「Laugh&Peace Music」の雄、fumika、つぼみ大革命が関係者の皆様を“圧倒的なパフォーマンス”でおもてなし!

スポンサーリンク

10月23日(水)、東京・南青山Future SEVENにて「Laugh&Peace Music Convention~Laugh&Peace Music Night fumika×つぼみ大革命special Showcase Live~」が開催されました。

吉本興業の芸人ソングや歌ネタを提供するレーベル「Laugh&Peace Music」より、おすすめのアーティストである「fumika」と「つぼみ大革命」(杉山優華、松下千紘、吉岡久美子、しより、樋口みどりこ、恵梨華、水森依音、糸原沙也加、岡本りん)が出演し、関係者の皆様におもてなしをする同ライブ。今回は、来場者にじっくり楽しんでもらうべく、コンベンションスタイルでのイベントとなりました。また、イベント当日は、つぼみ大革命が5thシングル「笑DNA」を、fumikaがフルアルバム「VARIOUSELF」の発売日ということもあり、新曲が披露されました!

MCはあべこうじ。彼らしいこ気味よいトークで会場を盛り上げていきます。あべは、fumikaとつぼみ大革命について、同レーベルが猛プッシュするアーティストだと説明。来場者に「(彼女たちの存在や魅力を)持ち帰ったのちに発信していきましょうね?」と半ば強引に(!?)語りかけていました。

パフォーマンスのトップバッターを務めたのはつぼみ大革命。アイドルながらコントもする“ニューアイドル”として業界を席捲中の彼女たち。アイドルファンのみならず、お笑いファンも取り込んで、知名度も高くなっています。ニューシングル「笑DNA」を披露した後はトークで会場を盛り上げます。幾多のステージを踏んできた彼女たちですが、今回のイベントはさすがに「緊張する」とコメント。しかし、話が進むにつれ、本音が見え隠れ……! 来賓者が座っている席を見つめ「どの人が偉いんですか?」、「今日はいろんな決定権を持っている方がいらっしゃるので、一つでも何かを持って帰りたい!」と発言して会場の笑いを誘いました。

その後は、ヒーローコントを熱演。アイドルは表の顔で、その実態は世界の平和を守る“つぼみンジャー”であることを明かし、悪の組織と対決します。まさかのガチコントに来場した皆さんも笑顔に!

2曲目に披露したのは「All tag need」。9人で歌詞をしたという楽曲で、「売れたいねん!」という彼女たちの気持ちが詰まった人気ナンバーです。元気いっぱいに歌い踊るつぼみ大革命のパフォーマンスに、お客さんもトリコになっていました。

パフォーマンス終了後、あべとのトークでは、ライブハウス「Zeppなんば」を手売りチケットで埋めた伝説を持っていると紹介。「1000枚を手売りしました」と語る彼女たちの並々ならぬ努力に、会場の皆さんも心を打たれたようでした。最後に杉山が「(こうしたイベントは)1年目に呼んでほしかった」とポツリ。吉岡も「私たち結構大人なんですよ! 若いアイドルの50倍のスピードでいかんと!」と訴えて、笑いを誘いました。

続いてはfumika。熊本県・阿蘇で撮影を敢行したというプロモーションビデオをバックに、ニューアルバムのリード楽曲「アマリリス」を熱唱。彼女の小さく細い体からは想像がつかない声量ある歌声で、すぐさま来場者を惹きつけます。

2曲目は、1年前から独学で勉強しているというウクレレを用いてカバー曲「陰りゆく部屋」を披露。聴き馴染みのある楽曲で、客席では口ずさむ姿もありました!

ここでマシコタツロウさんが登場します。マシコさんは、一青窈の「もらい泣き」で作曲デビュー。嵐、関ジャニ∞、さらにはカラオケで平成時代に一番歌われたという「ハナミズキ」などを作曲した人物です。今回は、fumikaと制作したアルバム曲「んなら、またね」をマシコさんのピアノの演奏でパフォーマンスしました。博多弁を取り入れた歌詞に、マシコさん自身も「涙を誘う」と太鼓判。実際に同曲を耳にしたお客さんも、聴き惚れていた様子でした。

最後は、鉄拳のパラパラ漫画「振り子」とコラボした「EndlessRoad」を、動画と共に熱唱。彼女が感情を乗せて歌う姿と感動を誘うパラパラ漫画に、涙する人が続出していました。

ここで再びマシコさんを交えてあべとトーク。マシコさんは、fumikaについて「(初めて歌声を聴いた時は)二度見するというか……。この業界にいると歌のうまい人には会うのですが、このレベルはいない」と絶賛。マシコさんと飲み仲間だというfumikaは「普段褒めらていないから照れます」と返しました。

そんなマシコさんですが、彼がメンバーであるADK Wonder Records
と、よしもとミュージックは、音楽レーベル業務において提携し、同社が制作し、原盤を保有する楽曲などを「ラフ&ピースミュージック」よりリリースすることが決定しています。

最後は、レーベルメイトとなるfumika×つぼみ大革命・しより、マシコさんでコラボレーション。「ハナミズキ」を披露して会場を沸かせていました。

イベント後は、スタッフ、関係者、さらにはアーテイストを含めた懇親会が行われました。
その席でfumikaは来場者に感謝を述べると「fumikaっていうものを心のどこかに置いていただければ」とお願い。一方、つぼみ大革命・吉岡は「今日初めてお会いするお世話になっている方や、これからお世話になりたい方もいらっしゃっていて……この機会がいただけて本当にありがたいです」と挨拶しました。あべからの「東京ドームは狙っているんですか?」との問いには、「狙っています」と即答。東京ドーム公演でも「5万枚手売りする」と豪語して会場を笑わせます。最終的に、来場者に力を借りることで落ち着き、1人1000枚のノルマを課して笑いを誘っていました。

27日にはルミネtheよしもとでのワンマンライブも決定しているつぼみ大革命、そしてfmikaは、レコ初イベントを全国で開催中です。

fumika https://www.fumika-official.net/
つぼみ大革命 http://www.tsubomi.club/

タイトルとURLをコピーしました