たこやきレインボーがダイセルの新CMに出演! たこやき約2万5000個の距離を走って、「ダ」を追いかけた!?

12月28日より、株式会社ダイセルÄb0のシリーズ3作目となる新CM「追いかけるのダ」篇が放送開始された。

「化学で未来を変えるのダ!」をキャッチフレーズに、2017年から展開しているこのCMシリーズ。

ダイセル社名ロゴマークの頭文字、「ダ」Äb0が登場し、暮らしの中の様々な場面で、ダイセルの技術と製品が役立っている様子を紹介するCMシリーズです。

その新CMに、人気急上昇中の「なにわのアイドル」、たこÄb0やきレインボーÄb0がイメージキャラクターとして出演しています!

彼女たちの日常に起こる、驚きの変化とは・・・?

ダイセルの技術が使われている製品が「ダ」の文字に変化し、街中をたこやきレインボーと追いかけっこ!

たこやきレインボーは「ダ」を果たして捕まえることができるのか?

たこやきレインボーが歌う歌詞が「ダ」のみのCMソングにのせて、繰り広げられるはちゃめちゃチェイス、ぜひご注目ください!

•TVCM概要

◇CMタイトル:企業「追いかけるのダ」篇15秒

◇放送開始日:2019年12月28日(土)

◇放送地域:東京、大阪、名古屋、福岡、広島、新潟、山口、長崎、熊本、宮崎、大分、鹿児島

◇Webサイト:株式会社ダイセル公式サイトhttps://www.daicel.com/


CM紹介 https://www.daicel.com/tv-cm/

CMでは、ダイセルの技術が使われている製品が「ダ」の文字に変化し、町じゅうを逃げ回ります。

追いかける先々でたくさんの「ダ」に出会う、たこやきレインボーのメンバーたち。

その存在感に「ダ~!?」と驚くのでした。

おカタそうな化学メーカーのダイセルですが、彼女たちとのコラボによって、より親しみやすい存在になりそうです。

たこやきレインボー

CM裏話

ロケ地はダイセルの創業の地で、たこやきレインボーの本拠地、大阪。

CM 完成版に使われたテイク以外にも、たこやきレインボーのメンバーは走る走る。

リハーサルや NG カット含めて、その距離は延べ1 km ほどにも到達するほどだとか。

たこやきに換算すると、たこやき約2万5000個の距離を駆け抜けたことに(注:たこやき直径4cm で計算しています)。

しかし、メンバー一人も弱音を吐かず、全てのテイクを全速力で駆け抜けました。

5人それぞれが表情豊かに名演をしているので、できれば各カット目を凝らして見てください!

冒頭、たこやき屋さんの前から始まる密かなこだわりにも注目です。

また、歌詞が「ダ」しかないコマーシャルソングも印象的。レコーディングでは、

ダしか歌詞がないのに、ダに聞こえなかったり、何回も何回も歌いました。

そのレコーディング時間は2時間ほどにも及んだとか。たこやきに換算すると、

たこやき約288個のたこ焼きが作れる時間、「ダ」だけを歌っていたことになります

(注:24穴あるたこやきプレートで、焼き上げまでの所要時間10分で計算しています)。

たこやきレインボーが、「ダこやきレインボー」になるぐらいの気合いで挑んだCM 、ぜひ隅々までご覧ください。

ダイセルの「ダ」

「ダイセル」のセルロース化学、有機合成化学などの技術は、私たちの身の回りにあるさまざまなものに活用されています。

そんな身近な存在であるダイセルを象徴しているのがこの「ダ」 の文字。

今回のCM でも、町じゅうで大活躍します。

タイトルとURLをコピーしました