東京パフォーマンスドール、恒例のクリスマス公演開催!橘二葉の新プロジェクト「F-Project」初披露!高嶋菜七、サプライズのバースデーケーキに涙!

12月23日、東京パフォーマンス(TPD)が毎年恒例のクリスマス公演「東京パフォーマンスドール Merry X’mas & Happy New Year ~Road to 2020 ~」を渋谷ストリームホールで開催した。

この日はTPD本体のステージに加え、上西星来と脇あかりによるユニット・赤の流星のワンマンライブ、高嶋菜七のバースデー公演、さらに橘二葉の新プロジェクト「F-Project」のお披露目など、終日にわたり全3公演のバラエティーに富んだイベント内容でクリスマス目前の渋谷を盛り上げた。

この日、トップバッターとして初お披露目となった「F-Project」は、橘二葉が自らオーディションで選んだ6名のダンサーとのダンスユニット。

様々なジャンルのダンスを取り入れたフリースタイルのパフォーマンスは、ダンスを得意とする橘二葉がパフォーマー兼プロデューサーとして、その才能を遺憾なく発揮する初ステージとなった。

続いて、カラフルなサンタ衣装を身にまとって登場したのは東京パフォーマンスドール。

最新アルバム「Hey, Girls!」からのレパートリーを中心に、等身大女性の可愛らしさをフィーチャーしたセットリストで、クリスマスならではのスペシャルなステージを披露。

この日は舞台公演中で欠席となった浜崎香帆も、場内アナウンスでオーディエンスを盛り上げた。

TPDが残した熱気や興奮が冷めやらぬステージに登場したのは、上西星来と脇あかりの二人によるユニット・赤の流星。

2019年は数々のイベント出演を果たし、磨きのかかったステージングは貫禄すら見せつけた。

ここではオリジナル新曲「光のペガサス」を初披露、阿吽の呼吸で織りなす二人の美しい世界観は、TPD本体を凌駕する勢いを感じさせるものであった。

この日、ラストのステージを飾ったのは、23歳のバースデーである大晦日を目前に控えた、TPDのリーダー・高嶋菜七。

「Pretender」や「さくらんぼ」など、普段のステージでは見られないカバーナンバーの他、ギタリストと共に初のアコースティックアレンジにも挑戦。

ファンに人気のTPDのナンバー「Dreamin’」を初アコースティックバージョンでエモーショナルに歌い上げると、オーディエンスの感極まった姿が印象的だった。

このコーナーが終わると、サプライズでTPDのメンバーが「ハッピーバースデー」の歌とともにステージに登場。

客席が高嶋のテーマカラーのオレンジに埋め尽くされると、これまたオレンジのバラの花束とバースデーケーキを運び入れ高嶋のバースデーを祝福した。

こうしてTPDの2019年最後のライヴは、大トリの高嶋の歌声で幕を下ろしたのである。

そして来年のTPDの始まりはやはりライヴでスタート。

2020年1月5日から3日間、ホームグラウンドである渋谷のCBGKシブゲキ!!でダンスサミット公演を開催する。

新年から全力で走り続けるTPDの2020年に引き続きご注目頂きたい。

タイトルとURLをコピーしました