AKB48全国ツアー2019 ~楽しいばかりがAKB!~チームツアーファイナル!

12月9日(月)・10日(火)の2日間に渡り、「AKB48全国ツアー2019〜楽しいばかりがAKB!〜」のチームツアーファイナル公演を、TOKYO DOME CITY HALLにて開催した。

7月7日(日)NHK大阪ホールを皮切りに開始した約4年ぶりのAKB48全国ツアーは、大阪・宮城・広島・埼玉・神奈川・福岡・名古屋・東京・千葉・北海道と10会場での公演を終え、12月9日・10日にTOKYO DOME CITY HALLにて行われた各チームのツアーファイナルで全公演の幕を閉じました。

【チーム4】(9日・夜)

ツアーファイナル初日は、村山彩希キャプテン率いるチーム4。「走れ!ペンギン」「LOVE修行」などチーム4を代表する楽曲のレパートリーから勢いよくスタート。

ユニットコーナーでは、山内瑞葵がWセンターを務めた楽曲「モニカ、夜明けだ」を村山彩希とダンサブルに披露したり、歌唱力に定評のある岡田奈々と浅井七海で「あなたとクリスマスイブ」をしっとりと歌い上げるなど、夏に始まったツアーでしたが、季節感のあるセットリストに変更しファンを魅了しました。

途中コーナー企画前に突如流れた特報映像ではAKB48劇場14周年特別記念公演で披露された村山彩希と岡田奈々のコンビ「ゆうなぁ」での単独コンサー
トが1月22日に同会場にて開催決定されることが発表されました。

岡田は「ずっと2人でコンサートやりたいと言っていたので、その目標がこのアイドル人生で叶うのは嬉しいです。頑張りましょ!」と村山と固い握手を交わしました。

そしてチーム4だけが行なっている企画「倍速ダンス」の無茶振りに対して、毎回完璧なダンスを見せた佐藤妃星に対し、初めて参加した濵咲友菜は「見てるだけの時はいけるやろと思ってたけど、(実際やってみて)尊敬します。」とコメント。

また、各チーム共通で行われる「チーム対抗・ジェスチャーゲーム」では、メンバーとファンとの交流で会場はさらに一体感を増しました。

アンコール明けにも「猫アレルギー」や岡田奈々が表題曲センターを務めた「ジャーバージャ」などで会場を盛り上げ、ツアー最後の感想として岡田奈々は「この期間でメンバーと仲が深まったのも嬉しかったし、皆さんに村山チーム4を見ていただける機会が増えてすごく嬉しかったです。まだ結成2年ですが、悩みやすいメンバーも多い中、パフォーマンスに対して真剣な気持ちだったり、ステージに立った時の一体感がすごくて、これはきっと村山チーム4にしか出せないステージだと感じたので、このチームでツアーを回れて嬉しかったです。ありがとうございました。」と感謝の気持ちを述べ、村山チーム4のツアーは幕を閉じました。

©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS

©AKS

【チームB】(10日・朝)

2日目一発目は、岩立沙穂キャプテン率いるチームB。平日朝10時開演にも関わらず、朝から会場は熱気にあふれ、「正義の味方じゃないヒーロー」や「みなさんもご一緒に」「チームB推し」などのレパートリーで客席を盛り上げ、冒頭からボルテージも最高潮に。

ユニットコーナーでは、本公演がチームBメンバーとしての出演が最後となる太田奈緒が、柏木由紀、大家志津香と共に「Bye Bye Bye」を披露。途中MCでは、今年5月に新しくキャプテンに就任した岩立沙穂が「(キャプテンに就任して)やっと半年経つんですけど、(何をやるにも)全部緊張しちゃうんですけど、大丈夫ですか?」と柏木らに尋ねると、「うるさい大人と子供をうまく優しくまとめてくれてる!」と太鼓判をもらっていました。

柏木は一昨日の14周年の際もAKB48劇場で入構証を見せなさいと入り口で止められたエピソードを話し「スタッフさん!もう私の入構証作ってください!」と会場の笑いを誘っていました。そんな和やかな雰囲気のままアンコールに突入し「シアターの女神」「遠距離ポスター」とチームBの代表曲を可愛く華やかにパフォーマンス。

最後に太田奈緒は「先輩方とこうやって一緒にステージ立ててるのって(チーム8との)兼任があったからやし、仲を深められたのもすごく嬉しくて、本
当にチームBで良かったって心の底から思います。チームBが大好きです。本当に幸せです。ありがとうございました。」と感謝の気持ちを述べました。

キャプテンの岩立は「こうして2019年をファンのみなさんと、そしてチームBのメンバーとたくさんの思い出が作れたことをすごく幸せに思います。そしてこれから2020年、AKB48も15年目になりまして、今年一年でメンバーとの仲が深まって、まだまだ見つかりきってない魅力が本当にたくさんあるので、そういうところをみなさんに、もっともっと見つけていただきたいなと思っているので、これからもチームBを、AKB48を、ずっとずっと見ていて欲しいです。AKB48・チームB・そして個々のメンバーそれぞれの活躍をこれからも応援していただけたら嬉しいです。応援よろしくお願いします。」と締めくくりました。

©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS

©AKS

【チームK】(10日・昼)

昼の部は、込山榛香キャプテンのチームK。熱さとパフォーマンス力が売りのチームKらしく「Beginner」からかっこよくスタート。続いて「最終ベルが鳴る」やNMB48の「HA!」、「スクラップ&ビルド」など力強さを存分に表現し、緑のペンライトに染まった会場を盛り上げました。

