羽生結弦選手がガムでアスリートをサポートする「GUM FOR THE GAME」プロジェクトに出演! 本番に向け真剣な表情と、鋭い眼光を見せる!

アスリート ニュース 新着ニュース

12月6日より、ガムでアスリートをサポートする「GUM FOR THE GAME」プロジェクト(ロッテ)が始動する。

この「GUM FOR THE GAME」プロジェクトの開始をお知らせする新CM「何故」篇と「事実」篇がオンエアされ、フィギュアスケート選手の羽生結弦選手が出演する。

CM本編では羽生選手が、ガムを噛みながらスケートリンク横のベンチで気持ちを高め、本番に向けて心を整えている姿を見せている。

今回の新CMでは、笑顔の素敵な羽生選手ではなく、世界のトップレベルで戦うアスリートの真剣な表情と鋭い眼光にぜひご注目ください。

≪新CMストーリー≫

薄暗い照明の中、スケートリンク横のベンチに座る羽生選手。羽生選手はイヤホンで音楽を聴きながらガムを噛み、一人でうつむいて静かに気持ちを高めています。心を整え、全てのコンディションが高まると、羽生選手はおもむろに顔を上げ、目を見開きます。鋭い眼光とリラックスしながらも緊張感のある凛とした表情を見せる羽生選手。最高のパフォーマンスを出す準備が整うと静かにベンチを後にします。

★CM動画・メイキングはこちら↓

■CMメイキングストーリー

「よろしくお願いします!」と笑顔で現場入りした羽生選手は、全身黒で統一されたクールな衣装で現れました。

今回のCMで使用するため、羽生選手には本当に使用している愛用のイヤホンをいくつか持参してもらいました。羽生選手は「(スケート)靴を履いている時をリアルに想像するとコレかな。」と実際の練習を思い起こし、スタッフと相談しながらも使用イヤホンを決めていました。

また撮影のためにスケート靴を履く準備をし始めるとスタッフがどよめき始めました。その理由は、羽生選手が靴ひもを結びあげるのがあまりにも速かったからです。あまりの速さにスタッフからが「はえ~」と感嘆の声がが漏れるほどでした。

CM撮影が始まると監督からは「立ち上がって去っていく時に、もう少し“よし行くぞ!”という感じ出してくれると嬉しいです。」と要望が。「“よし行くぞ!” か・・」と悩みながら撮影位置に戻る羽生選手。しかし改めて撮影をしてみると監督から見事OKが。羽生選手も「今のは獲物を狙うような感じだったかと思います。」と話すほど鋭い眼光を見せてくれました。フィギュアスケートと同じくCMでも、監督からの要望を完璧にとらえた、魅せる演技を見せてくれた羽生選手でした。

羽生選手の本番に近い、鋭くもかっこいい真剣な表情にぜひご注目ください。

■羽生選手 専用ガム

長年に渡りガムの研究を続けてきたロッテのノウハウを活かし、羽生選手の好みに合わせた硬さ・大きさ・味のガムをカスタマイズ。この「羽生選手専用ガム」は本人にも提供させていただきました。

タイトルとURLをコピーしました