BIGMAMAによるコンセプトアルバム遂に完結「Roclassick〜the last〜」12/18発売決定!先行配信シングル「誰が為のレクイエム」10/18よりリリース!クリスマスライブ&リリースツアー開催決定!

スポンサーリンク

BIGMAMA
ロックバンドBIGMAMAが、10/17(木)に「Roclassick tour 2019」と題された東名阪ツアーファイナル公演を渋谷CLUB QUATTROで行った。この日のライブは、ロック×クラシックの融合をテーマとしたBIGMAMAの代表的コンセプトアルバム「Roclassick」シリーズを中心に構成された。ドヴォルザーク『交響曲第9番"新世界より"』の「荒狂曲”シンセカイ”」 、ベートーヴェン『運命』の「虹を食べたアイリス」、パッヘルベル『カノン』の「計算高いシンデレラ」など、数々のクラシック音楽における歴史的フレーズを融合し、ヴァイオリニストを要するバンドBIGMAMAだから出来る巧みなロックアレンジで作り上げられた代表曲を惜しみも無く演奏。バンドとして類稀な演奏力と絶妙なアレンジセンスで、ロックとクラシックの融合を成しえたBIGMAMAによる21世紀の音楽発明ともいえる「Roclassick」、数世紀前のメロディをロックマナーで現代に蘇らせ、観客を熱狂の渦へと誘う。美しくそして激しい熱気に満ち溢れた会場に音色が響き渡る中、新たなサウンドが鳴り響いた、10/18配信発表された新曲「誰が為のレクイエム」だ。ヴェルディの「怒りの日」をモチーフとした重厚なロック旋律、幾重もの音の重なりは荘厳な世界をフロアに創り出す。これまで産み出されたロックとクラシックの融合「Roclassick」、最新にして最高傑作と言える「誰が為のレクイエム」、唯一無二のロックバンドBIGMAMAだからこそ奏でることが出来る音が、そこにあった。

そして、この新たなテーゼ「誰が為のレクイエム」を含む全7曲が天地創造の如く収録されたアルバム、シリーズ最新にして最終章「Roclassick ~the Last~」の12/18(水)リリースが発表され、「誰が為のレクイエム」の10/18からの先行配信と、アルバムティザー映像もYouTubeに公開された。ロックとクラシックの融合という革新性を追求して来たBIGMAMAによる最新発明作品「Roclassick ~the Last~」だが、収録される全体像はベールに包まれ、ただ1曲「誰が為のレクイエム」が、象徴的な存在として我々の目前に現れた。気になるアルバム全貌は、今後の情報解禁に期待しよう。また、先行配信曲も含め、今作のジャケットではイラストレーターの山代エンナさんがアートワークを手掛けている。

また、今回の東名阪ツアーに続き、アルバムを引っ提げたツアー「Roclassick Tour 2020」や、「Roclassichristmas」「Roclassick Tour 2020 -the Last of the Last-」が、立て続けに発表された。是非こちらもチェックしてみよう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Roclassickとは、
ロックとクラシックの融合をテーマに、クラシック音楽の名曲達をBIGMAMA流に再構築し、
歴史的名フレーズ達を時に生かしたり殺したり(すみません)しながら作り上げる、
ヴァイオリニストをメンバーに含むロックバンドの編成を最大限に生かした、コンセプト強めな作品。
今やBIGMAMAの代名詞となったそのRoclassickシリーズがついに完結。
「Roclassick ~the Last~」が発売となる。

★BIGMAMA「誰が為のレクイエム」10/18先行配信シングル


『レクイエム「怒りの日」/ ヴェルディ』をモチーフにした作品「誰が為のレクイエム」を先行配信リリース。
ティーザー映像にも使用されたこの楽曲は
荘厳な幾重もの音の重なりと緻密な旋律が混ざり合ったまさに唯一無二の楽曲。
これまで産み出されたRoclassick作品の中でも圧倒的な重厚さと繊細さを兼ね備えた作品。

iTunes  http://po.st/Nj47yV
AppleMusic  http://po.st/d1xPvk
レコチョク  http://po.st/51Wz9I
Spotify  http://po.st/B6AyrL
LINE MUSIC  http://po.st/7GgEgy

■発売情報
■BIGMAMA New Album「Roclassick〜the Last〜」
発売日:2019/12/18
10/18先行配信シングル「誰が為のレクイエム」他、全7曲を収録
※詳細は後日発表

■ライブ情報
クリスマスライブ&リリースツアー開催決定!

