宮本信子・宮﨑あおい・佐々木みゆ・是枝監督がオリジナル脚本に近い吹替版の魅力を思い思いに語る!

スポンサーリンク

『万引き家族』でパルムドールを受賞した是枝裕和監督最新作『真実』が、10月11日(金)より遂に全国公開となりました。本作の公開を記念して、日本語吹替版で声優を務めたファビエンヌ役の宮本信子さん、リュミール役の宮﨑あおいさん、ファビエンヌの孫娘のシャルロット役の佐々木みゆちゃん、是枝裕和監督が登壇。

「カトリーヌ・ドヌーヴです(笑) 初めて吹替えのお仕事をさせていただきました。足元の悪い中、沢山の方がお越しくださいまして、ありがとうございます」(宮本)、「本日はお越しいただき、ありがとうございます。このような形で作品に参加させていただいて、舞台挨拶をするのは初めての経験なので新鮮な気持ちです」(宮﨑)、「佐々木みゆです!監督に初めて吹替版のお仕事をさせてもらったんですけど、すごく緊張して、でも監督がいるから落ち着きました!」(佐々木)、「みなさんこんばんは。台風で予定が変更になって、どうなることかと思いましたけど、映画は公開を迎えることができてホッとしています」(是枝)とそれぞれ挨拶をすると、会場は大きな拍手に包まれます。

宮本さんは「初めてお話をいただいたときはびっくりしまして、頭をぐるぐると考えて4時間くらい悩みました。吹替えの仕事はすることがないと思っていましたが、監督とはご縁がございまして、思い切って仕事を受けてみようと思いました。」と、初めての洋画吹き替え、そして是枝監督作品に参加した想いを吐露。

宮﨑さんは当日まで心がけたことを問われると、「吹替えは初めてすぎて何が正解かも分からないスタートだったので、とにかく頂いた作品をお家で観て、ビノシュさんがどういう表情でセリフを言っているのかを頭に焼き付けました。当日は台本をきちんと読むと、ビノシュさんの口の動きと私の声がぴったりと合って、収録も楽しかったです。勝手にビノシュさんと同じ気持ちを共有できているような感覚でした」と明かします。みゆちゃんは「魔女の声を真似するときに、ハハハッって笑うところが難しかったです!楽しかったところは、皆でパーティをするシーンを吹き替えるのが楽しかったです!」と元気よく答えます。監督は「もし吹替版を作るなら、というお話になったときに名前を挙げたのがこの二人だったので、その通りのキャストが実現しました。宮本さんは背筋の伸びた凛とした声が役とぴったりですし、あおいちゃんは何度か声のお仕事もさせていただいているんですけど、セリフになっていない部分のニュアンスもすごくふくよかに表現できる方だと思っていたので、ビノシュさんとは少し年齢差があるんですけど迷わず選びました。みゆちゃんはすごく吹替えをやってみたかったそうで、その気持ちが伝わったのでお願いしてみました」と、オファーのきっかけを明かします。そして実際に完成版を観ると、「普段は字幕で観るタイプなんですが、今回は最初に日本語で書いた脚本が、フランス語に直して撮影をしてから、また日本語字幕になっているので、脚本よりもだいぶ情報量が減っているんです。こればっかりはしょうがないな、と思っていたんですけど、吹替えになると字幕で削らざるを得なかったニュアンスを戻せたんですね。オリジナルの脚本に近いものが少し取り戻せたなと、自分で観ていても面白かったです」と吹替え版にも手ごたえを感じています。

監督の印象について宮本さんは「人の意見をよく聞かれる監督で、優しいです。映画監督なのでもちろん厳しい一面も持っているんでしょうけど、ムーミンみたいにふわっとした印象です。」宮﨑さんは「宮本さんが仰る通り、すごく優しい方で、話していると全て見透かされているような気持ちになります。」と意外な共通点を明かします。みゆちゃんも「万引き家族からすごく優しいです!」と答えました。

