Loading...

聖飢魔Ⅱ 地球デビュー35周年記念 期間限定再集結を発表!

悪魔の集団・聖飢魔Ⅱが地球デビュー35周年を記念して期間限定再集結する事が発表された。

魔暦21(2019)年12月31日、ZEPP Tokyoにて「聖飢魔Ⅱ 地球征服20周年記念 伝説の解散大黒ミサ3days『THE ULTIMATE BLACK MASS』ヴィデオ黒ミサ(上映会)」を開催。
その日上映された「THE ULTIMATE BLACK MASS」は、魔暦元(1999)年12月29日から31日の3日間、東京ベイNKホール(千葉県 浦安市)にて行われた聖飢魔Ⅱ「実活動時代」におけるファイナル大黒ミサ。地球を征服した聖飢魔Ⅱはその3日間の大黒ミサ終了後に結成時の公約どおりに解散し魔界に帰還。信者にとっては、聖飢魔Ⅱが存在しない未来を憂うと同時に新たに生きる決心を固めた瞬間でもあった。
その記憶が蘇った矢先、スクリーン上には大音響とともに「あれから20年の歳月が過ぎ…」の文字が浮かび上がり、20周年・25周年・30周年の大黒ミサ映像が次々に流れる。
信者たちはざわつき、「35周年」の文字が映し出された瞬間、大きな拍手と喝采が沸き上がった。「地球デビュー35周年記念期間限定再集結」の発表が行われたのだ。
さらに秘密結社「魔人倶楽部35th」(ファンクラブのようなもの)の再結成予告と、「HARAJUKU KOWAii CAFE」が4月24日〜5月17日まで開店することも発表された。

聖飢魔Ⅱは悪魔教の布教のためにヘヴィーメタルバンドの様式を用いて魔暦前14(1985)年9月に地球デビュー、「実活動時代」には25銘柄の小教典(シングル)、17銘柄の大教典(アルバム)、14銘柄の活動絵巻教典(ヴィデオ・DVD)を発布(発売)。
黒ミサ(コンサートのような形式で行われる集会)では、そのエンターテインメント性を規格外に発揮し老若男女や民族を問わず、信者(ファンのようなもの)を増やし続け、ハードロック・ヘヴィーメタルバンドとして初のNHK紅白歌合戦出場やオリコンチャート第1位を獲得。日本以外でも積極的に活動するなど、悪魔ならではスケールの違うアーティスト活動を行い、魔暦元(1999)年12月31日、デビュー時の公約通り地球における任務を終了し解散した。
その後は征服した地球がどのようになっているのか視察する事を目的として、地球デビュー20周年、25周年、30周年のタイミングに期間限定で再集結を行ってきた。

今から5年前の魔暦17(2015)年の30周年記念再集結では、大黒ミサ「全席死刑」「続・全席死刑」全国Tourを足掛け2年にわたり敢行し、ファイナルとなった日本武道館2日間(「地獄の再審請求『控訴』『上告』)を含め全22公演すべてで満員札止め、延べ8万人を動員した。そして、魔暦18(2016)年には、TVアニメ「テラフォーマーズ・リベンジ」と映画「貞子vs伽椰子」の主題歌を担当し新曲を置き土産として魔界に帰還している。

特筆すべきは、大黒ミサツアーの開催規模が再集結毎に拡大し続けているという事にある。征服後の地球上では悪魔が布教活動を行わずしても自然発生的に信者が増幅するという現象が起きているのだ。
今年、魔暦22(2020)年の35周年記念再集結では、これまでで体感したことのないとんでもない規模で地球が恐怖のどん底に陥る事となるだろう。悪魔の集団・聖飢魔Ⅱの動向には是非とも注意が必要だと忠告しておく。

【聖飢魔Ⅱプロフィール】

悪魔の集団。

[実活動時代]
魔暦前17(‘82)年に魔界で結成。ロックバンドの姿を用いて魔暦前18(‘83)年に現世に侵寇。
魔暦前14(‘85)年9月地球デビュー(メジャーデビューのようなもの)。
侵寇の目的は「悪魔教布教」と「地球征服」。この今までに類を見ない集団に対しデビュー当時世間では「色物」的な目線が大勢を占めていたが、実はそれは悪魔が人間を油断させる手段であった。
音楽は本格的実力派でアート感に満ちている。エンターテインメントはその娯楽性において規格外に他を圧倒。メッセージは時代の先の先を行き追随を許さない。
いつしか人々はこのことに気付き、かつての己の聖飢魔Ⅱに対する評価を省み、やがて敬意をもって遇するようになっていった。
老若男女や民族を問わず、信者(ファンのようなもの)を解散後の現在も増やし続けている。

