STU48、初めての全国ツアー完走! ツアーの追加公演・4thシングルのリリースが決定!!

12月14日、『STU48 全国ツアー2019〜船で行くわけではありません〜』の千秋楽が、福岡県・DRUM LOGOSにて開催され約800名のファンが集まり、23曲を披露した。

©STU
©STU

スポンサーリンク

STU48にとっての初めての全国ツアー千秋楽は福岡にて開催。幕開けは船上劇場『STU48号』の劇場公演の流れを汲んだ『KO・BU・SHI Spirit!』『暗闇』『原点』の3曲を披露。

その後のMCでは、瀧野由美子が「ツアーラストということで、ここに集まったみなさんがちゃんと私たちのエネルギーをチャージできるように一生懸命頑張ります!今日も一日よろしくお願いします!」と意気込みを話しました。また、STU48唯一の九州出身(佐賀県)の田中皓子が「福岡でライブをすることができて、素で嬉しい!!」と喜びを爆発させました。

その後、STU48のライブ定番曲『STU48(瀬戸内ver.)』『思い出せてよかった』『ペダルと車輪と来た道と』『NEW SHIP』を4曲連続で披露し、会場にいるファンの熱気も高まります!

メンバーの個性が光るユニット楽曲や、『風は吹いている』『風を待つ』を披露した後は、ライブの定番コーナーとなった瀬戸内の名物をメンバーがプレゼンし、抽選で会場のファンにプレゼントをする『せとうち抽選会』へ。HKT48のユニット“指レンジャー”から、運上弘菜・松岡菜摘・松岡はな・本村碧唯、そして悪役として村重杏奈がサプライズで登場!STU48のスポーツをテーマに活動するユニット“瀬戸7”のメンバーである甲斐心愛・信濃宙花・瀧野由美子とコミカルな展開で笑いを誘うなど、バラエティ豊かな内容で進行しました。

MCではこれまで各地をまわってきたツアーの話題に。ツアーで北海道を訪れた際のメンバーの雪でのはしゃぎぶりや、各地域にゆかりのあるAKB48姉妹グループの楽曲を披露してきたこと、差し入れで頂いたご当地グルメの話題など、それぞれの土地での思い出を振り返りました。

ライブ終盤戦は『おはようから始まる世界』『法定速度と優越感』『最強ツインテール』、そしてご当地HKT48の楽曲から『大人列車』『12秒』を5曲連続で駆け抜けます。岩田陽菜の「楽しい時間はあっという間で、次が最後の曲です」という言葉と共に『大好きな人』を披露し、本編は終了。

アンコールでは『出航』『サステナブル』を披露し、今回のツアーの感想へ。薮下楓は「私はありがたいことにツアーに全部出演させて頂きました!みなさんの笑顔を見て、すごい幸せな気持ちになりましたし、楽しかったなと心から思いました。また全国ツアーやりたいなと思うし、握手会でいつもいろんなところから来ていただいている分、私たちが色んなところに会いに行けたらといいな思います。」と笑顔で話しました。ラストはSTU48のライブ定番曲にもなっている『夢力』を披露。

その後、会場のスクリーンからサプライズ映像が。来年2020年開催される今回のツアーの追加公演3ヶ所の発表と、2020年1月29日にSTU48 4thシングルのリリースが決定したことが発表されました。

4thシングルが約1ヶ月後のリリースということで会場が驚きに包まれる。感想を求められた石田千穂は「今は(日付が)いい肉の日だなとしか…(笑)」と独特な感想をこぼし、瀧野由美子が「私たちもまだ何も知らない状態ですが、4枚目シングルが良い作品になるようにSTU48みんなで一丸となって頑張っていきたいと思います!」と4thシングルへの抱負をまとめました。嬉しい報告と共にライブは幕を閉じました。

次のページに写真有り

タイトルとURLをコピーしました