Loading...

片寄涼太の博多弁での挨拶と国民的スーパースターな振舞いに客席大興奮&大盛り上がり!

「別冊フレンド」(講談社)にて大人気連載中のみきもと凜の同名少女まんが「午前0時、キスしに来てよ」が片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)と橋本環奈をW主演に迎えて実写映画化、12月6日(金)に全国公開を迎え、大ヒット上映中!公開2週目に入っても勢いは落ちず、SNSでは「5回は泣いた」「めちゃくちゃ夢あるし普通にキュンキュンしたし、おたくこじらせそうで真面目に危なかった」「思ってた5倍くらいよかった…!」というキュンキュン度が高めの熱い感想が溢れている。

本作は、国民的スーパースターと普通の女子高生の「ヒミツの恋」を描いたロマンティックなリアル・シンデレラLOVEストーリー。公開を記念して、先日は片寄の地元である大阪にて舞台挨拶&全国の劇場にてライブビューイングを開催したが、この度、橋本の地元である福岡でも舞台挨拶を開催!片寄涼太が登壇した。

MCの呼び込みで、颯爽と登場した片寄。福岡での舞台挨拶ということで、登場するやいなや「みんな0キス、観たばっかりっちゃんね~どうやったと?」と博多弁で客席に質問!客席から「最高~!!」という声が寄せられると「ばり嬉しい~!ありがとうございます!」と満面の笑みで答え、会場も大盛り上がり!黄色い歓声に包まれた。

先日、世界で最も有望な次世代スターに贈られる「アジアン・スターズ・アップ・ネクスト・アワード」を日本人男性としては初めて受賞し、第4回マカオ国際映画祭に登壇した片寄。受賞しての気持ちを聞かれた片寄は「本当にすごく有難い賞をいただいたうえに、格式のある国際映画祭でレッドカーペットも歩くことができて、自分の中でも貴重な経験になりました」とコメントし、会場を沸かせた。

W主演の橋本の地元でもある福岡での舞台挨拶について「橋本さんの”ソウルタウン”で舞台挨拶できて、この作品もより盛り上がるといいなと思います」と話すと、客席からも「おお~」と感嘆の声が。さらに、福岡の印象について聞かれると「福岡は、食べ物がとにかくおいしい!ばりおいしい!という印象ですね。ラーメンとかも好きですけど、特に鶏が好きでした!炭火焼とか。もつ鍋も好きで、昨日食べました」と、今回もしっかり福岡を堪能している様子。会場全体からも「へ~!」とリアクションがあると「そうなんだよ~」とレスポンスした片寄に「キャー!!」と黄色い歓声が。これに対し「今日みなさんのリアクションがすごいですね!なんだか空気が違うんですよ!」と片寄も客席を絶賛?!

この日は上映後の舞台挨拶ということもあり、劇中の「鼻かじキス」と「マスク越しのキス」のどちらがときめいたかという話に。客席アンケートで数がダントツに多かったのは、なんと「マスク越しのキス」!これには片寄も「(鼻かじは)キスじゃないもんね…たしかにマスク越しの方がドキッとするのかな」とリアクション。さらに「自分がやってみて、というより、見ていて思うのは、マスク越しの方がドキドキしますね。芸能人が道端でキスするなんて…早く!ヤバイヤバイ!人通ってるよ!と見ていて思うシーンです(笑)」と本音をポロリ。「鼻かじキス」については、「(当日突然本番で鼻かじをしたことについて)橋本さんもすごく驚いていましたよ、後にも先にもあの時が一番取り乱していたと思います(笑)」と橋本の可愛らしいヒミツを暴露!また、客席に劇中でも登場するクマのぬいぐるみを発見すると、「UFOキャッチャーのシーンで、妹のすずのために日奈々が一生懸命(あのクマを)取るシーンがあるんですけど、橋本さんが上手くて!本当は取れないシーンなのに、取っちゃうんですよ!クレーンを弱めた設定にしても取っちゃうんです(笑)」と、新たな裏話エピソードも!

舞台挨拶や取材などでも、兄妹のようなバディ感がある片寄と橋本。橋本について片寄は「話していて面白いですね。ずっとしゃべって笑ってます。この間ライブ終わりにマッサージを受けながら、橋本さんが出演していた「ネタパレ」を観たんですが、芸人さんのネタ中に橋本さんの笑い声がすっごい入ってくるんですよ(笑)ずっと笑ってるな…と思って聞いてました」と話すと、会場も大爆笑!

続いて「実はあのシーンはこんな感じだった!」「次観る時にはここに注目!」という箇所を問われると、「遊園地のシーンは、ほぼ初日でした。本当の橋本さんと初めましてだったシーンは、ペンで手に電話番号を書いてあげるところでしたね」と話すと、会場からもどよめきが。すかさず「(ペンで手に電話番号を)書こうか?」と、まさに国民的スーパースター!な切り返しをする片寄に、会場はキャー!!という歓声に包まれ大盛り上がり!ペンで手に電話番号を書くシーンについては、「(ペンのキャップを口に)くわえる、という動きは僕が段取りでやってみたことなんです。現場では初日からかっこつけてるな~!と言われましたけど、日奈々の手をとってペンで書くとなるとああするしかなかったですね」と語り、あのシーンを思い起こした客席からも感嘆の声が漏れた。そのシーンの次の日が遊園地のシーンの撮影だったため、「遊園地のシーンの時はフリーの時間も多かったので、(橋本と)だいぶ距離を縮められたかなと思います」と語った。また、ここまでの舞台挨拶でもまさに”スーパースター”な振舞い!の片寄に対して、同様に国民的スーパースターの綾瀬楓を実際演じてみてどうだったかと問われると「自分がGENERATIONSとして活動していることや、個人としてお芝居に挑戦する時間など、自分と重なることが多くてすごくリアルでした」と語り、「楓が家に日奈々を呼んで、マネージャーのしげちゃんが来て、そこでしげちゃんを『俺のマネージャー』と紹介するところとか、楓のすっとぼけた感じが僕は好きですね。突拍子もなくて!」と楓の良いところについても熱弁。かと思うと、「(日奈々を)車で迎えに行って、帽子をかぶせてあげてる間は観てるとそわそわします!早く!早く乗せて!(楓は)わざわざ降りんでええ!危ないから!」と興奮しすぎてつい関西弁も出てしまうほど、客観的に見るとドキドキしてしまうシーンもあることを告白。再度本作を観る際には注目してほしいシーンとして挙げた。

最後に、片寄は「(盛り上がってくれて)すごくすごく嬉しいですし、この作品が全国でたくさんの方に観ていただけていて嬉しいです。普通のラブストーリーと違って、楓にも日奈々にも感情移入できる部分がたくさんあると思うので、ぜひ何度も観て0キスを楽しんでいただけたらと思います!」とメッセージを送り、福岡での舞台挨拶は幕を閉じた。

映画『午前0時、キスしに来てよ』は大ヒット公開中!

©2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会 ©2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会
©2019映画『午前0時、キスしに来てよ』製作委員会

タイトルとURLをコピーしました