AKB48 9期生6名集結! 10周年を迎え、AKB48劇場で感動の涙

11 ⽉ 29 ⽇、AKB48 劇場にて、⼤場美奈、島⽥晴⾹、⽵内美宥、永尾まりや、⼭内鈴蘭、横⼭由依の 6 名による AKB48 9 期⽣ 10 周年公演を開催した。

©AKS
©AKS

スポンサーリンク

この 6 名は 2009 年に⾏われた「AKB48 第 9 期⽣ 研究⽣オーディション」に合格し、同年11 ⽉ 15 ⽇に同じくこの AKB48 劇場で開催された、8 期・9 期研究⽣による「アイドルの夜明け」特別公演で劇場公演デビューした AKB48 の 9 期⽣メンバー。現在、永尾・島⽥・⽵内はAKB48 を卒業して新たな道に進み、横⼭は AKB48、⼤場と⼭内は SKE48 のメンバーとして活動しています。

この日の9 期⽣ 10 周年公演は、2017 年 11 ⽉ 2 ⽇に永尾を除く 5 名で開催した「9 期⽣公演 〜2 年後また逢おう︕〜」公演から 2 年後の開催。当時、島⽥はサブタイトルの「2 年後また逢おう︕」は「9 期⽣が(デビューから)10 周年を迎える 2 年後、今⽇はいない同期⽣も含めて何かできたらいいなという思いを込めて付けた」と語っており、永尾も加えた 6 名でその思いを実現した公演となりました。

overture と共に響き渡る熱いコールを受け、ステージに横⼭が登場。「⻑い光」の冒頭部分をソロで歌い上げ、⼤場・島⽥・⽵内・⼭内が登場。続いて「君と虹と太陽と」「Seventeen」を5名で披露し、4 曲⽬「⾛れ︕ペンギン」では永尾も加わりパフォーマンス。この「⾛れ︕ペンギン」は、⼤場がキャプテンを務めた初代チーム 4(⼤場チーム 4)のオリジナル楽曲で、⽵内美宥が(島崎遥⾹と共に)センターを務めた楽曲でもあります。さらに「AKB48 リクエストアワー セットリストベスト 100 2013」でも、当時すでに⼤場チーム 4 は解散していたにも関わらず 1 位となった楽曲で、9 期⽣にとっての特別なこの曲を 6 名全員が満⾯の笑顔で披露しました。

冒頭 MC では、「AKB48 9 期⽣です︕」と元気よく挨拶。⼤場より「9 期⽣公演 2 年ぶりに帰ってきました︕2 年前にやってたのも、すごくありがたいことだったなと。その時のサブタイトル通り 2 年ぶりにまた会えましたね︕」と語り、⾃⼰紹介で横⼭は、10 年前と変わらないキ ャッチフレーズは当時ファンの⽅に決めてもらったものだと打ち明け、「そうやってファンの⽅と⼀緒に歩んできた 10 年でした。この劇場は何回も⽴ってるのに今⽇改めて緊張しました。(いろいろ経験して)今の⾃分がこうしてこの劇場に⽴てていることが幸せです」と感謝の気持ちを述べました。また、⼤場からは、⾃分たちが AKB48 の研究⽣時代に、デビューしたての先輩たちに憧れていたその想いを象徴できたらいいなという気持ちで “⾃分たちが⾒ていた⼤好きな AKB48” をセットリストにしたことが明かされた。

ユニットパートでは、⼭内が渡辺美優紀のソロ曲「わるきー」を「すずきー」に変えてカバー、⼭内、横⼭、永尾の 3 名で「ハート型ウイルス」、⼤場が前⽥敦⼦のソロ曲「右肩」を熱唱し、その後、⽵内、⼭内、横⼭が加わり 4 名で「記憶のジレンマ」を披露しました。

さらに、横⼭が「泣きながら微笑んで」をソロで歌い上げると、最後は⼤場・島⽥・⼭内・横⼭の 4 名で「ガラスの I LOVE YOU」を歌い、メンバー全員がステージから去ると、スクリーンに 9 期⽣の軌跡(奇跡)映像が投影されました。オーディション時の映像から数々の思い出のシーンが映し出され、ファンの⽅が涙ぐむ姿も。そして、AKB48 のシングルメドレー「ポニ ーテールとシュシュ」「Everyday、カチューシャ」「真夏の Sounds good !」「ギンガムチェ ック」「センチメンタルトレイン」と続くと、コールや歓声もひときわ⼤きくなり、「ジグソ ーパズル48」では永尾も加わり全員で、10 年分の感謝と愛を込めて歌いあげました。

アンコール明け⼀曲⽬は、9 期⽣のお披露⽬曲でもある「RIVER」から始まり、「High school days」「10 年桜」を披露したあと、ダブルアンコールで 6 名が出てくると、⼤場より「私たちは、10 年前 AKB48 のオーディションを受け、9 期⽣として合格して、今⽇この⽇まで、現役で活動しているメンバーもいれば、この AKB48 を旅⽴って新しい道で頑張っているメンバーもたくさんいます。10 年経って、全員ではなかったけど、今⽇こうしてステージを特別公演をできたことは本当に私たちすごく幸せなことだなと思います。そんな感謝の気持ちをメンバー⼀⼈ずつみなさんに伝えられたらいいなと思います。」との⾔葉があり、それぞれの想いを伝えました。
ラストは「ひこうき雲」をみんなで披露し、AKB48 9 期⽣ 10 周年公演は幕を閉じました。

メンバーコメント(※⼀部抜粋)

■ ⼤場美奈
今⽇は、ありがとうございました。AKB48 を離れて改めて思ったのが「9期でよかった」ということです。今はみんなバラバラだけど、お互い⾃分たちが頑張っていけることを⾒つけて頑張っています。間違いなく 10 年ここまでこれたのは、私たちに背中を⾒せてくれた先輩だったり、ファンのみなさんのお陰だな、って思いました。また 11 年⽬も頑張っていこうと思うので、これからも私たちを応援してくれたら嬉しいなと思います。

■ ⼭内鈴蘭
卒業⽣の3⼈が「現役の3⼈がいたから今⽇の公演が出来た」って⾔ってくれましたが、ここにいるファンのみなさんのお陰だと思っていて、年々それを感じられるようになりました。今までの 10 年ってかけがえがないし、いろいろ失敗もしたけどそのことがあるからこれからを考えられるし、感謝の気持ちを込めてこれからも頑張っていきたいと思います。

■ 横⼭由依
今⽇は本当にありがとうございました。
10 年楽しいこと、いっぱいありました。幸せなこともいっぱいありました。でも正直それだけじゃなくて、みなさんがいたから乗り越えられてきたし、いろんな AKB48 の活動をさせてもらう中で、それを応援してくれるファンの⽅がいることは幸せだな〜と思います。総監督でもなくキャプテンでもなく、AKB48 の1メンバーとして、どうやったらもっともっと AKB48 を好きになってもらえるかな〜って考えて、AKB48 の⼊り⼝みたいな存在になれたらいいなと思うので、これからもよろしくお願いします。みんながそれぞれやりたいこと・いろんなことをやらせていただいているのは、この劇場があるからだと思います。これからも私たちの⽬指す未来に付いて来てもらえると嬉しいです。

©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS ©AKS

©AKS

タイトルとURLをコピーしました