大島優子、坂口健太郎 出演TV-CMシリーズ 第11弾「なでたくなる」篇、第12弾「ひとつじゃない」篇を放映開始

第一三共ヘルスケア株式会社は、ブランドキャラクターに女優・大島優子さんと俳優・坂口健太郎さんを起用した低刺激性ボディケアシリーズ「ミノン」の第11弾TV-CM「なでたくなる」篇と第12弾「ひとつじゃない」篇を、 2019年10月19日(土)から全国にて放映開始する。

低刺激性ボディケア「ミノン」の現在のTV-CMシリーズは、映画監督・タナダユキさんにより2014年からスタートし今年で6年、人気俳優二人が演じる夫婦の物語が回を重ねるごとに深まっていくことにときめく視聴者も多いロングシリーズとなります。

第11弾TV-CM「なでたくなる」篇は、大島優子さん、坂口健太郎さん演じる麻子・遼介夫婦が、相手をいたわる「やさしさ」とそれに応える「やさしさ」を表現するストーリーとなっています。注目は、「頭をなでなで」するシーン。お互い頭をなでられたあとに思わず顔がほころぶ二人の様子に注目です。

また、第12弾「ひとつじゃない」篇では、シリーズ初となる三浦透子さんのアカペラ歌唱にのせて、「敏感肌って、ひとつじゃない。」「やさしさだって、ひとつじゃない。」というミノンの思いをストレートに描いています。長年、老若男女問わず愛されているミノンの、様々な人の日常に寄り添う様子が伝わるTV-CMとなっています。

2014年より篇を重ね、ロングシリーズとなっており、麻子と遼介の関係性の変化が楽しめる本TV-CMシリーズは、ミノン公式サイト( https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_minon/tvcm/ )にて過去作もご覧いただけますので、どうぞお楽しみください。

■TV-CMについて
「肌とやさしさのあいだに。」というメッセージのもと、大島優子さん演じる麻子(あさこ)と、坂口健太郎さん演じる夫役の遼介(りょうすけ)を中心に、大切な人との日々の中で感じる「やさしさ」を描く「ミノン」TV-CMシリーズの第11弾と第12弾。第11弾では、夫婦になって4年目を迎える麻子と遼介ならではの思いやり、思わずほっこりしてしまう夫婦像が垣間見える瞬間を。そして第12弾は、まるでミノンの「やさしい世界観」をそのまま実写化したような特別な空間で大島さんと坂口さんが真摯にメッセージを伝える、象徴的なCMとなっています。

■TV-CMストーリー/「なでたくなる」篇(15秒)
今回のTV-CMで描かれるのは、休日の午後に遼介が自宅でパソコンを使用しながら仕事をしているシーン。ちょっとしたストレスで心も肌もカサついてしまい、思わず首をポリポリと掻いてしまう遼介の頭の上に、ポン、と麻子の手が。微笑みながら「なでなで。」と遼介の頭を優しくなでる麻子の様子が描かれます。お風呂上りには、こんどは遼介がやさしく「ありがとう。」と呟き、お返しにポンポンと麻子の頭をなでます。お互いを想い合う夫婦のやさしさを感じるストーリーの最後に、ブランドメッセージ「肌とやさしさのあいだに。ミノン。」のナレーションが印象的に流れます。

■見どころ
夫婦円満の秘訣は“思いやりの連鎖”
無意識のうちに首を掻いてしまう遼介に、先に気づいたのは妻・麻子。掻いている手をやさしく制して頭をあげると、夫・遼介もハッとします。 CMの後半ではお風呂上りの遼介が「ありがとう。」と感謝の気持ちを伝え、妻・麻子の頭をぽんぽん。二人は笑顔になり朗らかな団らんの雰囲気に。結婚して4年目を迎えた二人ですが、より強い思いやりで互いを大切にしています。見ている人も思わずほっこりした気持ちになれる「やさしさ」溢れるシーンの連続がこのTV-CMの見どころです。

■大島優子さん&坂口健太郎さんインタビュー
――TV-CM「なでたくなる篇」の見どころは?
【大島さん】 :見どころは、思いやりに満ちたところじゃないですかね。
仕事でカリカリしている遼ちゃんは心もカサついてるんじゃないかな?って、
頭をなでてあげる。
【坂口さん】 :うーんってなっている時にコーヒーを持ってきてくれて頭をぽんぽんしてくれ、そのあと今度は
遼ちゃんのほうから麻子にぽんぽんってやるのってすごくかわいい夫婦だなと思いました。
【大島さん】 :そこから結婚生活4年目になる二人の関係性がとても仲良く、
まだまだ想い合って過ごしてるよっというのが表れていると思います。

■TV-CMストーリー/「ひとつじゃない」篇(15秒)
今回描かれるのは、これまでのミノンTV-CMとは印象が異なる「ミノンのやさしい世界観」をそのまま実写化したような特別な空間。そこに、麻子と遼介がたくさんのシャボン玉と共に佇んでいます。まっすぐにカメラを見つめる二人は、メッセージを伝えていきます。麻子の「敏感肌って、ひとつじゃない。」、遼介の「やさしさだって、ひとつじゃない。」のメッセージの後、赤ちゃんからお年寄りまで、たくさんの人々がそれぞれのかたちでミノンを使いながら、笑顔でお風呂に入っているシーンが印象的に繋がっていきます。「ひとつひとつの敏感肌を守りながら洗う。」というナレーションのあと、ブラントメッセージ「肌とやさしさのあいだに。ミノン。」が流れます。

■見どころ
老若男女問わず愛用されるミノン
シリーズ初のストレートトークCM。やさしいミノンの世界を表現した空間で麻子と遼介がまっすぐカメラを見つめメッセージを伝える姿は、冒頭から思わず見る人を惹きつけます。さらに今回は、 2014年のシリーズ一作目からCMソングを歌いあげてきた三浦透子さんによる初のアカペラ歌唱が実現。 2019年には新海誠監督最新作「天気の子」のテーマソングを歌ったことでも注目された三浦透子さんの透き通る声が、よりメッセージを強く印象付けます。大切な人の肌を守りたいと思う人たちの日々の中にいつもミノンが寄り添うイメージが伝わるCMとなっています。

■大島優子さん&坂口健太郎さんインタビュー
――TV-CM「ひとつじゃない篇」の見どころは?
【大島さん】 :いままでのミノンのCMにはない、このセットがとても新鮮で、
このシンプルな空間だからこそ私たちが伝えたい「敏感肌はひとつじゃないんだよ」という
メッセージが伝わるといいなと思いました。
【坂口さん】 :いつもの撮影というか普段撮ってる二人の関係性とはまたちょっと違う、セリフも
カメラの正面を見てきっと何かすごく気持ちが伝わるようなCMになるだろうなと思います。

■TV-CM概要
タイトル : 「なでたくなる」篇(15秒) / 「ひとつじゃない」篇(15秒)
出演   : 大島優子/坂口健太郎
放映開始日: 2019年10月19日(土)
放送地域 : 全国
URL   : https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_minon/tvcm/

タイトルとURLをコピーしました