BIGMAMAが毎年大切にしている記念日は「クリスマス」と「母の日」
今年のクリスマスは「Roclassichristmas」と名付けられ、これまた恒例となっているmynavi BLITZ AKASAKAにて開催される。
BIGMAMA流の聖夜のスペシャルライブ。2020年からは27本の大規模な全国リリースツアー「Roclassick Tour 2020」を開催。

バンド名にちなんだ記念日「母の日」には、9年連続となるZepp Tokyoにてツアーファイナルを迎える。
「Roclassick Tour 2020 -the Last of the Last-」とサブタイトルがつけられた最後の作品の最後のライブというなんだか意味深なタイトルがつけられている。

「Roclassichristmas」
12/25(木) mynavi BLITZ AKASAKA

「Roclassick Tour 2020」
01/30(木) 千葉LOOK
01/31(金) 水戸LIGHT HOUSE
02/02(日) 栃木HEAVEN'S ROCK 宇都宮 VJ-2
02/11(火祝) 仙台Rensa
02/15(土) 高松MONSTER
02/16(日) 高知X-Pt.
02/18(火) 京都 KYOTO MUSE
02/20(木) 神戸VARIT.
02/22(土) 福岡DRUM Be-1
02/23(日) 広島CLUB QUATTRO
03/01(日) 札幌PENNY LANE24
03/07(土) 盛岡CLUB CHANGE WAVE
03/08(日) 郡山HIPSHOT JAPAN
03/14(土) 新潟LOTS
03/15(日) 金沢EIGHT HALL
03/20(金・祝) 長崎DRUM Be-7
03/21(土) 熊本B.9 V1
03/28(土) 長野CLUB JUNK BOX
03/29(日) 富山MAIRO
04/04(土) 滋賀U☆STONE
04/05(日) 奈良NEVER LAND
04/11(土) なんばHatch
04/16(木) LiveHouse浜松窓枠
04/18(土) 岡山CRAZY MAMA KINGDOM
04/19(日) 周南RISING HALL
04/29(水祝) Zepp Nagoya

「Roclassick Tour 2020 -the Last of the Last-」
05/10(日) Zepp Tokyo *母の日

[BIGMAMA PROFILE]
金井政人(vo,g) / masato kanai
リアド偉武(dr) / ib riad
柿沼広也(g,vo) / hiroya kakinuma
安井英人(ba) / hideto yasui
東出真緒(violin/key)/ mao higashide

バイオリンを擁する5人編成のロックバンド。2007年より現メンバーで本格的に活動開始。
ロックとクラシックを融合させたコンセプトアルバム「Roclassick」を発表するなど、日本のロック界に新たな革命を起こす。
2017年、初の日本武道館公演はSOLDOUT。
2018年よりユニバーサルミュージックへ。
2019年にドラマ賭ケグルイタイアップ曲「mummy mummy」を発売。
12/18 「Roclassick ~the Last~」を発売する。

■BIGMAMA OFFICIAL HP http://bigmama-web.com/
■UNIVERSAL MUSIC HP http://www.universal-music.co.jp/bigmama
■BIGMAMAオフィシャルTWITTER  https://twitter.com/BIGMAMAofficial
@BIGMAMAofficial
■BIGMAMAオフィシャルFACEBOOK  https://www.facebook.com/bigmama2002

[イラストレーター / 山代エンナ PROFILE]

個展やライブペイントをはじめ、音楽関連、アパレル、広告等の様々な分野で、繊細かつ大胆なイラストレーションを手掛ける。
まるで多種多様のパレットを持つかのような個性あるタッチの作品を特徴とする。
2018 年4 月より朝日放送「朝だ!生です旅サラダ」の海外の旅のイラストとレポーターを務めるなど、多方面で活躍中。

■山代エンナ OFFICIAL HP https://ennayamashiro.com
■山代エンナオフィシャルInstagram https://www.instagram.com/e_n_n_a_/

タイトルとURLをコピーしました