中尾ミエ、73歳にして人生最初で最後のグラビアに挑戦! 鍛え上げられた美ボディを披露!

9月27日、女優・歌手として長年活躍している中尾ミエさんが講談社の「週刊現代」にてグラビアに初挑戦した。

胸元が大きく空き、谷間を披露したカットや大胆に魅せた締りのある美脚ショットにも挑戦している。

今年6月に読売演劇大賞上半期作品賞にもノミネートされた日本版ブロードウェイミュージカル「ピピン」にて主人公ピピンの祖母・バーサ役を演じ、アクロバットを披露するなど注目された中尾ミエさん。

「週刊現代」には撮り下ろしでは最年長で袋とじになっている。

【中尾ミエ コメント】

日本版ブロードウェイ ミュージカル「ピピン」の出演のため約1年かけて身体を鍛え上げました。

こんな機会はめったにない!

せっかくのチャンスなので 記念に写真におさめることにいたしました。

人生 最初で最後のグラビアです(笑)

怖いもの見たさに ぜひ 覗いてみてください!

©下村一喜

<中尾ミエプロフィール>

生年月日:1946年6月6日(73歳)
出身地:福岡県  趣味:ソシアルダンス、タップダンス。水泳、書道

略歴:1961年渡辺プロと契約。翌年若干16歳にしてリリースした「可愛いベイビー」の大ヒットによりその年の紅白歌合戦出場。その後、伊東ゆかり、園まりと「スパーク三人娘」を結成しお茶の間の人気者となり、渡辺プロの一時代を築く。1992年に独立。今年6月には読売演劇大賞上半期作品賞にもノミネートされた日本版ブロードウェイミュージカル「ピピン」にて主人公ピピンの祖母・バーサ役を演じる。73歳にしてアクロバットパフォーマンスを披露し話題となる。現在、TOKYO MX系列「5時に夢中!」金曜日コメンテーターとして出演中。

タイトルとURLをコピーしました