“サムライギタリスト”MIYAVI LDH電撃移籍を発表!「LDHとタッグを組んで、ともに世界をロックする」

世界を舞台に活躍する“サムライギタリスト”MIYAVIが、12月18日に東京・Zepp DiverCity Tokyoにて、EXILEらが所属するLDH JAPANへの移籍を電撃発表。会見にはEXILE AKIRAが激励に訪れ、ともに「世界をロックする」ことを誓い合った。

スポンサーリンク

MIYAVIは、エレクトリックギターをピックを使わずにすべて指で弾く独自の“スラップ奏法”で世界中の注目を集めるギタリスト。2002年にソロ活動を開始し、2006年からは海外を視野に入れた活動を展開。これまでに約30カ国350公演以上のライブとともに、7度のワールドツアーを成功させてきた。

この度、LDH JAPANへ移籍した理由を問われたMIYAVIは、「独立して丸十年、色々な人に支えながらも手弁当で世界中を駆け巡ってきて、正直なところ、ずっと仲間が欲しいと思っていました。そんな中、EXILE HIROさんと出会って、ダンサーとしてちゃんと飯を食べて、ダンサーにスポットライトを当てて、一つの道にするという姿勢に大きな感銘を受けました。また、仲間との団結を重んじる、リーダーとしてのあり方にも共鳴しました。日本人として、本気で海外展開を狙っている彼らとタッグを組んで、世界をロックしたいです」と回答。

さらに、LDHの音楽に関して、「結局のところ、人の心にどう届けられるかが大切。LDHのアーティストは音だけではなく、ダンスや映像も含めて表現しているところに力があると思います。J-POPにどんな可能性があるのかを追求していて、フィジカルな部分、全身で表現するという意味で、僕の音楽とも親和性が高いはず」と、ジャンルを超えた部分でのシンパシーを明かした。

一方のAKIRAは、MIYAVIのLDH加入に、「日本人の魂を持って、1人で世界に勝負している数少ない存在なので、ずっと刺激を受けてきました。MIYAVI君が入ると聞いた時は、めちゃくちゃわくわくしました。メイド・イン・ジャパンの精神で、一緒にLDH流のエンタテインメントを作っていけたら」と、歓迎の意を示した。

EXILE TRIBEとの共演の可能性を問われると、MIYAVIは「もちろん、言ってもらえればいつでも。乱入するのは得意なので(笑)」と笑顔で語り、AKIRAは「すでにEXILE SHOKICHIとのコラボは実現しているし、ほかにも楽曲制作におけるコラボとか、色々とやっていくと思います」と同意した。さらに、MIYAVIは「LDHは音楽だけではなく、芝居、飲食、アパレル、農業、そして学校までやっている総合エンタテインメント企業。僕はUNHCR親善大使として難民キャンプを訪問していて、教育にも興味があるので、そういう部分でも力になれれば」と、音楽以外での活動にも意欲を示した。

正式に加入する2020年に向けては、「来年はオリンピックもあるし、世界中から多くの人がやってきます。日本人一人ひとりがどれだけ本気になって、自分の信じていることをやれるかが大切だと思います。いま、世界中でアジアへの注目度は上がっていて、5年前、10年前とは比較にならないほど追い風が吹いていると感じています。LDHの方々とメンタリティやクリエイションを共鳴させて、自分たちの想いを音に変えて届けたいです」と意気込みを語った。