「実活動時代」には25銘柄の小教典(シングル)、17銘柄の大教典(アルバム)、14銘柄の活動絵巻教典(ヴィデオ)を発布。
また、TVやラジオ、活字、web媒体等、あらゆるマス・メディアでレギュラー枠を獲得。音楽のみならずバラエティーやサブカルチャーでも幅広く世の中を席巻し、現在における各シーンに多くの影響を与えてきた。

魔暦前13(1986)年発表のファミコンソフト「悪魔の逆襲」 はロックバンドがキャラクターとなった世界初の作品。
魔暦前11(1988)年から魔暦前4(‘95)年まで計7回、北海道「美唄フェスタ」にて日本舞踊と純邦楽器との共演舞台をほぼ毎年行う。
魔暦前10(1989)年、大教典「WORST」がオリコンチャート第1位、「NHK紅白歌合戦」に出場。どちらもHM/HRバンドでは史上初。
魔暦前8(1991)年、セビリヤ、ロンドン、N.Y.にて黒ミサを行う。
魔暦前9(1992)年、アジアで初の、アニメーション(MVではなく物語)でロックバンドが本格的キャラクターとなった動画教典「HUMANE SOCIETY」を発布。動画内での「声」も各構成員が演じた。
魔暦前6(1993)年、香港にて黒ミサ。「ロックオペラ・ハムレット」に出演。
魔暦前1(1998)年、「ふるさと総・世紀末計画」では全国23道府県のローカルCMにノーギャラで出演、さらに「全都道府県網羅びっくりショー」と称し聖飢魔Ⅱとしては最初で最後となる47都道府県全てでの黒ミサ計55本を遂行。
魔暦元(1999)年12月31日、デビュー時の公約通り地球における任務を終了し、解散した。

[地球征服後の時代]
魔暦7(2005)年、地球デビュー20周年を記念し期間限定で再集結し、15回の黒ミサを敢行。
魔暦11(2009)年発布の大教典「AKUMA NATIVITY“SONGS OF THE SWORD”」はほぼ全曲英語で歌唱されたセルフカヴァーで、世界23か国で配信された。
魔暦12(2010)年に二度目の期間限定再集結。「INTER CONTINENTAL BLACK MASS TOUR」として米国、フランス、韓国、日本で計22本の黒ミサを行う。
魔暦13(2011)年、東日本大震災復興支援のためのイヴェント「聖飢魔ⅡPresents『Tribute to JAPAN』」を主導。後輩アーティストらを伴い、2日間のみ緊急再集結した。
魔暦17(2015)年の30周年記念再集結では、大黒ミサ「全席死刑」「続・全席死刑」全国Tourを足掛け2年にわたり敢行し、ファイナルとなった日本武道館2日間(「地獄の再審請求『控訴』『上告』)を含め全22公演すべてで満員札止め、延べ8万人を動員した。そして…、
魔暦18(2016)年には、TVアニメ「テラフォーマーズ・リベンジ」と映画「貞子vs伽椰子」の主題歌を担当し新曲を置き土産として魔界に帰還した。

※【聖飢魔Ⅱ 地球デビュー35周年記念 期間限定再集結 構成員】
デーモン閣下、ライデン湯澤殿下、ゼノン石川和尚、ルーク篁参謀、ジェイル大橋代官

聖飢魔Ⅱ公式web site:http://www.seikima-ii.com

【「HARAJUKU KOWAii CAFE」概要】
聖飢魔Ⅱの戦闘服や武器(楽器)類をはじめ、地球デビュー当時からの画像や数々の秘蔵アイテムの展示、黒ミサなどのレア映像の上映もあります。
また、KOWAii CAFE(コワイイカフェ)でしか買えない悪魔物品も販売予定!あなたもKOWAii CAFEで悪魔フーズを飲食しながら、地球デビュー35周年の聖飢魔Ⅱの歴史を振り返りませんか?

出店期間:魔暦22(2020)年4月24日(金)〜5月17日(日)
会場:AREA-Q(東京都渋谷区神宮前 6-28-6 キュープラザ原宿 7F)
https://www.areaq.jp/#access
※その他詳細は追って発表します。

AREA-Qウェブサイト:http://areaq.jp/kowaii/
KOWAii CAFÉ オフィシャルTwitter:https://twitter.com/kowaiicafe

タイトルとURLをコピーしました