ユニットコーナーでは、季節は冬に移りましたが、倉野尾成美、武藤小麟らで「波乗りかき氷」、小田えりな、下口ひなならの「向日葵」など、夏にスタートしたツアーでの楽曲はそのままにメンバーをシャッフルしての披露となりました。これまでのチームコンサートで印象に残っている出来事として、左伴彩佳は、レッスン中にメンバーみんなでフルーツバスケットをしたことがすごい楽しかったとチームKの仲の良さを紹介していました。

アンコール明け、「転がる石になれ」「僕にできること」と続き「To be continued.」に入ると、涙を浮かべるメンバーも。最後の挨拶で、小田えりなが「このツアーで一緒に過ごす時間が増えて、本当にいい人ばかりのチームKに入れて良かったな…」と泣き始めると、半数以上のメンバーが泣き出し、先日卒業発表をした峯岸みなみが「解散なの?(笑)」と茶々を入れつつも、改めて「このチームKのツアーはすごく楽しくて、振り返ればAKB48に入った当初は『まだ人を楽しませる力がないのに自分たちが楽しむな』って言われていて、私たちがステージを楽しむのはまだ早いんだと思いながらずっとステージに立っていました。でも長くAKB48にいさせてもらって、素敵なチームに巡り合えて、メンバーと一緒にこのステージに立つことが、こんなに楽しいんだ!って、そして『楽しい!』って言っていいんだなって思えるところまで来たんだなと自分で感じて、すごく感慨深くなりました。これからまだまだ先が長いメンバーたちにとって、ステージを楽しく感じられない瞬間とか、本当は笑顔でいられない瞬間とか、そんな時がたくさんありながらも、みんなのためにステージに立つと思うんですけど、みんながAKB48を卒業する頃には、心からステージを楽しいと思って卒業してほしいので、それまでチームKでのこの思い出を胸に、これからも羽ばたいてください。チームK最高でした!ありがとうございました!」と感謝の気持ちをメンバーそしてファンの皆様に伝え、自身も涙を浮かべていました。

キャプテンの込山は、峯岸や矢作萌夏などの卒業を受け「一人一人がすごく自分を持っていて、自分のやりたいこととか、これからの道をはっきり意思表示するメンバーがたくさんだからこそ、卒業という新たな道に行くこともあるんだと思います。ファンの方は卒業するたびに大丈夫かな?って不安に思ってしまうと思うんですが、こうしてみんなと活動してきて、心から楽しいから大丈夫だと思います。本当にチームKと一緒に活動していると‘楽しいばかりがAKB’だなと思いますし、今この一瞬一瞬を大切に私たちはステージに立って、ファンの皆さんも私たちがアイドルでいる時間一瞬一瞬を大切に応援して目に焼き付けていてほしいな、と思います。これからもチームKの応援をよろしくお願いします!」と決意を新たにしました。

©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS

©AKS

【チームA】(10日・夜)
ツアーファイナルラストを飾るのは、岡部麟キャプテン率いるチームA。「Pioneer」からスタートし、「全国ツアー千秋楽チームA行くぞ〜!」という向井地の掛け声のもと、ピンク色に染まった会場は大コールが湧き起こりました。続いて「ロマンス準備中」「偶然の十字路」「ずっと ずっと」などのレパートリーに続き、冒頭挨拶で横山由依は「AKB48と自分の母親とも同じ誕生日(12月8日)で、27歳になりました。加入して10年目になるんですが、先ほど歌った「偶然の十字路」が9年前位にWセンターでいただいた楽曲で。時の流れは感じますが、みなさんと今日一緒に過ごせるということを噛み締めていきたいと思います!」と気合十分。先日のツアーで昇格発表された佐藤美波は「すごく緊張しているんですが、今日3人くらいの方にファンになってもらえるように頑張ります」と控えめにアピールしていました。そんな佐藤と同じく昇格した道枝咲は、ユニットコーナーで2人のために追加された「真夏のクリスマスローズ」を初々しくもしっかりとパフォーマンスしました。

アンコール明けは、「Dreamin’ girls」「ショーは終わらない」などを披露。最後の挨拶で加藤玲奈は「こうやって(ステージに)立てるのは当たり前じゃなく、みなさんがいてくれてこそメンバーがステージに立てるので、本当にありがたいなと今日改めて実感しました。そして、今色々なグループがいますけど、なんだかんだAKB48がいいな、その中でもチームAがいいなって思ってもらえるように、これからも全力でみんなで頑張っていきたいと思いますので、これからも応援よろしくお願いします。」

岡部麟は「この1年はAKB48にとってピンȁなこともたくさんあったんですが、でもこうしてAKB48で4年ぶりにコンサートツアーが開催できて、本当に良かったなと思うし、これっきりにならないで、来年もまたコンサートが開催できるように、繋いで行けるように頑張りたいと思いますし、私たちももっともっとパワーアップしますので、みなさんこれからもどうぞ応援よろしくお願いします!」と2020年のAKB48に向けた意気込みをファンの皆様に誓い、AKB48の全国ツアー全行程は幕を閉じました。

また、4公演チーム共通で行なった「チーム対抗・ジェスチャーゲーム」の優勝チームは、チームKに決定!

1度だけ劇場公演に出されるお弁当が豪華になる権利を獲得しました!

©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS

©AKS

タイトルとURLをコピーしました