の“人前でも堂々と開けられる袋とじ”企画「愛しいあのねこ99匹が…私だけに見せた『SEXYポーズ』大公開!」、災害の多い昨今の悩みを真剣に考える「ねことの『同行・同伴避難』」など盛りだくさんの内容になっている。

この中には女優の岡本玲さんが愛猫のとろろ&おかかとの写真も掲載されている。

岡本玲さん&とろろ 撮影/野澤亘伸

「ねこ友達に『マンチカンを飼うのが夢』と話していたところ、素敵なブリーダーさんのショップを紹介されました。その店のインスタでとろろを見つけ、 2日後には会いに行って。『この子を家族にします!』と決めました」(本文より)

岡本玲さん&おかか 撮影/野澤亘伸

'19年の春。岡本家にもう一匹のねこがやってきた。

「とろろを飼ってからも、『もし飼い主を探しているねこちゃんがいたら教えて』と、いろいろな人に話していたんです。そんな中、人づてに『東中野の駅前で、段ボール箱に入れて捨てられていたねこがいる』という連絡をもらいました。駅の構内で保護されて、 3日間ほど飼い主さんを待ったのですが、現れなかったとのことでした。それで、『じゃあ私が一度、預かる』と。病院で一通り検査をしてもらって、1カ月くらい様子を見たんですが、とろろともうまくやっていけそうだったので、正式に家族として迎えることになったんです」

「私、とろろこんぶが好物なんですよ。だから『とろろ』『こんぶ』という名前を付けるのが理想だったんですが、おかかが茶トラだったので、こんぶと呼ぶわけにもいかず(笑)。なら、『おかか』にしようと。 2匹合わせておいしそうなコンビ名になりました(笑)」(本文より一部改変)

岡本玲さん おかか(左)& とろろ(右)撮影/野澤亘伸

「以前は、家に帰ってもずっと仕事のことしか考えないタイプだったんです。いつ休めばいいのかもわからなかったんですけど、 2匹がいることで、家に帰ってくるといったんスイッチをオフにできるので、ムダなことを考えないようになりました」

「周囲からも『表情が柔らかくなったね』『性格が丸くなったね』とよく言われます。 2匹が家で待っているからこそ、外で仕事を思いっきりがんばろうと思えるようになりました」(本文より一部抜粋)

スポンサーリンク

『FÑASH ねこ自身4匹め』

発売:光文社
発売日:2019年12月17日
体裁:ムック
価格:本体682円+税

タイトルとURLをコピーしました