渋谷の次世代アイコン「安斉かれん」が、観客を前に初パフォーマンスが決定!

スポンサーリンク

今話題の『ポス(ポストミレニアル)ギャル』と呼ばれる次世代のアイコンの一人、安斉かれん。令和元日に、サブスクリプション音楽配信サービス限定シングル「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」でデビューを果たし、7月、10月に続々と2nd、3rdシングルをリリースしてきた。さらにはM•A•Cの女性ソロアーティストとして初のビジュアル起用や、ViVi、NYLONなど女性ファッション誌への露出も続くなど、広告塔としても早くも注目を集め始めている。

スポンサーリンク

現在SNS上ではバーチャルなのか?リアルに存在するのか?人々をざわつかせ、メディアにもその話題が報じているほど。物議を醸し出す彼女だが、この度10月20日(日)に開催される「第14回渋谷音楽祭2019〜Shibuya Music Scramble〜」に出演することが決定した。

彼女が出演するのは20日(日)に渋谷109前の特設ステージで開催される「SHIBUYA DIVERSITY SESSION」で、観客を前にして行うパフォーマンスは今回が初めてとなる。

渋谷音楽祭は、渋谷周辺を中心とした商業施設、店舗、ホールなど様々な場所で、多様なジャルのアーティストたちが渋谷の街を舞台に音楽を奏でる渋谷区最大規模の音楽祭で、今年は開催14回目を迎える。

日本でいちばん多様な音楽が生まれ、日本でいちばん音楽好きが集まり、日本でいちばん音楽に愛される街、シブヤ。そんなシブヤの街全体がステージになる日に、記念すべき初パフォーマンスを行う安斉かれん。

謎多きシンガーとして話題を集めている彼女がどんなパフォーマンスを披露するのか、要注目だ。

安斉かれん

 

スポンサーリンク

第14回 渋谷音楽祭2019 〜Shibuya Music Scramble〜 開催概要

■イベント名:第14回 渋谷音楽祭2019 〜Shibuya Music Scramble〜

■日程:10月19日(土)・20日(日)2日間

■会場:渋谷周辺の各エリア 約20ステージ

渋谷109前特設ステージ・道玄坂・文化村通り

東急電鉄・東急メトロ渋谷駅 駅構内13番出口方面などを予定

■ホームページ:http://shibuyamusicscramble.tokyo/

■主催:渋谷音楽祭実行委員会

■共催:渋谷区、一般財団法人渋谷区観光協会

■後援:文部科学賞、東京商工会議所渋谷支部、渋谷商店会連合会、一般社団法人渋谷未来デザイン

■SNS:Facebook:@shibuyamusicscramble Twitter:@MusicShibuya

<安斉かれん出演詳細>

■日程:10月20日(日)

■時間:14:00-14:30

■会場:渋谷109前特設ステージ「SHIBUYA DIVERSITY SESSION」

<​安斉かれんInformation​>

■3部作シーリーズ第3弾

3rd SINGLE「人生は戦場だ」 (TVアニメ「ブラッククローバー」エンディングテーマ)

https://avex.lnk.to/anzaikaren_jinsei

10月1日(火)よりサブスクリプション音楽ストリーミングサービスのみで​配信中。

​詳しくは、オフィシャルサイトより。

​■3部作シーリーズ第1弾

DEBUT SINGLE 「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」

​サブスクリプション音楽ストリーミングサービスのみで​配信中。

https://avex.lnk.to/kalenanzai_sekai

■3部作シーリーズ第2弾

2nd SINGLE 「誰かの来世の夢でもいい」

​サブスクリプション音楽ストリーミングサービスのみで​配信中。

https://avex.lnk.to/anzaikaren_darekano

<オフィシャル情報>

■安斉かれん​ ​Instagram:https://www.instagram.com/kalenanzai/

■安斉かれん​ ​OFFICIAL SITE:http://kalenanzai.com/

タイトルとURLをコピーしました