私たち、新国立競技場を目指します! ももクロ、10回目の「ももクリ2019」3DAYSが終了!

アイドル ニュース パワープッシュ! ピックアップ ライブアイドル

ももいろクローバーZが2019年12月25日に埼玉県・さいたまスーパーアリーナで「ももいろクリスマス2019 〜冬空のミラーボール〜」の最終公演を開催した。今年は、前日24日の同会場での公演に加えて、大阪府・大阪城ホール(2019年12月7日開催)公演の計3日間に亘って行われ、各地にモノノフ(ももいろクローバーZのファンの総称)が集結。新国立競技場での単独公演を目指す決意をメンバーが表明した。

「春の一大事」、「夏のバカ騒ぎ」に並ぶ、ももクロ3大ライブの一つである「ももいろクリスマス」。通称“ももクリ”と呼ばれるこのライブは、2010年にスタートして以降、毎年恒例となっている冬の超大型ライブで、クリスマスならではの華やかな演出やセットリストが特徴的だ。記念すべき通算10回目となった本公演は、2015年に群馬県・軽井沢スノーパークで行われた「ももいろクリスマス2015 ~Beautiful Survivors~」以来、2回目の3DAYS開催となった。今のももクロだからこそできる、古き良きエンターテイメントと今を融合した演出を盛り込み、総勢21名のDOWNTOWN SWING ORCHESTRAと共に、聖夜を彩る美しい音色を会場中に響かせた。

オープニングムービーが映し出された後、ビートボクサー・TATSUYAによる圧巻のヒューマンビートボックスパフォーマンスが繰り広げられる。続いてゲストの中山秀征が登場し今回のコンセプトが伝えられると、お馴染みレニー・ハートのコールでライブが開幕。4色のバルーンや銀テープが客席に降り注ぎ、巨大ミラーボールが印象的なステージセットの最上段よりメンバーが登場し、X'mas ver.に大胆アレンジされた『オレンジノート』で本編がスタート。スパークラーによる派手な演出が加わった『ロードショー』を皮切りに、ダイナミックなギターサウンドが効いた『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』が披露されると、会場のボルテージは急激に上がりスタートダッシュを決める。一転してクリスマスソング『泣いちゃいそう冬』を届けたかと思いきや、キラーチューンの『GOUNN』をパフォーマンスし、緩急をつけたナンバーで、その存在感を大いに見せつけた。

自己紹介のMCでは、高城れにが自動車免許を取得したことをファンに報告。SUZUKI「エブリイ」のTVCMとしてオンエアされている『everyday れにちゃん』のフルバージョンが明日より配信されることも伝えられ、会場は祝福ムードに溢れていた。エネルギッシュなナンバー『カントリーローズ -時の旅人-』や今回のももクリで振り付けが初披露となった『MORE WE DO!』を立て続けにパフォーマンスし、『デモンストレーション』、『Sweet Wanderer』ではメンバーがミラーボールを模したトロッコに乗り込みファンの元へ繰り出す。しっとりと歌い上げた『空のカーテン』では、優しいメロディーを響かせて会場を暖かい空気に包み込んだ。

ライブは中盤に差し掛かかり、再び中山秀征が登場して寸劇が繰り広げられた後、DOWNTOWN SWING ORCHESTRAによるクリスマスメドレーコーナーがスタート。ゴージャスな雰囲気が漂ったところでメンバーが加わり、コーラス隊と4人のヒューマンビートボックスパフォーマンスを中心とした『The Diamond Four』を披露。新しく生まれ変わったサウンドに客席は魅了された。代表曲『行くぜっ!怪盗少女 -ZZ ver.-』やドラマ主題歌の新曲『stay gold』といった疾走感溢れるナンバーが熱唱され、『サンタさん -ZZ ver.-』では、ももクリ恒例の高城れにによるマジックショーが行われ、高城れに自身がBOXに入り胴体が消えるマジックなどが披露され、ファンの度肝を抜いた。そして、今回のライブのテーマソングであり、昭和歌謡をイメージして制作された新曲『HOLIDAY』では、中山秀征と共にステッキを持った華やかなパフォーマンスでクリスマスムードを演出。『SECRET LOVE STORY』、『走れ! -ZZ ver.-』では、それぞれがトロッコに乗り込み4色に染まったサイリウムで溢れる客席へと繰り出し、ファンの声援にこたえながら明るい笑顔を振り舞いた。その後はメインステージに戻り『白い風』を届けると、『僕等のセンチュリー』ではアリーナ席中央のミラーボールから照らし出される幻想的な光の空間に包まれながら、美しい歌声を会場の隅々まで響かせて本編を締めくくった。

まだまだ興奮冷めやらぬ会場の声援に呼ばれ、まずはゲストの中山秀征によるジャグリングパフォーマンスでアンコールがスタート。「overture 〜ももいろクローバーZ参上!!〜」でメンバーが再度ステージに登場すると、この日一番の盛り上がりを見せて、コーラス隊&ヒューマンビートボックスと共に『JUMP!!!!』を披露。『真冬のサンサンサマータイム』をBGMに、本公演を作り上げたバンドやゲストの紹介コーナーを挟んだ後、ウィンターソング『今宵、ライブの下で』が届けられると、メンバーの歌声に会場は酔いしれていた。アンコールのラストは、4人が一列でソファに座り風船を持って歌唱するという温かい演出で披露された『The Show』で、ライブは幕を下ろした。

最後のMCで、リーダー・百田夏菜子は「(2018年に)結成10周年を迎え、(今年)ももクリも10周年を迎えました。これまで色々な景色を見させて貰ってきましたが、やっぱりどうしても見たい景色があるんです。いつか、新国立競技場のステージに4人で立てるように頑張りたい。ファンの皆さんにもこの景色を見て貰いたいので、これからも応援宜しくお願いします!」と語り、昭和〜平成〜令和と時代が変わりゆく中で、ももいろクローバーZだからこそ魅せられる“昔と今”が融合した新時代のエンターテインメントは無事にフィナーレを迎えた。

なお、前日の24日公演では12月31日に神奈川県・横浜アリーナで開催する「第3回 ももいろ歌合戦」の出演者組み分けと歌唱楽曲が発表され、大晦日を彩る豪華絢爛なステージの全貌が明らかとなった。
とどまることを知らない彼女たちの活躍に、今後も目を離すことはできないだろう。

 

Photo By HAJIME KAMIIISAKA+Z

タイトルとURLをコピーしました