Wakana ピアノの旋律のみで奏でる『Premium Duo Session Special』に出演し“アキノサクラ”を披露!

武部聡志が縁のあるヴォーカリストを迎え、彼ら、彼女らの歌と自身のピアノのみで一夜限りの音楽を奏でるライヴ・シリーズ『Premium Duo Session Special』。11月23日、JZ Brat SOUND OF TOKYOにてその9回目がWakanaを迎えて開催された。

2部制に分かれた、第1公演目。エレガントで、洒落た雰囲気の会場では、オーディエンスが、食事や、Wakanaの新作にちなんだオリジナルカクテル“アキノサクラ”などを楽しんでいる。

そこにまずホストである武部が姿を現し、そして、Wakanaが登場。スピーディで力強いピアノの旋律が響き始める。曲は、武部が作曲し、Wakanaが詞を乗せた「翼」だ。その演奏は、ヴォーカリストと伴奏者という関係ではなく、ソリスト同士のもの。2人の共鳴が聴く者を一気に引き込んでいく。続く、「君だけのステージ」では観客のクラップがリズムとしてセッションに加わり、この瞬間だけの音楽が生まれていく。シンプルな音の重なりの中でWakanaの歌声は、伸びやかで、中音域に豊かな響きを持ち、何より意志を感じさせる。1年前の秋、武部を音楽監督に迎えてツアーを行なって以来、ソロアーティストとして一歩一歩進んできた彼女の、歌への意識の変化がはっきりと伝わってきた。

MCでは、武部が“1年の付き合いで理解したWakanaの好きなもの”を挙げていく一幕も。2人のやり取りに温かな関係性が滲んでいて、ほっこりとする。そして、好きなものの4つめに出した“ジブリ”から、「君をのせて」(『天空の城ラピュタ』)〜「いつも何度でも」(『千と千尋の神隠し』)〜「世界の約束」(『ハウルの動く城』)を原曲のキーのまま巧みに繋いだ、ジブリ作品メドレーを披露。曲への想い入れと、曲を通して伝えたいメッセージを届けてきた。

「以前、中野サンプラザでも2人で演ったけれど、今日選んだ曲はもっと難しい」と武部が話し、突入したKalafina楽曲のカヴァー。特に「heavenly blue」は多くの楽器と3声で表現されていた原曲を、2人のパワーのぶつかり合いで表現し、世界観を広げていく。そこには原曲への愛情とリスペクト、さらに音楽的挑戦への喜びが詰まっていた。

「heavenly blue」が落とした極上の衝撃による余韻にざわつく会場の空気を、ポロポロと爪弾く澄んだピアノの音色と歌が震わせる。紡がれるのは、Wakanaが発表したばかりの『アキノサクラEP』から表題曲の「アキノサクラ」。凛としたピアノの旋律は、艶やかに色づいた葉がハラハラと舞い落ちる日本の秋の美しい景色を連れてくる。そこに乗る歌は、少しウェットでありながら温かさがあり、秋の景色を見て思い出す今は隣にいない人と、そこにあった想い、そしてそれらを抱えながら前へと踏み出す心の移り変わりを伝えてきた。

アンコールに応え、「snow falling」で澄んだ演奏を聴かせた後、奏でられた最後の曲「あとひとつ」。2人がお互いの呼吸を感じ合い、重ね、生み落とす純粋な音の粒は人が持つ柔らかさを帯びており、場内を包んでいった。

この後、12月8日・10日には、引き続き武部が音楽監督を担うWakanaのツアーが、大阪・東京で開かれる。音楽への想いを共有する2人が今夜とはまた違う編成とコンセプトで形にするこのライヴにも、人の温かさ、ぬくもり、柔らかさ、そして音楽への愛情があるのだと思えて、楽しみになった。
(音楽ライター・大西智之)

タイトルとURLをコピーしました