鶯籠 「僕はライブを勝ちに持っていきたい」(駄好乙(たむこ))初のバンドセットツアー完走!

5人組アイドルユニット「鶯籠」(とりかご)が11 月17日(日)、東京・渋谷WWWにて、『新宿・渋谷バンドセットツアー // 「屋根裏」 in 渋谷WWW』を開催。今回の新宿・渋谷バンドセットツアーでは11月14日(木)に新宿LOFTにて「始祖」、11月15日(金)に渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて「プロペラ」を開催し、本公演が最終公演の「屋根裏」となる。ライブ終盤には12月13日(金)にTSUTAYA O-WESTにて『梨2019 Vol.2』の開催決定と、そこでメジャーデビューシングルの詳細情報が解禁されることを発表した。

スポンサーリンク

バンドセットメンバー、鶯籠メンバーがステージに登場し、『流転』からライブはスタート。その後はシリアスな雰囲気が漂う『赤い春』へと続き、『B突堤』『頻く頻く』『泪』と畳み掛けるように楽曲は続いていく。『JAM』『自分で蒔いたの。種は。』はメンバーがフロアと掛け合いをしているかのような空間を作り出し、幻想的な空気に包まれる『森』まで8曲連続の披露で駆け抜けた。

曲明けのMCでは、点点が「ツアーファイナル盛り上がってますかー!」とフロアに呼びかけ、次の曲は今回のツアータイトルにもなっている『始祖』『プロペラ』『屋根裏』ということを紹介。今回初披露となる『屋根裏』の紹介ではメンバーそれぞれから“みんな共感できる曲” “懐かしく感じる” “一人の人生を見ているような曲” “散歩している時に聞きたい” “自分の中の落差がある曲”など様々な感想が語られた。

その後、今回の新宿・渋谷ツアーで初披露をしていった『始祖』『プロペラ』、今回のライブで初披露となった『屋根裏』を3曲連続で披露。『プロペラ』ではメンバーが円になって回転する振付に合わせ、ファンも同様に回転するなどステージとフロアがシンクロする場面もあった。新曲の初披露の後は集まったファンと集合の記念撮影を行い、本編は終了した。

アンコールとなりメンバーがステージに再登場し、駄好乙から「重い楽曲が続きましたが、ここからはアップテンポでポップな曲にいきたいと思います」と『遺伝子』『キラキラ光る』『1995 A.D.』と鶯籠のライブ定番曲を3曲連続で披露し、ファンも最高潮のレスポンスでメンバーのパフォーマンスに応えた。
ここで終わりかと思いきや、ファンの更なるアンコールに応え、ダブルアンコールへ。『GOMIBAKO』でフロアが熱狂に包まれ、最高潮の盛り上がりで新宿・渋谷バンドセットツアーを締めくくった。

ラストのMCではこのツアーでの感想をʚ✞ばんぱいあ✞ɞが「ツアー1つ1つがすごく濃密で1日じゃ足りないくらいの経験をして、たくさんのことを3日間で学んで鶯籠として自分たちの新しい何かが見えたかなと思いました。」と話し、からあげは「ツアーは3日間だったんですけど、バンドセットとライブというのはその日しか見れないものがあると思うんです。だからこれからも試行錯誤しながら良いライブを作っていけたらと思います。」と話した。

駄好乙は「今まで1年8ヶ月くらい鶯籠としてライブをしてきて、負けのライブがめちゃくちゃあったなと自分の中で思うんです。自分の中で死んだほうが良いかと思うくらい負けたときくやしい気持ちがあるんですね。この3日間の中でもそういう気持ちがありました。これを糧にして乗り越えなきゃいけないと思います。この賭け事の勝ち負け決めるのは僕らでもあり、ここにいる1人1人の中でもあると思います。僕はその勝ち負けをできるだけ勝ちに持っていきたいです。今日は最高の勝ちの日になれたらいいなと思ってました。」とこのツアーを総括し、これからの鶯籠への気持ちを語った。

その後、「ここでちょっとしたお知らせなんですけど…。」と12月13日(金)にTSUTAYA O-WESTにて『梨2019 Vol.2』の開催決定と、そこでメジャーデビューシングルの詳細情報がお知らせされることが発表された。これからの活動の期待と共に新宿・渋谷バンドセットツアーは幕を閉じた。

撮影:釘野孝宏

スポンサーリンク

◆ライブ概要
ライブ名:新宿・渋谷バンドセットツアー // 「屋根裏」 in 渋谷WWW
日程:11月17日(日)
時間:開場 16:30 開演 17:10
会場:渋谷WWW

◆『新宿・渋谷バンドセットツアー // 「屋根裏」 in 渋谷WWW』 セットリスト
M1.流転
M2.赤い春
M3.B突堤
M4.頻く頻く
M5.泪
M6.JAM
M7.自分で蒔いたの。種を。
M8.森
MC
M9.始祖
M10.プロペラ
M11.屋根裏 ※初披露
MC

<アンコール>
M12.遺伝子
M13.キラキラ光る
M14.1995 A.D.

<Wアンコール>
M15.GOMIBAKO

<ライブ告知>
ライブ名:梨2019 Vol.2
日程:12月13日(金)
会場:TSUTAYA O-WEST
※詳細は追って『鶯籠』オフィシャルHP・Twitterにてお知らせ致します。

スポンサーリンク

◆鶯籠(とりかご)とは

2018年2月18日結成。
東京・鶯谷を拠点に活動する、 PINOCO、ʚ✞ばんぱいあ✞ɞ、からあげ、点点、駄好乙からなる5人組アイドル。
アグレッシブなライブパフォーマンスに定評があり、多くのアイドルファンから“次に来るアイドル”の候補に必ず挙がるグループとなっている。
3枚のフルアルバムを既にリリースし、持ち曲は既に30曲を超える。
今年の2月には「週刊ヤングジャンプ」にてメンバー全員が巻末グラビアを飾る。
6月22日から東京・渋谷クラブクワトロを皮切りに、『鶯籠 東名阪ツアー2019,夏「若者のすべて」』を開催。
9月23日開催の目黒鹿鳴館公演よりバンドセットライブもスタートし、ライブ精度が格段に向上してきている。

◆鶯籠 オフィシャルHP/Twitter
オフィシャルHP: https://toricago.info/
オフィシャルTwitter: https://twitter.com/toricago_o

タイトルとURLをコピーしました