「先日来日されたドヌーヴさんが、撮影の雰囲気が素晴らしかったと仰っていましたけど、どんな感じでしたか?」と宮本さんが監督に尋ねると、「撮影はすごく楽しいんです。彼女が現場に入ってから、帰られるまで、最初は皆とても緊張するんですけど、最後はみんなドヌーヴさんのファンになっていました。ドヌーヴさんは一日一回必ず良いテイクを出されるんです。ほとんどセリフを覚えてこないんですけど、相手との関係やリズムでセリフを頭に入れていきます。最初は僕の書いたものとは全然違うセリフを喋っていますし、相手役の人もなんとか合わせるんですけど、いきなり100点の演技がくるタイプなんです。その100点を目の当たりできたのは貴重な経験でしたね」と、フランスの現場を振り返ります。そして映画タイトルでもある“真実”にちなんで、最近知って驚いた“真実”について尋ねられると、みゆちゃんは、「ドヌーヴさんって、見た目は怖そうだったんですけど、この間の舞台挨拶ですごく優しい人なんだな、と真実が分かりました!」と、ドヌーヴの真実を明かします。逆に監督が司会者に最近知った“真実”について尋ねると、「先日、是枝監督にインタビューをさせていただき、初めは世界で注目されている方なので怖い方なのかなあと思っていたんですが、『ごめんね、三谷幸喜さんみたいに面白いこと言えなくて(笑)』と、とっても気さくで、とっても温かい方なんだなって思ったのが、真実です!」と明かし、監督は「三谷さんはずるいよね~監督が皆あんなに面白いことを言えると思われちゃうと、困っちゃうよ(笑)」と会場の笑いを誘いました。本作は母娘の確執も描かれますが、みゆちゃんもお母さんとよくケンカをしてしまうようで、「何回もケンカします。パパに謝りなさいって言われるので、仲直りをします。でも最近はパパに解決してもらわなくても、2人で仲直りします!」と微笑ましいエピソードも。監督の作品ではよく描かれる親子の関係というのも日本とフランスでは異なっており、「これまでの作品だとあまり衝突させずに、『…』となったり、どちらかが先に寝てしまう、として終わらせることが多いんですが、日頃フランスの方と仕事をしていると、そんなにぶつかり合って明日の撮影大丈夫かな?と思ったときも、翌日になるとケロっとしているんです。なので、いつもより多めにぶつけてみようと思って、セリフを少し強めに書きました」と、これまでの作品とは一味違った演出も込められています。本作の中で気に入っている、好きなシーンを問われると、「この映画はイーサン・ホークさんが出演されてまして、本当にお芝居も佇まいも役にぴったりで、素晴らしいなと思いました。ファビエンヌがハンクと絡む楽しいシーンがあるんですけど、そこを注目いただけると嬉しいです」(宮本)、「ビノシュさんは娘でもあり、母でもあり、色々な顔をもっているんですが、素敵に表現されていて、一人の女性の色々な役割や顔を観ることができるのも、面白いポイントだと思います」(宮﨑)、「好きなシーンは、トトっていう犬がいて、勝手に歌を作るシーンがお気に入りです!」(佐々木)、「全部気に入っているシーンしか残してないんですけど、想像していなかったけどいいカットというものが一つあります。ファビエンヌが中華料理屋さんに来ているシーンなんですが、そのお店にいるワンカットだけ映るおばあちゃんが凄く良いので、是非注目していただけたらと思います」(監督)と、皆思い思いにお気に入りのシーンを挙げます。

最後にこれからご覧になる観客へ向けて「吹替版も字幕版も、どっちも観てみたら楽しいと思うので、是非観てください!」(佐々木)、「普段字幕で観る方も多いと思うんですけど、吹替だからこそ役者さんの表情をすごくよく観れたり、感情がもっとダイレクトに伝わる部分も多いと感じましたので、ぜひどちらも楽しんで観て頂けたら嬉しいです。」(宮﨑)、「この映画は母と娘の映画で、日本とフランスではこんなに文化が違うんだなと、色々なことを感じられるこの映画の凄さを、楽しんで観て頂けたら素敵だなと思います。劇場に沢山の人が足を運んでくださるよう、お願い申し上げます」(宮本)、「ご覧になる前の方に読後感の話をするのはよくないと思うんですけど、自分が思っている以上に僕の映画は観終わると重く、よどむ感じがあるらしいんですが、今回の映画は予想外に明るかったと言われる方がとても多かったです。普段から暗い映画を作っているつもりはないんですけど、この映画は観終わった後に、いつもより遠回りをして帰りたくなるような、そういう気持ちになれる映画を作ってみたいと思って作り始めた映画だったので、そんな気持ちに辿り着けていれば嬉しいです。お楽しみください」(是枝)とメッセージを送り、まさに家族のような三世代が集った温かなイベントは幕を閉じました。

映画『真実』は全国公開中!

©2019 3B-分福-MI MOVIES-FRANCE 3 CINEMA

タイトルとURLをコピーしました